307件中 71 - 80件表示
  • 渡辺誠

    渡辺誠から見た九州新幹線九州新幹線

    2004年 九州新幹線 新水俣駅 + 新水俣門渡辺誠 フレッシュアイペディアより)

  • 九州の鉄道

    九州の鉄道から見た九州新幹線九州新幹線

    九州新幹線と山陽新幹線の一部が存在し、うち九州新幹線についてはJR九州本社の直轄となっており、熊本県に熊本総合車両所が、鹿児島県に川内新幹線車両センターが置かれている。山陽新幹線についてはJR西日本新幹線管理本部の下部組織、福岡支社が管轄し、福岡県内に博多総合車両所が置かれている。なお山陽新幹線と在来線が乗り入れる博多駅及び小倉駅はJR西日本とJR九州の共同使用駅となっており、この2つの駅にはJR西日本とJR九州それぞれの会社の駅長が置かれている。九州の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 神園交通

    神園交通から見た九州新幹線九州新幹線

    2011年3月12日、九州新幹線が全線開通したことに合わせて、八代市内各バス停間での乗り降りが可能となった。ただし、空港発最終便に関しては八代市内間での乗車はできない。また、熊本運転免許センター?阿蘇くまもと空港間のみの乗車はできない。神園交通 フレッシュアイペディアより)

  • 新オーストリアトンネル工法

    新オーストリアトンネル工法から見た九州新幹線九州新幹線

    九州新幹線・薩摩田上トンネル、麦生田トンネル新オーストリアトンネル工法 フレッシュアイペディアより)

  • 国土軸

    国土軸から見た九州新幹線九州新幹線

    四国新幹線・四国横断新幹線(四国内)・九州新幹線・東九州新幹線・九州横断新幹線・紀勢本線・鹿児島本線(博多駅以南)・日豊本線・筑豊本線・久大本線・長崎本線・豊肥本線沿い。国土軸 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島新幹線運輸センター

    鹿児島新幹線運輸センターから見た九州新幹線九州新幹線

    2004年に九州新幹線が新八代〜鹿児島中央で部分開業した際は、運転士・車掌はここで到着・出場点呼を受けていた。2011年3月12日に博多〜新八代の開通により全線開業してからは、のちに設立された博多新幹線乗務所に統合され、当センターは廃止となった。鹿児島新幹線運輸センター フレッシュアイペディアより)

  • 赤瀬川信号場

    赤瀬川信号場から見た九州新幹線九州新幹線

    2004年(平成16年)3月13日 - 九州新幹線開業に伴い肥薩おれんじ鉄道に移管赤瀬川信号場 フレッシュアイペディアより)

  • わっぜえか丼

    わっぜえか丼から見た九州新幹線九州新幹線

    2004年(平成16年)3月13日の九州新幹線(新八代駅?鹿児島中央駅間)の開業に合わせ、鹿児島県料飲業生活衛生同業組合が企画した。わっぜえか丼 フレッシュアイペディアより)

  • MT比

    MT比から見た九州新幹線九州新幹線

    しかし、1990年代後半からのさらなる高速化により、新幹線のMT比は再び高くなる傾向にある。新幹線で最初に最高速度300km/hでの営業運転を実施した500系(1997年)では全電動車、700系(1997年)では16両編成で3:1と向上しており、最新のN700系(2005年)についても300km/h運転や加速性能向上を目的とし16両編成で7:1と高い設定がなされている。ふたたびMT比を向上した背景として、付随車に設置していた渦電流ブレーキの重量が重く電動台車から制動力を補てんした方が軽量化が図れる上に、省エネ効果の高い回生ブレーキの高性能化によりMT比向上のデメリットが少なくなったことが挙げられる。また、急勾配が続く九州新幹線用の800系および山陽・九州直通用のN700系7000番台・8000番台には全車電動車方式が採用されている。MT比 フレッシュアイペディアより)

  • 武 (鹿児島市)

    武 (鹿児島市)から見た九州新幹線九州新幹線

    町域の北部を九州新幹線の高架橋が東西に通っており、町域の東端部には鹿児島中央駅がある。中央部には鹿児島県道24号鹿児島東市来線及び国道3号田上バイパスが通り、田上バイパスは武岡トンネルを通り鹿児島ICに至るが、県道24号は武岡トンネルの周辺を南回りに通り、田上の中心部を通り松元方面に至る。また、2013年には新武岡トンネルが開通する予定となっている。武 (鹿児島市) フレッシュアイペディアより)

307件中 71 - 80件表示

「九州新幹線」のニューストピックワード