3804件中 41 - 50件表示
  • ツナ (潜水艦)

    ツナ (潜水艦)から見た九州九州

    1月26日、ツナは最初の哨戒で日本近海および東シナ海に向かった。3月4日、ツナはの九州沖で4,000トンクラスの貨物船を発見して攻撃し、撃沈したと報じた。しかし、この哨戒では3月4日のものを含めて8度の攻撃を行ってこれ以外の戦果はなく、また唯一のこの戦果も未確認のままに公認されたものの、日本側の記録に該当するものはなかった。3月21日、ツナは54日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。ツナ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ケアシホンヤドカリ

    ケアシホンヤドカリから見た九州九州

    ケアシホンヤドカリ(毛脚本宿借、毛脚本寄居虫)、学名 Pagurus lanuginosus は、十脚目ホンヤドカリ科に分類されるヤドカリの一種。シベリア沿岸から九州までの北西太平洋の岩礁海岸でよく見られる小型のヤドカリである。ケアシホンヤドカリ フレッシュアイペディアより)

  • オオツルハマダラカ

    オオツルハマダラカから見た九州九州

    九州以北の日本列島では、かつて土着の三日熱マラリアが存在したときに主要な媒介者となっていたカは、この範囲で最も多く見られるシナハマダラカとされてきた。しかしこの見解は今日では疑われており、実は本項目で解説するオオツルハマダラカがそうであった可能性が高いと考えられている。しかし、日本列島のオオツルハマダラカの分類学的、衛生動物学的実態が十分解明される前に土着のマラリア自体が消滅してしまい、検証は不十分のままとなってしまった。また日本列島内の個体群や海外の個体群の分類学的検証もまだ不十分であり、いくつかの種に将来分割される可能性もある。オオツルハマダラカ フレッシュアイペディアより)

  • 黒崎そごう

    黒崎そごうから見た九州九州

    川の流れるレストラン街が初めて設置されたそごう店舗である。当店の開店でそごうは北海道、本州、四国、九州4島全てへの出店を達成した初の百貨店となった。黒崎そごう フレッシュアイペディアより)

  • 宇久氏

    宇久氏から見た九州九州

    天正15年(1587年)6月、豊臣秀吉は九州を平定した(九州征伐)。その際、宇久純玄(第20代当主)は、1万5,530石の本領を安著された。宇久氏 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨山城

    鴨山城から見た九州九州

    細川氏は足利家の一門として、室町幕府成立に深く関わり、またその発展に寄与したことはよく周知されている。細川満国の祖父頼春は足利尊氏に忠実であり、尊氏が九州へ落ちる際には四国へ分遣され平定を行っている。叔父である細川頼之は幕府管領に就き、幼少の足利義満を補佐するが、斯波家を中心とするクーデター「康暦の政変」で失脚し、父である頼元とともに四国に下る。後に義満により赦免を受け頼元は管領となった。頼元のあとは満元が細川宗家にあたる京兆家の後継として管領となった。満国は分家の形となり浅口郡、宇摩郡などの守護に任じられている。満国の子持春、孫の教春は下野守を名乗り、この一族を野州家と呼ぶこともある。なお細川氏は近畿一円、四国に勢力範囲を広げており、さらに中国地方への浸透の足掛りとして瀬戸内海沿いの備前国児島、備中国浅口の地などを選び築城したものと思われる。鴨山城 フレッシュアイペディアより)

  • シーデビル (潜水艦)

    シーデビル (潜水艦)から見た九州九州

    11月19日、シーデビルは2回目の哨戒で日本近海および東シナ海方面に向かった。11月末に東シナ海に入って九州方面に進んだシーデビルは、12月1日深夜にレーダーで輸送船団と思われる複数の目標を探知。全速で攻撃位置に向かった。翌2日2時39分、シーデビルはの屋久島西方約150キロ地点で、先ほど探知したミ29船団を発見した。しかし、この時に波を被ってしまい、シーデビルの艦内の至る所に海水が入り込んでしまった。特に機関室や蓄電池室、司令塔が大きく浸水し乗組員は混乱したものの、幸いにも致命的なダメージにはならなかった。シーデビル (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島県立武岡台養護学校

    鹿児島県立武岡台養護学校から見た九州九州

    鹿児島県立武岡台養護学校(かごしまけんりつ たけおかだいようごがっこう )は、鹿児島県鹿児島市小野町にある県立特別支援学校。九州内の特別支援学校においては最も生徒数が多い。鹿児島県立武岡台養護学校 フレッシュアイペディアより)

  • イソマツ属

    イソマツ属から見た九州九州

    日本に分布する種は、ハマサジが東北地方から九州、東アジア等の広い範囲で分布している一方、ウコンイソマツ(イソマツ)は伊豆諸島及び小笠原諸島、南西諸島、台湾に隔離分布し、タイワンハマサジは西表島及び東南アジアに、センカクハマサジは魚釣島1島のみにしか分布しておらず植物地理学、種分化の点から興味深い。イソマツ属 フレッシュアイペディアより)

  • ホンドテン

    ホンドテンから見た九州九州

    自然分布地域は本州と四国、九州。この地域では絶滅危惧種に指定されている。また人為的に移入された個体が北海道南部と中央部と佐渡島で野生化して生息する。ホンドテン フレッシュアイペディアより)

3804件中 41 - 50件表示

「九州・沖縄のできごと」のニューストピックワード