99件中 51 - 60件表示
  • 亀井義行

    亀井義行から見た北海道日本ハムファイターズ

    '、谷佳知の不振により開幕6試合目で2番打者として起用されると、4月3日の中日戦で1番・高橋、3番・小笠原道大と共に川上憲伸から球団9年ぶりとなる3者連続本塁打を放ち、チームのシーズン初勝利に貢献。5月からは1番打者に定着したが、5月26日の対北海道日本ハムファイターズ戦で、右足関節を捻挫。7月25日に一軍復帰するが、谷との併用が続いた。中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズでは第1戦で負傷した鈴木尚広に代わり第2戦から1番でスタメン出場。14打数7安打1打点の活躍でチームの日本シリーズ出場に貢献。日本シリーズにも出場し、第2戦では大沼幸二から同点適時打、第5戦は打線の7回の涌井秀章からの5連打の一人となったり、第6戦では帆足和幸からチーム唯一の得点となる適時打を放った。第7戦では5番を任され、初回に相手先発の西口文也が自身の打席で暴投し、先制点が入り、なおも1死2、3塁のチャンスだっただセカンドゴロに倒れ、得点できず、後続も倒れてしまった。2回に坂本勇人のソロ本塁打で2点にリードを広げるも、これ以降西武投手陣の継投の前に走者を出せず、8回に逆転され、日本一を逃した。第7戦は無安打に終わってしまい、前述の暴投で先制後のチャンスを逃したのが響く形となってしまったが、一定の活躍を見せた。翌年からは清水隆行の移籍により空いた背番号9'を着用することが決まった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た阪神タイガース

    ''、2月26日の試合前練習中、内野ノックで捕球する際に右手に打球を受け、右手人差し指第一関節の骨折と診断される。その後手術を受け回復、5月17日の二軍戦で実戦復帰し、5月31日の対オリックス戦で一軍復帰。7番右翼手で先発出場すると0対0で迎えた延長12回表に馬原孝浩から決勝のソロ本塁打を放った。その後も右翼手のレギュラーとしてスタメン出場を続け、勝負強い打撃と守備でチームの勝利に貢献。チームを2度目の交流戦優勝に導き、交流戦MVPを獲得した。69試合の出場ながら3割近い打率を残した。クライマックスシリーズではファイナルステージで阪神と対戦。チームはストレートの4連敗で敗退したが、第3戦ではランディ・メッセンジャー、第4戦には能見篤史からそれぞれソロホームランを打つなど、不振だった打撃陣においてレスリー・アンダーソンと共に気を吐いた。オフの10月21日に、「日本プロ野球80周年記念試合」の阪神・巨人連合チームに選出された事が発表された亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た千葉ロッテマリーンズ

    ''、開幕から代打出場が多く、6月18日の千葉ロッテマリーンズ戦では逆転サヨナラ3ランをマークするなどしばしば殊勲のタイムリーを放った。後半戦からは左翼でのスタメン出場が多くなり、打率自体は平凡だったものの得点圏打率は3割後半の高打率を記録したこともあり前年の倍以上の打点をマークした。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た2009年

    入団当初から遠投115メートルの強肩と広い守備範囲を首脳陣から高く評価されており、特に肩の強さに関しては12球団トップクラスとも言われており、それは第2回WBC出場時にチームメイトとなったイチローからも称賛されるほどだった。スタメンに定着した2009年には外野手と一塁手で日替わりで出場し、2010年からは三塁手、二塁手としてもプレーしたが、2013年からは本人の希望で外野手としての出場に専念するようになった。走塁面では一塁到達3.87秒の俊足を誇るが、盗塁は企図・成功ともに少ない。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たナゴヤドーム

    初盗塁:2006年4月8日、対中日ドラゴンズ2回戦(ナゴヤドーム)、9回表に三盗(投手:岡本真也、捕手:谷繁元信)亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たアットホーム

    アットホームヒーロー・オブ・ザ・イヤー:1回 (2017年)亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た横浜スタジアム

    初本塁打:2006年6月29日、対横浜ベイスターズ9回戦(横浜スタジアム)、5回表に山口俊から右越ソロ亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た右翼手

    ''、3月31日の横浜ベイスターズとの開幕戦に8番・右翼手で出場し、3打数2安打4打点と活躍。6月29日の対横浜戦で山口俊からプロ入り初本塁打を放った。しかし65試合の出場にとどまり、打率も辛うじて2割を超える程度しか残せなかった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た三塁手

    ''、開幕から5番に起用されたものの前年の活躍から一転して不振に陥り、度重なる故障もあって3度の二軍落ちを経験。ルーキー長野久義が台頭した影響で71試合の出場に留まり、打率.185、5本塁打、17打点の成績に終わった。11月6日、減額制限を上回る30%減の年俸4200万円で契約更改した。秋季キャンプでは「たぐいまれな器用さがある」と評する原辰徳監督の意向で三塁手へのコンバートが決まり、実戦における守備練習の機会を求めオーストラリアン・ベースボールリーグにも参加した。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た横浜DeNAベイスターズ

    ''、3月31日の横浜ベイスターズとの開幕戦に8番・右翼手で出場し、3打数2安打4打点と活躍。6月29日の対横浜戦で山口俊からプロ入り初本塁打を放った。しかし65試合の出場にとどまり、打率も辛うじて2割を超える程度しか残せなかった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

99件中 51 - 60件表示

「亀井義行」のニューストピックワード