77件中 41 - 50件表示
  • 大田泰示

    大田泰示から見た亀井義行亀井義行

    は二年連続で開幕一軍入りするも、同じ外野手の橋本到や亀井善行らが優先的に起用され、5月2日に登録を抹消されて以降はほぼ二軍でシーズンを終えた。2年続けて21試合の出場に終わり本塁打も打てなかった。10月5日には自転車で転倒して負傷し、教育リーグの遠征メンバーから外された。この年も二軍での三振数は圧倒的に多く、4年連続で二軍の三振王となっている。大田泰示 フレッシュアイペディアより)

  • 大田泰示

    大田泰示から見た亀井善行亀井義行

    は開幕を二軍で迎え、5月9日に昇格するも結果を残せず5月18日には登録を抹消された。その後しばらくは1軍昇格がなかったが、レスリー・アンダーソン、松本哲也、亀井善行が次々と怪我で離脱し、8月8日に再び1軍昇格。主に松本に代わる守備固め・代走要員として起用されていたが、9月17日の広島東洋カープとの首位攻防戦でこの年第1号となる代打逆転2ランを放つとスタメン起用される機会も増え、リーグ優勝翌日の9月27日にはプロ入り後初めて4番で先発出場し、巨人軍第81代目、平成生まれとしてはチーム史上初の4番打者となった。この年は44試合に出場して打率.246、2本塁打、12打点をマークした。オフの10月21日に、「日本プロ野球80周年記念試合」の阪神・巨人連合チームに選出された事が発表された。大田泰示 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本シリーズ

    2009年の日本シリーズから見た亀井義行亀井義行

    優秀選手賞:亀井義行(巨人)2009年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 帆足和幸

    帆足和幸から見た亀井義行亀井義行

    クライマックスシリーズ第2ステージでは10月19日の第3戦に先発し、2回に先頭小谷野栄一の一塁線の打球を一塁審判が一旦ファールの合図をした後にフェアと判定を覆し二塁打とされ、二死三塁で迎えたジェイソン・ボッツのサードゴロを中村剛也が一塁へ悪送球タイムリーエラー、3回には一死二三塁から田中賢介のゴロ間に1人生還、ターメル・スレッジにスリーランホームランを浴び5点差とされ、登板中は援護が無いまま5回5失点(自責4)で降板し敗戦投手となった。日本シリーズでは11月2日第2戦に先発し、2回に鶴岡一成の犠牲フライで1点先制されるが中島裕之の本塁打で逆転し、5回1失点1点リードで降板した。しかし2番手の大沼幸二があっさり同点に追いつかれたため同シリーズ初勝利とはならなかった。11月8日第6戦でも先発し、初回に3点援護を貰ったが2回に亀井義行の二塁打で1点返され、4回は無死1.2塁から亀井のセカンドゴロを片岡易之が処理にもたつき2点リード1死1.3塁で降板となった。なお、代わった岸孝之が最後まで無失点で繋ぎチームは勝利した。アジアシリーズでは予選リーグの11月13日対SKワイバーンズ戦に先発し、2回に朴栽弘に同点ソロ本塁打、4回にも李宰元の本塁打、朴哉相の安打でさらに3点失い3回1/3で降板し敗戦投手となった。帆足和幸 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た亀井義行亀井義行

    先発で9回表終了まで無安打に抑えながら、その裏の代打で交代を余儀なくされた2014年5月31日の対巨人戦(前述)では、延長戦に入ってからも救援陣が継投で記録を継続。11回表に佐藤達也が片岡治大にチーム初安打、12回表に馬原孝浩が亀井義行に決勝本塁打を許すなど、延長12回までもつれ込んだ末にチームは0対1で敗れた。金子は、この結果について、試合終了後に淡々とした姿勢で「(巨人打線が)ノーヒットだったのは知っていたが、9回まで0?0(というスコア)でいっていたので、ノーヒットを意識することなく最後まで投げられた。9回裏にサヨナラ(で勝っていた)なら、ノーヒットノーランとして記録に残るので嬉しいけど、自分の使命はチームに勝ちを付けること。それができなかったので、ノーヒット(ノーランを達成できなかったこと)へのコメントはできない」と振り返っていた。なお、先発投手からの継投で無安打投球を続けた末に、延長で初安打を許したチームは日本プロ野球公式戦2例目(NPBの公式戦では初めての事例)であった。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・グリン

