3804件中 71 - 80件表示
  • 牛滝温泉

    牛滝温泉から見た九州九州

    牛滝温泉は、紀伊半島の東部から西へ連なり、和泉山脈、四国山脈をつくり九州までのびている和泉層群と、その基盤になっている泉南酸性岩類とよばれる堅い岩盤の地層を1645mボーリングした地底から湧き出ている。牛滝温泉 フレッシュアイペディアより)

  • ウスバキトンボ

    ウスバキトンボから見た九州九州

    毎年春になると南日本から成虫が発生する。南西諸島や九州、四国では4月中旬に飛び始めるが、本州南部では5月-6月、中部山岳地帯や東北地方では7-8月、北海道では9月というように発生時期が徐々に北上する。8月-9月頃には、日本各地で大群で飛び回る様が観察できる。ウスバキトンボ フレッシュアイペディアより)

  • 女狭穂塚

    女狭穂塚から見た九州地方九州

    女狭穂塚(めさほづか)は、宮崎県西都市にある九州地方で最大の前方後円墳。西都原古墳群 に属する。コノハナノサクヤビメの陵墓として宮内庁陵墓参考地となっている。女狭穂塚 フレッシュアイペディアより)

  • システムバンキング九州共同センター

    システムバンキング九州共同センターから見た九州九州

    事業組合システムバンキング九州共同センター(じぎょうくみあいしすてむばんきんぐきゅうしゅうきょうどうせんたー、通称:SBK)は、熊本県熊本市中央区に本部を置き、沖縄県を除く九州地方の第二地方銀行協会加盟行を対象とした、基幹系システムの企画・開発・運用・保守などを行う事業協同組合。システムバンキング九州共同センター フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉文化

    鎌倉文化から見た九州地方九州

    これに対し、板碑(板石塔婆)は追善供養または逆修供養のため、鎌倉時代にはじめてつくられた供養塔であり、記年銘のある最古の例は埼玉県熊谷市須賀広に所在する1227年(嘉禄3年)のものである。板碑は鎌倉時代後葉に全国に普及し、南北朝時代・室町時代に最盛期をむかえ、最新のものは17世紀代に属する。板碑は「板石塔婆」ともいい、九州地方から東北地方・北海道地方までの全国各地に分布し、現地の川原石を利用した簡素なものがある一方、武蔵国秩父産の緑泥片岩でつくられたものも広い範囲でみられ、これにより「青石卒塔婆」の名称もある。鎌倉文化 フレッシュアイペディアより)

  • 宝永地震

    宝永地震から見た九州九州

    激震域や津波襲来の領域が安政東海地震と安政南海地震を併せたものにほぼ相当することから、フィリピン海プレートが沈み込む南海トラフ沿いで東海地震(現代でいう東南海地震も含む)および南海地震が連鎖的にほぼ同時に起きた東海・東南海・南海連動型地震と考えられてきた。東海地震と南海地震が時間差で発生した二元地震と考えられたものの、九州から関東における地震の発生時刻の記録からは時間的に分離できないとされている。宝永地震 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見た九州地方九州

    コレラの原発地はガンジス川下流のインドのベンガル地方、およびバングラデシュにかけての地方と考えられる。1817年にカルカッタで起こったコレラの流行はアジア全域とアフリカに達し、1823年まで続いた。その一部は日本にもおよび、のちに「文政コレラ」とよばれたものである。朝鮮半島経由か琉球経由かは明らかでないが、九州地方から東方向へひろがり東海地方にまでおよんだ。このときは箱根より東には感染せず、江戸での被害はなかった。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマタイカ

    ヤマタイカから見た九州九州

    この作品では、日本人のルーツ(根源)を東南アジアから渡ってきた火の民族と日の民族とし、西暦300年ころに両者の対立があり、九州を中心としていた火の民族の邪馬台国は南方と北方に追いやられ、九州を制圧した日の民族が大和国へ遷都し、ヤマト王権になったと設定している。ただしこれは、現実の日本人のルーツとは乖離したものであり、SF要素が強い。ヤマタイカ フレッシュアイペディアより)

  • 懐良親王

    懐良親王から見た九州九州

    懐良親王(かねながしんのう/かねよししんのう、元徳元年(1329年)? - 弘和3年/永徳3年3月27日(1383年4月30日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての皇族。後醍醐天皇の皇子。母は二条為道の娘。南朝の征西大将軍であったことから征西将軍宮(せいせいしょうぐんのみや)と呼ばれる。肥後国隈府(熊本県菊池市)を拠点に征西府の勢力を広げ、九州における南朝方の全盛期を築いた。懐良親王 フレッシュアイペディアより)

  • オオカマキリ

    オオカマキリから見た九州九州

    九州では3月、近畿では4月ごろに卵鞘から200匹ほどの幼虫が出てくる。幼虫のころから肉食で、共食いをすることもある。自然ではこの中で成虫になれるのは2 - 3匹と言われる。幼虫や成虫はバッタ等の生きた昆虫を捕食する。オオカマキリ フレッシュアイペディアより)

3804件中 71 - 80件表示

「九州・沖縄のできごと」のニューストピックワード