3804件中 51 - 60件表示
  • 豚骨ピストンズ

    豚骨ピストンズから見た九州九州

    とりあえず生(2007年7月18日)SPREE RECORDS(九州限定シングル)豚骨ピストンズ フレッシュアイペディアより)

  • おき (列車)

    おき (列車)から見た九州九州

    1975年3月10日に山陽新幹線岡山駅 - 博多駅間が開業した際に、山陰地方西部と新たに山陽新幹線の停車駅となった小郡駅(現在の新山口駅)を結ぶ新幹線連絡列車として、鳥取駅・米子駅 - 小郡駅間で特急「おき」として運転を開始した。それまで山口線の優等列車は、山陰地方の西部から山口線経由で九州北部を結ぶ急行列車が運行されていたが、これの系統整理により誕生した山口線初の特急列車でもある。おき (列車) フレッシュアイペディアより)

  • ヤドカリ (ミュージシャン)

    ヤドカリ (ミュージシャン)から見た九州九州

    ヤドカリは、秋田県出身ギター&ボーカルのゴーと、福岡県出身ジャンベ&ボーカルタイヘイの、九州・福岡を中心に全国で活動する2人組音楽ユニット。ヤドカリ (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • 小丸川発電所

    小丸川発電所から見た九州九州

    発生した電力は50万ボルトという高い電圧に昇圧され、送電線・小丸川幹線を通じて九州の送電線網に接続している。発電所から宮崎変電所まで、延長(亘長)にして46キロメートルで、鉄塔数は100基。小丸川幹線の敷設にあたっては、経路上に九州中央山地国定公園があり、山間部においてタカやカモシカ、サンショウウオなど多くの野生動物の生活が脅かされることのないよう、また人家の多い平野部においても景観が破壊されることのないよう、敷設ルートを何通りにも検討し、最適な経路を導き出した。このほか、鉄塔の位置を細かく見直したり、鉄塔やがいしを風景に溶け込ませるよう塗装色を工夫したり、野生動物の繁殖期間中は建設工事を休止するなど徹底した環境への配慮がなされた。これにより将来計画されている綾の照葉樹林の世界遺産登録にも影響を及ぼさないという。小丸川発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡空襲

    八幡空襲から見た九州九州

    八幡空襲(やはたくうしゅう)は、第二次世界大戦中の1944年6月16日未明、アメリカ陸軍航空軍の戦略爆撃機B-29が陸上基地を拠点として行った初めての日本本土空襲。九州北部の官営八幡製鐵所を第一目標として計75機のB-29が出撃し、うち47機が八幡などを爆撃した。八幡製鐵所の被害は極僅かであったが、爆撃は北九州5都市(八幡、小倉、戸畑、門司、若松)におよび、270名以上が犠牲となった。なお、米軍側報告では作戦中の事故により5機のB-29が損失、2機が日本軍機により撃墜とされた。これに対し、日本側報告では撃墜6機(内不確実2機)、撃破7機、日本側被弾機1機と報じられた。八幡空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 第16方面軍 (日本軍)

    第16方面軍 (日本軍)から見た九州九州

    第二次世界大戦末期、絶対国防圏の要石とされたサイパンを失い、レイテ戦に失敗し、大本営は1945年(昭和20年)1月20日に本土(北海道、本州、四国、沖縄を除く九州)の維持を作戦目的とした「帝国陸海軍作戦計画大綱」を決定、本土に於ける軍の編制を根本的に改めた。第16方面軍 (日本軍) フレッシュアイペディアより)

  • スジ肉

    スジ肉から見た九州九州

    九州では、生の状態で普通にスーパーの精肉売り場に並んでいる。スジ肉 フレッシュアイペディアより)

  • ナガサキアゲハ

    ナガサキアゲハから見た九州九州

    日本では南の個体群ほどメスの白色部が広くなる傾向があり、九州や沖縄では前翅にまで白い部分が広がる。特に西表島の個体群は、少数ではあるが翅全体に白い部分が広がることで知られる。ただし台湾以南産の個体ではむしろ白くない傾向がある。ナガサキアゲハ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の分割統治計画

    日本の分割統治計画から見た九州九州

    日本の分割統治計画(にほんのぶんかつとうちけいかく)とは、第二次世界大戦において、ドイツが降伏後米・英・ソ・仏4カ国に分割統治されたように、本土決戦後の日本も北海道・本州・九州・四国を連合国それぞれが統治しようとした計画。日本の分割統治計画 フレッシュアイペディアより)

  • 砥川神社

    砥川神社から見た九州九州

    社伝によれば、天慶年中(10世紀前葉)に藤原師輔が讒言により当地へ流罪となり3年余り謫居したが、阿蘇十二神に祈念する事で免されて都へ帰る事となった為、流謫中に儲けた一子を西遠寺(または西園司)左金吾氏続と名付けて当地へ残したところ、氏続は長じて当地の領主となったが、正暦2年(991年)のある日、阿蘇大明神(阿蘇十二神)の使いと称する老人が氏続の夢中に訪れ、屋敷の北側の梛の林を阿蘇大明神が鎮座地として所望しているので大明神を勧請するように、神託の徴として屋敷の庭に柿の木を生やしておくと告げ、夢から覚めた氏続が確かめたところ庭に葉を茂らせた柿の木が一夜にして生えていた為に、夢告に従い同年9月19日に阿蘇大明神を勧請し、自らその祭祀を司った事に創まるという。その後延久4年(1072年)に菊池則隆が武運長久を祈願して社殿を再興し、50町(およそ18万坪)を社領として寄進し、久寿年間(12世紀中半)には九州へ下向した源為朝も社殿を修造して改めて阿蘇大明神(12柱)を勧請して社領を寄進した為に合わせて24柱の祭神を祀る神社となり、神社名を「砥川宮」と称したといい、治承年中(12世紀末葉)には平重盛が山城国から稲荷神を勧請して境内に祀ったという。砥川神社 フレッシュアイペディアより)

3804件中 51 - 60件表示

「九州・沖縄のできごと」のニューストピックワード