前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
79件中 1 - 10件表示
  • 亀井義行

    亀井義行から見た山口俊

    、3月31日の横浜ベイスターズとの開幕戦に8番・右翼手で出場。3打数2安打4打点と活躍。6月29日には横浜山口俊からプロ入り初本塁打を放った。シーズン中盤に打撃不振に陥り、肋骨骨折など故障もあって矢野にレギュラーを奪回され2軍降格。141打数で四球5、出塁率.233と低迷した。オフの10?11月にはハワイ・ウィンターリーグに参加するなど、積極的に技術面やメンタル面の鍛錬を行っている。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た古城茂幸

    は、三塁手として村田との競争が明言されるが、2月18日の広島とのオープン戦開幕戦で故障した長野に変わり、それまでキャンプで外野守備の練習を一度も行わなかったにも関わらず3番・右翼手で出場。3月10日には負傷した古城茂幸に代わり二塁手として出場した。開幕戦はベンチで迎える。二度目のスタメン出場となった4月8日の阪神戦で、小嶋達也から顔面に死球を受けた際に鼻骨骨折したが、登録は抹消されずにベンチ入りを続けていた。5月2日の広島戦では前進守備にもかかわらず、送球ミスによりランナーの本塁生還を許してしまい、これが原因となってチームは敗北。試合後には「あまりにも見苦しい守備。今日は一晩中寝れないくらい悔しがらないと駄目だね。」と原監督から厳しく叱責される。しかし、翌日の同カードでも前日と同じく7番・左翼で先発。八回裏・二死走者なしから決勝となる本塁打を放ち、勝利に貢献した。ヒーローインタビューでは涙ながらに「本当にすみませんって感じです」と語った。原監督は「まだまだ貸しはたくさんある」とコメント。このプレーが理由で5月のジョージア魂賞を受賞した。打率.236に対し長打率.409と長打力を発揮したものの、前述の故障や低出塁率が響き2010年を下回る60試合、117打席の出場に留まった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た高橋由伸

    は谷佳知の不振により開幕6試合目にスタメンに起用されると、1番・高橋由伸、3番・小笠原道大と共に球団9年ぶりとなる3者連続本塁打を放ち、チームのシーズン初勝利に貢献した。5月からは1番打者に定着したが、5月26日の日本ハム戦で、右足関節を捻挫。7月25日に一軍復帰するが、谷との併用が続いた。中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズでは第1戦で負傷した鈴木尚広に代わり第2戦から1番でスタメン出場。14打数7安打1打点の活躍で日本シリーズ出場に貢献。日本シリーズにも出場し、最終戦では5番を打った。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た小笠原道大

    は谷佳知の不振により開幕6試合目にスタメンに起用されると、1番・高橋由伸、3番・小笠原道大と共に球団9年ぶりとなる3者連続本塁打を放ち、チームのシーズン初勝利に貢献した。5月からは1番打者に定着したが、5月26日の日本ハム戦で、右足関節を捻挫。7月25日に一軍復帰するが、谷との併用が続いた。中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズでは第1戦で負傷した鈴木尚広に代わり第2戦から1番でスタメン出場。14打数7安打1打点の活躍で日本シリーズ出場に貢献。日本シリーズにも出場し、最終戦では5番を打った。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た寺内崇幸

    3月10日のオープン戦では、野手を使い切った状況で古城茂幸が負傷。2011年のオーストラリア以来の二塁に回り、ツーアウトから真正面のセカンドゴロを処理した。9月22日対ヤクルト戦では、大量点差のついた9回表、公式戦初めての二塁の守備に就き、森岡のセカンドゴロをさばいたものの一塁への悪送球になってしまった(原監督は亀井の二塁起用に関して、寺内崇幸の緊急捕手起用プランなどと同様に「危機管理。勝つことが目的ですから」とコメントしている。)。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たFUNKY MONKEY BABYS

    FUNKY MONKEY BABYS『そのまんま東へ』(2007年)、『ちっぽけな勇気』(2009年-)、『あとひとつ』(2010年-)亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た高代延博

    は第2回WBCの代表に選出される。規定打席に達したことすらなかったものの、亀井の守備を高く評価していた高代延博コーチの強い推薦によるものだった。出場機会は多くなかったが、3試合の出場で1安打1犠打1盗塁を記録。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た岩瀬仁紀

    レギュラーシーズンでは1番・右翼手で開幕スタメンの座を得るも、当初は調子が上がらず谷と併用された。しかし、4月25日の対中日戦で左腕の岩瀬仁紀から代打逆転サヨナラ3ランを放つなど、調子を上げるにつれて投手の左右に関わらずスタメンで起用されるようになる。李承燁の不調により中盤からは5番に定着、以降は一塁手としての起用も多くなる。また「二の腕」をリラックスさせて小さく構えていたが、ラミレスなどからアドバイスを受け、大上段にバットを大きく構える打撃フォームに変更。6月下旬に25打席無安打、8月には28打席無安打とスランプを経験したが、シーズン25本塁打のうち18本塁打、74三振のうち50三振を7月以降に記録した。球団記録に並ぶ3本のサヨナラ本塁打を放ち、初の規定打席に到達。日本ハムとの日本シリーズでも第5戦での武田久からの同点本塁打が評価され、優秀選手賞を受賞し、日本一に貢献した。初のタイトルとなるゴールデングラブ賞を外野手として受賞した。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た小嶋達也

    は、三塁手として村田との競争が明言されるが、2月18日の広島とのオープン戦開幕戦で故障した長野に変わり、それまでキャンプで外野守備の練習を一度も行わなかったにも関わらず3番・右翼手で出場。3月10日には負傷した古城茂幸に代わり二塁手として出場した。開幕戦はベンチで迎える。二度目のスタメン出場となった4月8日の阪神戦で、小嶋達也から顔面に死球を受けた際に鼻骨骨折したが、登録は抹消されずにベンチ入りを続けていた。5月2日の広島戦では前進守備にもかかわらず、送球ミスによりランナーの本塁生還を許してしまい、これが原因となってチームは敗北。試合後には「あまりにも見苦しい守備。今日は一晩中寝れないくらい悔しがらないと駄目だね。」と原監督から厳しく叱責される。しかし、翌日の同カードでも前日と同じく7番・左翼で先発。八回裏・二死走者なしから決勝となる本塁打を放ち、勝利に貢献した。ヒーローインタビューでは涙ながらに「本当にすみませんって感じです」と語った。原監督は「まだまだ貸しはたくさんある」とコメント。このプレーが理由で5月のジョージア魂賞を受賞した。打率.236に対し長打率.409と長打力を発揮したものの、前述の故障や低出塁率が響き2010年を下回る60試合、117打席の出場に留まった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た鈴木義広

    初打点:2005年7月13日、対中日ドラゴンズ10回戦(札幌ドーム) 、8回裏に鈴木義広から右中間へ適時二塁打亀井義行 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
79件中 1 - 10件表示

「亀井義行」のニューストピックワード