前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • レヴィー・クルピ

    レヴィー・クルピから見た乾貴士乾貴士

    2009年は守備に配慮した3-4-2-1システムを採用。攻撃ではカイオ、香川真司、乾貴士という3人のアタッカーによる独特のコンビネーションプレイをベースに得点を量産。攻撃的ながらも現実に即したサッカーを展開し、J1復帰を果たした。レヴィー・クルピ フレッシュアイペディアより)

  • セレッソ大阪

    セレッソ大阪から見た乾貴士乾貴士

    シーズン途中に、名古屋から青山隼、横浜FMから乾貴士、新人の白谷建人を含めて世代別の日本代表の経験がある選手を多く獲得。これはクルピの方針で『C大阪に移籍して、さらに成長する可能性のある選手』を獲得する傾向にある。一方でチームにフィットしなかったカレカを解雇し、出場機会が激減した森島康をレンタル(シーズン終了後に完全)移籍で大分に放出した。セレッソ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 柴崎岳

    柴崎岳から見た乾貴士乾貴士

    2017年7月17日、テネリフェがプレーオフで敗れた相手であるスペイン1部昇格を果たしたヘタフェCFへの完全移籍が発表された。背番号は鹿島時代と同じ「10」。8月20日、開幕戦のアスレティック・ビルバオ戦でスタメンからスペイン1部デビューを果たし、9月16日第4節のFCバルセロナ戦で初ゴールを決めた。このゴールは、リーグ戦とCLで無失点を続けていたバルセロナのGKテア・シュテーゲンの無失点記録を破るゴールでもあった。ちなみに柴崎の前にシュテーゲンから得点を挙げていたのは16-17シーズン最終節に決めたSDエイバルの乾貴士であった。柴崎は鹿島時代にクラブW杯でレアル・マドリードからも得点を決めており、ビッククラブであるレアルとバルセロナの両クラブから得点を奪った初の日本人となった。しかし、この試合で負傷し途中交代。試合後に左足中足骨の骨折と発表され、手術し最大2ヶ月と離脱となってしまった。柴崎岳 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年J2最終節

    2009年J2最終節から見た乾貴士乾貴士

    各会場ともに12時33分キックオフ。小瀬では2分に甲府がFW金信泳のゴールで早々と先制する。鳥栖でも8分にC大阪がMF石神直哉から左サイドのMF乾貴士を経由して中央に飛び込んだMF船山祐二へとつなぎ、船山のゴールで先制点を挙げる。2009年J2最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 関西Jリーグ応援番組「スタジアムへ行こう!!」

    関西Jリーグ応援番組「スタジアムへ行こう!!」から見た乾貴士乾貴士

    メインキャスターは元ヤンマーディーゼルサッカー部と大阪ガスサッカー部の選手でサッカー日本代表選手でもあった山野孝義が、アシスタントはスポーツキャスターの高木聖佳が務めていた。番組はキャスターの山野と高木、そして当時海外リーグで活動していた安田理大と乾貴士を招いてのボウリング大会を行ったこともある。関西Jリーグ応援番組「スタジアムへ行こう!!」 フレッシュアイペディアより)

  • 第84回全国高等学校サッカー選手権大会

    第84回全国高等学校サッカー選手権大会から見た乾貴士乾貴士

    乾貴士(野洲→横浜FM→C大阪→VfLボーフム→アイントラハト・フランクフルト→SDエイバル)第84回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • シンカク高橋

    シンカク高橋から見た乾貴士乾貴士

    東西を問わず、お笑いタレント(特にコントやトーク番組、バラエティ)やものまね番組を観るのを楽しみとしており、、関暁夫の都市伝説番組が大好きである。ニュースやワイドショーなどでの特に好きなテレビアナウンサーは、須田哲夫と笠井信輔、羽鳥慎一などである。好きなタレントの中に、岡副麻希、竹内由恵、新井恵理那、杉崎美香、その他数名の女子アナを挙げている。サッカー、野球などのスポーツを、テレビ観戦することがある。サッカーでは前園真聖、乾貴士、中田英寿、中村俊輔、岡崎慎司、本田圭佑、釜本邦茂、長友佑都、三浦知良、武田修宏、北澤豪、内田篤人、ディエゴ・マラドーナ、クリスティアーノ・ロナウド、ロナウジーニョら、野球では落合博満、伊良部秀輝、ランディ・バース、ダルビッシュ有、真弓明信、掛布雅之、愛甲猛、張本勲、松井稼頭央、KKコンビ、江本孟紀など、大相撲では、琴風、朝青竜、小錦、曙、白鵬、千代の富士など、サーフィンでは、トム・カレン、ケリー・スレーター、ミック・ファニング、タジ・バロウ、アンディ・アイアンズ、五十嵐カノア、椎葉順、久我孝男など、スノーボードでは、テリエ・ハーコンセン、ジェイソン・ボーグステッド、マルクス・フルメ、ジェレミー・ベイ、成田緑夢などを特に応援していた。母方の祖父と本名が同じだという理由で大橋巨泉の生き方にも影響を受けている。幼少の頃は、当時見ていた金八先生により、たのきんトリオのファンであった。また、岡本太郎、山下清、蛭子能収などの生き方や考え方に憧れている。ジョセフ・マーフィー、朝堂院大覚、孫正義、スティーブ・ジョブズ、苫米地英人などの考え方にも影響されている。なお、広瀬すず、能年玲奈、桜井日奈子のファンである。シンカク高橋 フレッシュアイペディアより)

  • アルミン・フェー

    アルミン・フェーから見た乾貴士乾貴士

    2011-12シーズンからブンデス2部に降格したばかりのアイントラハト・フランクフルトの監督に就任。アレクサンダー・マイアーが得点を量産したこともあり、1年で昇格のノルマを達成した。2012-13シーズンもマイアーや乾貴士の活躍もあり、魅力的な攻撃サッカーでリーグを席巻し、昇格組ながら、UEFAヨーロッパリーグ出場圏内の6位で終え、その間の2013年3月26日にフランクフルトと2014年まで契約を延長することで合意した。アルミン・フェー フレッシュアイペディアより)

  • 藤本康太

    藤本康太から見た乾貴士乾貴士

    オフシーズンは乾貴士と過ごすことが多い。藤本康太 フレッシュアイペディアより)

  • ボーフム

    ボーフムから見た乾貴士乾貴士

    ブンデスリーガに所属するサッカークラブ・VfLボーフム(VfL Bochum 1848)の本拠地である。歴史のあるクラブだが、熱狂的なファンを有することで知られるボルシア・ドルトムント、シャルケ04といった近隣のクラブと比べると、さほどの集客力はない。1990年代前半はブンデスリーガ(1部)に在籍していたが、21世紀に入ってからはツヴァイテリーガ(2部)との往復を繰り返している。かつて元日本代表の小野伸二や乾貴士が在籍していた。ボーフム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示