4725件中 71 - 80件表示
  • 2005年の気象・地象・天象

    2005年の気象・地象・天象から見た九州地方九州

    3月4日〜3月6日 - 春の寒波。この時期としては珍しく太平洋側の平野部でも積雪を観測。東京都内では2cmで関東の3月における積雪は8年ぶり。九州地方でも大雪となり、福岡で4cmと3月としては10年ぶりの積雪。九州南部の種子島・屋久島地方でも1977年以来28年ぶりに3月の降雪と、各地で降雪・積雪記録を更新。2005年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • ホトトギス属

    ホトトギス属から見た九州九州

    ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草) Tricyrtis affinis Makino - 北海道から九州までに分布する。草丈は30-60cm。花は2日間で、初夏から秋にかけて咲き、茎先と葉腋につく。花被片は白色で紫色の斑点が入り、上部で水平に開き、反りかえることはない。花被片の下部に黄色の斑点が入らない。花糸に紫色の斑点がない。ホトトギス属 フレッシュアイペディアより)

  • スジ肉

    スジ肉から見た九州九州

    スジ肉は地方によっては店頭に出回ることが少ないため、生肉の状態で入手するためには、あらかじめ精肉店に予約や注文を入れておく方法があるが、2.や3.はボイルなどの下処理を行いパック詰めにされたものが、大規模スーパーなどで販売されていることもある。九州では、生の状態で常時スーパーの精肉売り場に並んでいる。スジ肉 フレッシュアイペディアより)

  • 豚骨ピストンズ

    豚骨ピストンズから見た九州九州

    とりあえず生(2007年7月18日)SPREE RECORDS(九州限定シングル)豚骨ピストンズ フレッシュアイペディアより)

  • テッポウユリ

    テッポウユリから見た九州九州

    日本の南西諸島および九州南部が原産で、本州以東では園芸用に移入されたものが分布する。沖縄県では自生種が群生する様子が見られる。テッポウユリ フレッシュアイペディアより)

  • 小丸川発電所

    小丸川発電所から見た九州九州

    発生した電力は22万ボルトに昇圧され、直接ひむか変電所を介し、九州の送電線網に接続している。かつては電力は50万ボルトという高い電圧に昇圧され、送電線・小丸川幹線を通じ、発電所から宮崎変電所まで、延長(亘長)にして46キロメートルで、鉄塔数は100基に渡る送電線が存在していたが、ひむか変電所の建設に伴い、「ループ系統を構成する 送電線は電源線の対象外」という電源線省令に伴い、小丸川発電所の非電源線とされた。現在、小丸川幹線は、ひむか変電所と接続され、建設中の日向幹線(ひむか変電所 - 東九州変電所間)の完成をもって、九州を一円に囲む50万ボルトのループ幹線の一部に組み込まれる。小丸川発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 修羅王丸

    修羅王丸から見た九州九州

    更には九州を飛び出し、全国のイベントにも登場するなど、着実に知名度を伸ばしている。修羅王丸 フレッシュアイペディアより)

  • 九州・山口地方

    九州・山口地方から見た九州九州

    九州・山口地方(きゅうしゅう・やまぐち ちほう)は、九州7県に関門海峡を隔てて隣接する山口県を加えた8県(或いは、九州7県・山口県・沖縄県を加えた9県)を示す広域的な地域の呼称の一つ。一般的な地方・地域区分とは異なるが、経済面を中心に広域的な地域の呼称として用いられることがある。九州・山口地方 フレッシュアイペディアより)

  • ハクセキレイ

    ハクセキレイから見た九州九州

    中国大陸、朝鮮半島、台湾、日本(南西諸島、九州、本州西部)に分布し、台湾では普通種。日本の本州では渡りの最中などで見られることがある。過眼線が無く、容姿はタイリクハクセキレイ基亜種に酷似する。ハクセキレイ フレッシュアイペディアより)

  • イソマツ属

    イソマツ属から見た九州九州

    日本に分布する種は、ハマサジが東北地方から九州、東アジア等の広い範囲で分布している一方、ウコンイソマツ(イソマツ)は伊豆諸島及び小笠原諸島、南西諸島、台湾に隔離分布し、タイワンハマサジは西表島及び東南アジアに、センカクハマサジは魚釣島1島のみにしか分布しておらず植物地理学、種分化の点から興味深い。イソマツ属 フレッシュアイペディアより)

4725件中 71 - 80件表示