79件中 21 - 30件表示
  • 亀井義行

    亀井義行から見たイチロー

    走塁面では一塁到達3.87秒の俊足を誇る。内野手登録であるが、本職は外野手で、入団当初から遠投115メートルの強肩と広い守備範囲をコーチ陣から評価されていた。その外野守備能力を高く評価されて2009年第2回WBC代表にも選ばれ、特に肩の強さはイチローからも称賛されるほどで、12球団トップクラスの強肩を誇る。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たラスティ・ライアル

    1月に登録を外野手から内野手に変更。開幕はオフに三塁手として補強したラスティ・ライアルに譲ったが、そのライアルの不調や他の野手の負傷が相次いだことなどで、徐々に出場機会が増えた。5月14日の広島東洋カープ戦では、本塁打・三塁打・二塁打を打ち、あと単打を打てばサイクル安打達成となる活躍を見せた(第4打席で凡退し、サイクル安打ならず)。しかし、この試合前の練習中にノック打球の直撃を受けており、翌15日に右手薬指を骨折していたことが判明、チームを離脱した。6月11日に復帰して不振の坂本勇人に代わって1番でスタメン出場し、自身初の先頭打者本塁打を放った。右翼手、中堅手、左翼手、一塁手、三塁手と自分の守れるポジション全てでスタメン出場し、打順は1・2・6・7・8番と変則的だった。守備では本職の外野に加えて内野も無難にこなし、打撃も6月まで打率3割を記録していたが中盤以降成績が急落。目標としていたレギュラー再定着には至らなかった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た東野峻

    ドラフトで読売ジャイアンツから4巡目指名を受け入団。背番号は25。同期入団に東野峻や野間口貴彦がいる。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た中日ドラゴンズ

    は谷佳知の不振により開幕6試合目にスタメンに起用されると、1番・高橋由伸、3番・小笠原道大と共に球団9年ぶりとなる3者連続本塁打を放ち、チームのシーズン初勝利に貢献した。5月からは1番打者に定着したが、5月26日の日本ハム戦で、右足関節を捻挫。7月25日に一軍復帰するが、谷との併用が続いた。中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズでは第1戦で負傷した鈴木尚広に代わり第2戦から1番でスタメン出場。14打数7安打1打点の活躍で日本シリーズ出場に貢献。日本シリーズにも出場し、最終戦では5番を打った。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た読売ジャイアンツ

    亀井 善行(かめい よしゆき、本名:亀井 義行(読み同じ)、1982年7月28日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(外野手、内野手)。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た広島東洋カープ

    1月に登録を外野手から内野手に変更。開幕はオフに三塁手として補強したラスティ・ライアルに譲ったが、そのライアルの不調や他の野手の負傷が相次いだことなどで、徐々に出場機会が増えた。5月14日の広島東洋カープ戦では、本塁打・三塁打・二塁打を打ち、あと単打を打てばサイクル安打達成となる活躍を見せた(第4打席で凡退し、サイクル安打ならず)。しかし、この試合前の練習中にノック打球の直撃を受けており、翌15日に右手薬指を骨折していたことが判明、チームを離脱した。6月11日に復帰して不振の坂本勇人に代わって1番でスタメン出場し、自身初の先頭打者本塁打を放った。右翼手、中堅手、左翼手、一塁手、三塁手と自分の守れるポジション全てでスタメン出場し、打順は1・2・6・7・8番と変則的だった。守備では本職の外野に加えて内野も無難にこなし、打撃も6月まで打率3割を記録していたが中盤以降成績が急落。目標としていたレギュラー再定着には至らなかった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た東都大学野球連盟

    東都の中央大学(商学部)に進学後は内野手(主に遊撃手)に転向し、1年春からレギュラーで出場。上級生になると外野手にコンバートされた。東都大学野球リーグでMVP1回・ベストナイン3回を受賞し、4年時には東都通算10人目の通算100安打を達成、主将として秋季リーグで25年ぶりの1部優勝に貢献した。日米大学野球選手権大会、世界大学野球選手権大会の日本代表にも選ばれ、銀メダルに貢献している。東都大学リーグ通算108試合出場、401打数101安打、打率.252、13本塁打、53打点。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た北海道日本ハムファイターズ

    は谷佳知の不振により開幕6試合目にスタメンに起用されると、1番・高橋由伸、3番・小笠原道大と共に球団9年ぶりとなる3者連続本塁打を放ち、チームのシーズン初勝利に貢献した。5月からは1番打者に定着したが、5月26日の日本ハム戦で、右足関節を捻挫。7月25日に一軍復帰するが、谷との併用が続いた。中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズでは第1戦で負傷した鈴木尚広に代わり第2戦から1番でスタメン出場。14打数7安打1打点の活躍で日本シリーズ出場に貢献。日本シリーズにも出場し、最終戦では5番を打った。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た谷佳知

    谷佳知の不振により開幕6試合目にスタメンに起用されると、1番・高橋由伸、3番・小笠原道大と共に球団9年ぶりとなる3者連続本塁打を放ち、チームのシーズン初勝利に貢献した。5月からは1番打者に定着したが、5月26日の日本ハム戦で、右足関節を捻挫。7月25日に一軍復帰するが、谷との併用が続いた。中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズでは第1戦で負傷した鈴木尚広に代わり第2戦から1番でスタメン出場。14打数7安打1打点の活躍で日本シリーズ出場に貢献。日本シリーズにも出場し、最終戦では5番を打った。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た鈴木尚広

    は谷佳知の不振により開幕6試合目にスタメンに起用されると、1番・高橋由伸、3番・小笠原道大と共に球団9年ぶりとなる3者連続本塁打を放ち、チームのシーズン初勝利に貢献した。5月からは1番打者に定着したが、5月26日の日本ハム戦で、右足関節を捻挫。7月25日に一軍復帰するが、谷との併用が続いた。中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズでは第1戦で負傷した鈴木尚広に代わり第2戦から1番でスタメン出場。14打数7安打1打点の活躍で日本シリーズ出場に貢献。日本シリーズにも出場し、最終戦では5番を打った。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

79件中 21 - 30件表示

「亀井義行」のニューストピックワード