    ライアン・グリンから見た亀井義行亀井義行

    初奪三振:同上、4回表に亀井義行から空振り三振ライアン・グリン フレッシュアイペディアより)

  • 中井大介

    中井大介から見た亀井義行亀井義行

    前年と同じく高橋由伸、亀井義行らの合同自主トレに参加。オープン戦で活躍を見せ、自身初の開幕一軍入りするも定着には至らず。6月25日のイースタン・リーグ東北楽天ゴールデンイーグルス戦で右足の靭帯を痛め、イースタンリーグ終了後の10月4日に右足甲関節固定手術を受けた。中井大介 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た亀井義行亀井義行

    前年に続き「1番右翼」で開幕スタメン。4月3日の中日戦で川上から7回裏にバースデーアーチとなる3ラン本塁打を放ち、またこの高橋の本塁打から後続の2番・亀井義行、3番・小笠原道大が二者連続本塁打を放ち、球団9年ぶりとなる3者連続本塁打の口火を高橋は切り、開幕5連敗を喫したこの年のチームのシーズン初勝利に貢献した。4月6日の阪神戦では史上52人目となる通算250号本塁打を放った。二年連続で開幕から好調を維持し、4月下旬からは4番として起用されるも、5月3日のヤクルト戦で腰痛を再発させ登録抹消となった。6月15日に1軍復帰するも8月7日に再び戦線離脱となる。ベンチ入りしても出場しない試合もあり、埼玉西武ライオンズとの日本シリーズは欠場した。チームがリーグ優勝した一方で、91試合の出場で打率.236と自己ワーストの成績に終わってしまった。プロ入りして以来10年間3割以上をキープしていた通算打率が.299となった。オフには腰の精密検査を行い、手術も検討したが引き続きリハビリによる改善を目指すことにした。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た亀井義行亀井義行

    シーズン終盤は高橋由・ローズ・清原などが離脱した反面、矢野謙次、亀井義行など生え抜きの若手選手が活躍を見せる光明もあった。しかし、チーム防御率は2年連続で球団のワースト記録を更新した。チームはBクラスに低迷し、一部週刊誌には堀内の采配を批判する記事が後を絶たなかった。終盤はやや盛り返して5位となり、30年ぶりの最下位こそ免れたものの、球団シーズンワースト記録となる80敗を喫した。本拠地最終戦の試合後にはライトスタンドを中心に「お前が悪いぞホーリウチ!」というコールが起こり、予定されていた試合後のセレモニーが中止される前代未聞の事態となった。この年をもって「敗軍の将、兵を語らず」の言葉を残し辞任した。後任監督は前任者である原が再登板した。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 村中恭兵

    村中恭兵から見た亀井義行亀井義行

    、手薄な先発左腕を担うことを期待され、2年ぶりの一軍キャンプスタートとなった。キャンプでは前年のプレ日本代表時に目をかけていた星野仙一からも「後は精神面」だけ、と激励を受けている。期待に応えて先発ローテーション入りし、初の開幕一軍を勝ち取った。4月4日の中日戦で7回1失点8奪三振の好投でプロ初勝利を挙げた。5月3日巨人戦で9回1死まで無安打に抑える好投をしたが、亀井義行に二塁打を打たれ、快挙達成はならなかった。8月末に検査を受け左ひじ内側側副靱帯損傷と診断、しばらく投球を禁止し静養、患部の回復経過を見て手術は回避となった。村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

77件中 41 - 50件表示

「亀井義行」のニューストピックワード