79件中 41 - 50件表示
  • 亀井義行

    亀井義行から見た横浜スタジアム

    初本塁打:2006年6月29日、対横浜ベイスターズ9回戦(横浜スタジアム)、5回表に山口俊から右越ソロ亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た右翼手

    、3月31日の横浜ベイスターズとの開幕戦に8番・右翼手で出場。3打数2安打4打点と活躍。6月29日には横浜山口俊からプロ入り初本塁打を放った。シーズン中盤に打撃不振に陥り、肋骨骨折など故障もあって矢野にレギュラーを奪回され2軍降格。141打数で四球5、出塁率.233と低迷した。オフの10?11月にはハワイ・ウィンターリーグに参加するなど、積極的に技術面やメンタル面の鍛錬を行っている。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た2009 ワールド・ベースボール・クラシック

    第2回WBCの代表に選出される。規定打席に達したことすらなかったものの、亀井の守備を高く評価していた高代延博コーチの強い推薦によるものだった。出場機会は多くなかったが、3試合の出場で1安打1犠打1盗塁を記録。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た2009年の日本シリーズ

    レギュラーシーズンでは1番・右翼手で開幕スタメンの座を得るも、当初は調子が上がらず谷と併用された。しかし、4月25日の対中日戦で左腕の岩瀬仁紀から代打逆転サヨナラ3ランを放つなど、調子を上げるにつれて投手の左右に関わらずスタメンで起用されるようになる。李承燁の不調により中盤からは5番に定着、以降は一塁手としての起用も多くなる。また「二の腕」をリラックスさせて小さく構えていたが、ラミレスなどからアドバイスを受け、大上段にバットを大きく構える打撃フォームに変更。6月下旬に25打席無安打、8月には28打席無安打とスランプを経験したが、シーズン25本塁打のうち18本塁打、74三振のうち50三振を7月以降に記録した。球団記録に並ぶ3本のサヨナラ本塁打を放ち、初の規定打席に到達。日本ハムとの日本シリーズでも第5戦での武田久からの同点本塁打が評価され、優秀選手賞を受賞し、日本一に貢献した。初のタイトルとなるゴールデングラブ賞を外野手として受賞した。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た三塁手

    は開幕から5番に起用されたものの前年の活躍から一転して不振に陥り、度重なる故障もあって3度の登録抹消を経験。ルーキー長野久義らの台頭もあって71試合の出場に留まり打率.185、5本塁打、17打点の成績でレギュラーシーズンを終えた。10月16日に出場選手登録されクライマックスシリーズに出場。11月6日、減額制限を上回る30%減の4200万円に同意して契約更改した。秋季練習では「たぐいまれな器用さがある」と評する原辰徳監督の勧めで三塁手に挑戦することが決まり、オフには実戦における守備練習の機会を求めオーストラリアン・ベースボールリーグメルボルンに参加した。現地では優秀選手に選ばれる格の違いをみせたものの、他の選手との兼ね合いもあり最初の1週間ほど全く予定にない二塁を守り、その間に三塁手のレギュラー争いに勝ち本来の練習の場を確保するというハードなものだった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た内野手

    亀井 善行(かめい よしゆき、本名:亀井 義行(読み同じ)、1982年7月28日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(外野手、内野手)。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た一塁手

    レギュラーシーズンでは1番・右翼手で開幕スタメンの座を得るも、当初は調子が上がらず谷と併用された。しかし、4月25日の対中日戦で左腕の岩瀬仁紀から代打逆転サヨナラ3ランを放つなど、調子を上げるにつれて投手の左右に関わらずスタメンで起用されるようになる。李承燁の不調により中盤からは5番に定着、以降は一塁手としての起用も多くなる。また「二の腕」をリラックスさせて小さく構えていたが、ラミレスなどからアドバイスを受け、大上段にバットを大きく構える打撃フォームに変更。6月下旬に25打席無安打、8月には28打席無安打とスランプを経験したが、シーズン25本塁打のうち18本塁打、74三振のうち50三振を7月以降に記録した。球団記録に並ぶ3本のサヨナラ本塁打を放ち、初の規定打席に到達。日本ハムとの日本シリーズでも第5戦での武田久からの同点本塁打が評価され、優秀選手賞を受賞し、日本一に貢献した。初のタイトルとなるゴールデングラブ賞を外野手として受賞した。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た遊撃手

    東都の中央大学(商学部)に進学後は内野手(主に遊撃手)に転向し、1年春からレギュラーで出場。上級生になると外野手にコンバートされた。東都大学野球リーグでMVP1回・ベストナイン3回を受賞し、4年時には東都通算10人目の通算100安打を達成、主将として秋季リーグで25年ぶりの1部優勝に貢献した。日米大学野球選手権大会、世界大学野球選手権大会の日本代表にも選ばれ、銀メダルに貢献している。東都大学リーグ通算108試合出場、401打数101安打、打率.252、13本塁打、53打点。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た野球

    奈良県大和郡山市出身。小学3年生で野球を始め、中学時代はボーイズリーグ「オール大和」のエースとして全国大会、ボーイズリーグ日本代表として世界大会を制覇。上宮太子高等学校では3年春にセンバツ出場。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た黄金魂

    湘南乃風『黄金魂』(2008年-2010年)亀井義行 フレッシュアイペディアより)

79件中 41 - 50件表示

「亀井義行」のニューストピックワード