79件中 11 - 20件表示
  • 亀井義行

    亀井義行から見たエミネム

    Eminem『Without Me』(2006年3-6月)亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た野間口貴彦

    ドラフトで読売ジャイアンツから4巡目指名を受け入団。背番号は25。同期入団に東野峻や野間口貴彦がいる。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た原辰徳

    は開幕から5番に起用されたものの前年の活躍から一転して不振に陥り、度重なる故障もあって3度の登録抹消を経験。ルーキー長野久義らの台頭もあって71試合の出場に留まり打率.185、5本塁打、17打点の成績でレギュラーシーズンを終えた。10月16日に出場選手登録されクライマックスシリーズに出場。11月6日、減額制限を上回る30%減の4200万円に同意して契約更改した。秋季練習では「たぐいまれな器用さがある」と評する原辰徳監督の勧めで三塁手に挑戦することが決まり、オフには実戦における守備練習の機会を求めオーストラリアン・ベースボールリーグメルボルンに参加した。現地では優秀選手に選ばれる格の違いをみせたものの、他の選手との兼ね合いもあり最初の1週間ほど全く予定にない二塁を守り、その間に三塁手のレギュラー争いに勝ち本来の練習の場を確保するというハードなものだった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た湘南乃風

    湘南乃風『黄金魂』(2008年-2010年)亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た武田久

    レギュラーシーズンでは1番・右翼手で開幕スタメンの座を得るも、当初は調子が上がらず谷と併用された。しかし、4月25日の対中日戦で左腕の岩瀬仁紀から代打逆転サヨナラ3ランを放つなど、調子を上げるにつれて投手の左右に関わらずスタメンで起用されるようになる。李承燁の不調により中盤からは5番に定着、以降は一塁手としての起用も多くなる。また「二の腕」をリラックスさせて小さく構えていたが、ラミレスなどからアドバイスを受け、大上段にバットを大きく構える打撃フォームに変更。6月下旬に25打席無安打、8月には28打席無安打とスランプを経験したが、シーズン25本塁打のうち18本塁打、74三振のうち50三振を7月以降に記録した。球団記録に並ぶ3本のサヨナラ本塁打を放ち、初の規定打席に到達。日本ハムとの日本シリーズでも第5戦での武田久からの同点本塁打が評価され、優秀選手賞を受賞し、日本一に貢献した。初のタイトルとなるゴールデングラブ賞を外野手として受賞した。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た稲葉篤紀

    打撃では無駄な動きのない安定したスイングから放つ「内角低目を事もなげに打ち返す」という巧打と2009年には25本塁打を記録した長打力を備える。本人は「二塁打や三塁打が多いのが持ち味の中距離打者」と分析し、現在は「それがホームランになるように」長さや重さの違うバットを振り込み、肩回りや下半身など「振る筋肉」の強化に励んでいるという。打撃フォームはWBCで同僚となった稲葉篤紀をモデルとしており、左利きの中長距離打者の稲葉のスイングを身につけるために、「体の左側に軸を置くことを重視する」、「後ろ側の手でバットを強くスイングする」など、「左半身を重視」することで、稲葉など長距離打者特有のスイングを身につけようと試みている。5番で起用されるようになってからは「自分はクリーンナップの一員ではなく、自分の前後にクリーンナップがある」と語っており、「つなぐバッティング」を意識しているという。左投手に弱く一軍に定着できないでいたが、2008年に対左打率.283を残してから対応し始め、以降も2010年までの通算対右打率.263に対して通算打率.257と投手の左右を苦にしなくなった。初球から積極的に打ちにいくが、選球眼に課題を残し、高めのボール球を振る確率が高い。一軍に定着した2008年から2010年にかけての通算得点圏打率.247と得点圏の場面にやや弱い。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た坂本勇人

    1月に登録を外野手から内野手に変更。開幕はオフに三塁手として補強したラスティ・ライアルに譲ったが、そのライアルの不調や他の野手の負傷が相次いだことなどで、徐々に出場機会が増えた。5月14日の広島東洋カープ戦では、本塁打・三塁打・二塁打を打ち、あと単打を打てばサイクル安打達成となる活躍を見せた(第4打席で凡退し、サイクル安打ならず)。しかし、この試合前の練習中にノック打球の直撃を受けており、翌15日に右手薬指を骨折していたことが判明、チームを離脱した。6月11日に復帰して不振の坂本勇人に代わって1番でスタメン出場し、自身初の先頭打者本塁打を放った。右翼手、中堅手、左翼手、一塁手、三塁手と自分の守れるポジション全てでスタメン出場し、打順は1・2・6・7・8番と変則的だった。守備では本職の外野に加えて内野も無難にこなし、打撃も6月まで打率3割を記録していたが中盤以降成績が急落。目標としていたレギュラー再定着には至らなかった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た堀田一郎

    に背番号を35に変更。1番打者候補と期待されたが、一軍出場はプロ入り後最少となる20試合にとどまった。中央大学の先輩の阿部慎之助、堀田一郎と、「ズームイン!!サタデー」内のコーナー『プロ野球熱ケツ情報』で「中3トリオ」を結成。亀井は「三男」という位置づけ。2005年シーズンオフに夫人と入籍。2006年8月11日に長男を授かる。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たMONKEY MAJIKMONKEY MAJIK

    MONKEY MAJIK『thank you』(2006年7月-2006年終了まで)亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た阿部慎之助

    に背番号を35に変更。1番打者候補と期待されたが、一軍出場はプロ入り後最少となる20試合にとどまった。中央大学の先輩の阿部慎之助、堀田一郎と、「ズームイン!!サタデー」内のコーナー『プロ野球熱ケツ情報』で「中3トリオ」を結成。亀井は「三男」という位置づけ。2005年シーズンオフに夫人と入籍。2006年8月11日に長男を授かる。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

79件中 11 - 20件表示

「亀井義行」のニューストピックワード