99件中 21 - 30件表示
  • 亀井義行

    亀井義行から見たラスティ・ライアル

    ''、1月に登録を外野手から内野手に変更。サードの開幕スタメンは新外国人のラスティ・ライアルに譲ったが、そのライアルの不調や他の野手の負傷が相次いだことなどで、徐々に出場機会が増えた。5月14日の対広島東洋カープ戦では、本塁打・三塁打・二塁打を打ち、あと単打を打てばサイクル安打達成となる活躍を見せた(第4打席で凡退し、サイクル安打ならず)。ところが、この試合前の練習中にノック打球の直撃を受けて右手薬指を骨折していたことが翌日に判明、チームを離脱した。6月11日に復帰して不振の坂本勇人に代わって1番でスタメン出場し、自身初の先頭打者本塁打を放った。しかし、一時は3割を記録していた打率もシーズン中盤以降急落。右翼手、中堅手、左翼手、一塁手、三塁手と守れるすべてのポジションでスタメン出場し、打順も1・2・6・7・8番を経験したが、定位置確保には至らなかった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た野間口貴彦

    2004年のドラフト会議で読売ジャイアンツから4巡目指名を受け入団。背番号は25。同期入団に東野峻や野間口貴彦がいる。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た原辰徳

    ''、開幕から5番に起用されたものの前年の活躍から一転して不振に陥り、度重なる故障もあって3度の二軍落ちを経験。ルーキー長野久義が台頭した影響で71試合の出場に留まり、打率.185、5本塁打、17打点の成績に終わった。11月6日、減額制限を上回る30%減の年俸4200万円で契約更改した。秋季キャンプでは「たぐいまれな器用さがある」と評する原辰徳監督の意向で三塁手へのコンバートが決まり、実戦における守備練習の機会を求めオーストラリアン・ベースボールリーグにも参加した。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た東野峻

    2004年のドラフト会議で読売ジャイアンツから4巡目指名を受け入団。背番号は25。同期入団に東野峻や野間口貴彦がいる。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た中日ドラゴンズ

    '、谷佳知の不振により開幕6試合目で2番打者として起用されると、4月3日の中日戦で1番・高橋、3番・小笠原道大と共に川上憲伸から球団9年ぶりとなる3者連続本塁打を放ち、チームのシーズン初勝利に貢献。5月からは1番打者に定着したが、5月26日の対北海道日本ハムファイターズ戦で、右足関節を捻挫。7月25日に一軍復帰するが、谷との併用が続いた。中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズでは第1戦で負傷した鈴木尚広に代わり第2戦から1番でスタメン出場。14打数7安打1打点の活躍でチームの日本シリーズ出場に貢献。日本シリーズにも出場し、第2戦では大沼幸二から同点適時打、第5戦は打線の7回の涌井秀章からの5連打の一人となったり、第6戦では帆足和幸からチーム唯一の得点となる適時打を放った。第7戦では5番を任され、初回に相手先発の西口文也が自身の打席で暴投し、先制点が入り、なおも1死2、3塁のチャンスだっただセカンドゴロに倒れ、得点できず、後続も倒れてしまった。2回に坂本勇人のソロ本塁打で2点にリードを広げるも、これ以降西武投手陣の継投の前に走者を出せず、8回に逆転され、日本一を逃した。第7戦は無安打に終わってしまい、前述の暴投で先制後のチャンスを逃したのが響く形となってしまったが、一定の活躍を見せた。翌年からは清水隆行の移籍により空いた背番号9'を着用することが決まった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たミズノ

    無駄な動きのない安定したスイングから「内角低目を事もなげに打ち返す」巧打が特徴。2009年には第二回WBCで同僚だった稲葉篤紀の打撃フォームを参考に25本塁打を記録するなど過去最高の結果を残した。だが、上述のように2010年から2012年にかけてスランプに陥ったが、それは「さらなる長打力を求めて上半身の筋トレに励んだ結果、筋肉のバランスを崩したことが原因」との一説もある。2013年シーズンからは長打へのこだわりを捨て、グリップの位置を下げてオープンスタンス気味に構え、フォームを一本足打法からすり足打法に変えたことで、低めの変化球にも対応できるようになったと言われている。バットはミズノ社製のグリップを細くしたイチローモデルを使用している。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た読売ジャイアンツ

    亀井 善行(かめい よしゆき、本名:亀井 義行(読み同じ)、1982年7月28日 - )は、奈良県大和郡山市出身のプロ野球選手(外野手、内野手 )。右投左打。読売ジャイアンツ所属。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た広島東洋カープ

    ''、1月に登録を外野手から内野手に変更。サードの開幕スタメンは新外国人のラスティ・ライアルに譲ったが、そのライアルの不調や他の野手の負傷が相次いだことなどで、徐々に出場機会が増えた。5月14日の対広島東洋カープ戦では、本塁打・三塁打・二塁打を打ち、あと単打を打てばサイクル安打達成となる活躍を見せた(第4打席で凡退し、サイクル安打ならず)。ところが、この試合前の練習中にノック打球の直撃を受けて右手薬指を骨折していたことが翌日に判明、チームを離脱した。6月11日に復帰して不振の坂本勇人に代わって1番でスタメン出場し、自身初の先頭打者本塁打を放った。しかし、一時は3割を記録していた打率もシーズン中盤以降急落。右翼手、中堅手、左翼手、一塁手、三塁手と守れるすべてのポジションでスタメン出場し、打順も1・2・6・7・8番を経験したが、定位置確保には至らなかった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た東都大学野球連盟

    東都の中央大学商学部に進学後は内野手(主に遊撃手)として1年春からレギュラーで出場。上級生になると外野手にコンバートされた。東都大学野球リーグでMVP1回・ベストナイン3回を受賞し、4年時には東都通算10人目の通算100安打を達成、主将として秋季リーグで25年ぶりの1部優勝に貢献した。日米大学野球選手権大会、世界大学野球選手権大会の日本代表にも選ばれ、銀メダルに貢献している。東都大学リーグ通算108試合出場、401打数101安打、打率.252、13本塁打、53打点。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たゴールデングラブ賞

    太字年はゴールデングラブ賞受賞年亀井義行 フレッシュアイペディアより)

99件中 21 - 30件表示

「亀井義行」のニューストピックワード