48件中 31 - 40件表示
  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た亀井義行亀井義行

    10月のドラフト会議では、同じ中央大学出身の阿部慎之助・亀井義行の活躍を見て入団を希望し、相思相愛とも言われた読売ジャイアンツから単独1位指名を受け、記者会見では喜びの涙を流した。指名直後の会見で背番号18を希望したが、10月30日に挨拶に訪れた球団代表の清武英利から「沢村さんを1つ超えるという意味で、15を背負ってほしい。18は力で勝ち取ってもらいたい」と話したが、結果的ににFA権を行使して移籍した杉内俊哉に18が与えられた(沢村栄治の背番号14は巨人の永久欠番である)。なお、ドラフト直前にはスポーツ報知やスポーツニッポンなどが中日ドラゴンズとの競合を予想していた。日刊ゲンダイによれば中日は入団拒否のリスクを考えて当日のスカウト会議で澤村指名を見送り大野雄大の単独指名に切り替えたという。澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 中井大介

    中井大介から見た亀井義行亀井義行

    も高橋由伸、亀井義行らの合同自主トレに参加。オープン戦で活躍を見せ、自身初の開幕一軍入りするも定着には至らず。6月25日のイースタン・リーグ楽天戦で右足の靭帯を痛め、イースタンリーグ終了後の10月4日に右足甲関節固定手術を受けた。中井大介 フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツの応援団

    読売ジャイアンツの応援団から見た亀井義行亀井義行

    亀井義行(オレンジに「駆け抜けろ亀井義行」駆け抜けろは白・亀井義行は黒)読売ジャイアンツの応援団 フレッシュアイペディアより)

  • MONKEY MAJIK

    MONKEY MAJIKから見た亀井義行亀井義行

    2006年(平成18年)の読売ジャイアンツ在籍選手が、2ndシングル「Around The World」を自身の登場曲として使用した。開幕直後は左のリリーフエース林昌範。中盤戦からは広島東洋カープから移籍した木村拓也。また亀井義行も2006年(平成18年)7月から「thank you」を登場曲として使用した。MONKEY MAJIK フレッシュアイペディアより)

  • 工藤隆人

    工藤隆人から見た亀井義行亀井義行

    巨人には少ない俊足好守の実績がある外野手として期待されたが、松本哲也、亀井義行といった工藤とタイプが重なる若手外野手の台頭により、完全に競争からはじき出される形になってしまった。交流戦ではパ・リーグでの経験を買われて先発出場の機会を得たものの、出場試合数は49試合の出場にとどまった。オフに同年に現役引退した木村拓也が付けていた0を継承。工藤隆人 フレッシュアイペディアより)

  • 中澤雅人

    中澤雅人から見た亀井義行亀井義行

    中央大時代、先輩の亀井義行(巨人)と寮が同じ部屋だった。その縁もあり、プロで対戦したいバッターに亀井の名をあげている。中澤雅人 フレッシュアイペディアより)

  • 7月28日

    7月28日から見た亀井義行亀井義行

    1982年 - 亀井義行、プロ野球選手7月28日 フレッシュアイペディアより)

  • 関口宏の東京フレンドパークII

    関口宏の東京フレンドパークIIから見た亀井義行亀井義行

    2009年12月17日 - 読売ジャイアンツ(内海、亀井、越智、山口、松本、東野、坂本・5枚)※通常放送関口宏の東京フレンドパークII フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た亀井義行亀井義行

    2010年は開幕直後に前年限りで現役引退しコーチとなっていた木村拓也が試合前の練習中にくも膜下出血を発症して急死、野手では亀井義行、投手ではゴンザレスが不調でグライシンガーも故障で長期離脱だったが、ルーキーの長野久義を加えた強力打線は相変わらずで開幕からしばらくの間は先発投手陣も好調であり、首位に立っている時期も長かったが、7月以降は相次いで好調だった先発投手陣が不調に陥り、野手陣でも坂本と松本が調子を落としてしまう。また、この年のクローザーのマーク・クルーンが不振に陥り、抑え投手がたびたび変わるなど中継ぎ投手陣も安定しなかった。それでも最後まで首位争いに絡み続けるが、前述の投手陣の低迷とナゴヤドームの中日ホームゲームで2勝10敗と大きく負け越したのが尾を響き、優勝した中日と1ゲーム差ながら3位に終わる。クライマックスシリーズでは第1ステージで阪神に2連勝し勝ち上がるものの、続く第2ステージでは中日相手に1勝4敗で敗れ敗退している。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た亀井義行亀井義行

    シーズン終盤は高橋由・ローズ・清原などが離脱した反面、矢野謙次、亀井義行など生え抜きの若手選手が活躍を見せる光明もあった。しかし、先発投手陣は崩壊したままで、投手陣の明るい話題は工藤公康の11勝のみでチーム防御率は2年連続で球団のワースト記録を更新した。チームはBクラスに低迷し、一部週刊誌には堀内の采配を批判する記事が後を絶たなかった。関東での視聴率の減少で地上波のプロ野球中継の激減が始まったのもこの年からである。終盤はやや盛り返して5位となり、30年ぶりの最下位こそ免れたものの、球団シーズンワースト記録となる80敗を喫した。優勝した阪神は1,2番の起動力と下位打線のつなぎにより1点を確実に取り、JFKによる安定したリリーフ陣によって守る“安定型”野球だった。この年を持って「敗軍の将、兵を語らず」の言葉を残し辞任した。球団史上初の優勝経験無しの監督という、非常に不名誉な記録を残すこととなった。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

48件中 31 - 40件表示

「亀井義行」のニューストピックワード