25件中 11 - 20件表示
  • アシックス

    アシックスから見た乾貴士乾貴士

    サッカー - 乾貴士、 川口能活、三都主アレサンドロ、小野伸二、谷口博之、京川舞アシックス フレッシュアイペディアより)

  • 村田和哉 (サッカー選手)

    村田和哉 (サッカー選手)から見た乾貴士乾貴士

    野洲高校3年次に乾貴士、田中雄大、荒堀謙次らと共に第85回全国高校サッカー選手権に出場。大阪体育大学2年次には橋本和、田所諒、松尾元太らと共に、第32回総理大臣杯で全国制覇を果たしている。2011年にJリーグのセレッソ大阪に入団。村田和哉 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 小松塁

    小松塁から見た乾貴士乾貴士

    2008年も当初は出場機会に恵まれなかったが、第8節のロアッソ熊本戦でスタメンに復帰すると、第9節の横浜FC戦から5試合連続でゴールを挙げるなど、スタメン起用に応えて成果を挙げている。2008年シーズンでは、古橋の負傷もあり、小松が1トップとなり、左に香川真司、右に柿谷曜一朗ないしは白谷建人、後半以降は乾貴士がシャドープレーヤーとなるフォーメーションを組むことが多かった。時として、森島康仁やカイオとツインタワーを組むこともあった。しかし10月のフォーメーション変更後は、カイオにポジションを奪われ、再び控え暮らしが続くようになった。それでも、香川と並んで、チームトップタイの16得点を稼いだ。小松塁 フレッシュアイペディアより)

  • 楠神順平

    楠神順平から見た乾貴士乾貴士

    1993年、5歳の時、Jリーグの開幕とともにカズに憧れ、ボールを蹴り始める。地元の愛知川ジュニアフットボールクラブからセゾンフットボールクラブを経て、滋賀県立野洲高等学校3年時には第84回全国高等学校サッカー選手権大会で滋賀県勢初の全国優勝を果たし、同学年の青木孝太、平原研、一学年下の乾貴士、田中雄大らとともにセクシーフットボールで注目を集めた同校の主力メンバーとして活躍した。高校卒業時にプロからのオファーがなく、同志社大学に進学するが、川崎フロンターレの向島建スカウト(当時)の誘いにより、在学中の2009年に特別指定選手として川崎フロンターレに在籍。8月23日のモンテディオ山形戦でJリーグデビューを果たした。楠神順平 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年J2最終節

    2009年J2最終節から見た乾貴士乾貴士

    各会場ともに12時33分キックオフ。小瀬では2分に甲府がFW金信泳のゴールで早々と先制する。鳥栖でも8分にC大阪がMF石神直哉から左サイドのMF乾貴士を経由して中央に飛び込んだMF船山祐二へとつなぎ、船山のゴールで先制点を挙げる。2009年J2最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 第85回全国高等学校サッカー選手権大会

    第85回全国高等学校サッカー選手権大会から見た乾貴士乾貴士

    乾貴士(野洲→横浜FM→C大阪→VfLボーフム→アイントラハト・フランクフルト)第85回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 清武弘嗣

    清武弘嗣から見た乾貴士乾貴士

    2010年、大分の降格に伴い高橋大輔、上本大海と共にセレッソ大阪に完全移籍。シーズン序盤は相次ぐ怪我のため出場機会は少なかったが、香川真司の退団後はその穴を埋める存在としてW杯中断明けからは家長、乾貴士とともに3シャドーを形成してレギュラーに定着した。清武弘嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 山田晃平

    山田晃平から見た乾貴士乾貴士

    野洲高校在籍時に第84回全国高等学校サッカー選手権大会でが全国優勝を経験。1学年上には青木孝太、楠神順平が、同期には田中雄大、乾貴士、村田和哉、荒堀謙次らがいた。山田晃平 フレッシュアイペディアより)

  • 柿谷曜一朗

    柿谷曜一朗から見た乾貴士乾貴士

    プロ3年目の2008年、早稲田大学人間科学部eスクール(通信教育課程)に合格。背番号を「11」へ変更して臨んだシーズンだったが、横浜F・マリノスから途中加入した乾貴士の台頭もあり、終盤にはベンチ外となるなど、出場機会は減少。無得点のままシーズンを終える。柿谷曜一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年

    1988年から見た乾貴士乾貴士

    6月2日 - 乾貴士、サッカー選手1988年 フレッシュアイペディアより)

25件中 11 - 20件表示

「乾貴士」のニューストピックワード