79件中 51 - 60件表示
  • 亀井義行

    亀井義行から見た日本代表

    東都の中央大学(商学部)に進学後は内野手(主に遊撃手)に転向し、1年春からレギュラーで出場。上級生になると外野手にコンバートされた。東都大学野球リーグでMVP1回・ベストナイン3回を受賞し、4年時には東都通算10人目の通算100安打を達成、主将として秋季リーグで25年ぶりの1部優勝に貢献した。日米大学野球選手権大会、世界大学野球選手権大会の日本代表にも選ばれ、銀メダルに貢献している。東都大学リーグ通算108試合出場、401打数101安打、打率.252、13本塁打、53打点。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たハワイ・ウィンターリーグ

    、3月31日の横浜ベイスターズとの開幕戦に8番・右翼手で出場。3打数2安打4打点と活躍。6月29日には横浜山口俊からプロ入り初本塁打を放った。シーズン中盤に打撃不振に陥り、肋骨骨折など故障もあって矢野にレギュラーを奪回され2軍降格。141打数で四球5、出塁率.233と低迷した。オフの10?11月にはハワイ・ウィンターリーグに参加するなど、積極的に技術面やメンタル面の鍛錬を行っている。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た世界大学野球選手権大会

    東都の中央大学(商学部)に進学後は内野手(主に遊撃手)に転向し、1年春からレギュラーで出場。上級生になると外野手にコンバートされた。東都大学野球リーグでMVP1回・ベストナイン3回を受賞し、4年時には東都通算10人目の通算100安打を達成、主将として秋季リーグで25年ぶりの1部優勝に貢献した。日米大学野球選手権大会、世界大学野球選手権大会の日本代表にも選ばれ、銀メダルに貢献している。東都大学リーグ通算108試合出場、401打数101安打、打率.252、13本塁打、53打点。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たズームイン!!サタデー

    に背番号を35に変更。1番打者候補と期待されたが、一軍出場はプロ入り後最少となる20試合にとどまった。中央大学の先輩の阿部慎之助、堀田一郎と、「ズームイン!!サタデー」内のコーナー『プロ野球熱ケツ情報』で「中3トリオ」を結成。亀井は「三男」という位置づけ。2005年シーズンオフに夫人と入籍。2006年8月11日に長男を授かる。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たジョージア魂賞

    は、三塁手として村田との競争が明言されるが、2月18日の広島とのオープン戦開幕戦で故障した長野に変わり、それまでキャンプで外野守備の練習を一度も行わなかったにも関わらず3番・右翼手で出場。3月10日には負傷した古城茂幸に代わり二塁手として出場した。開幕戦はベンチで迎える。二度目のスタメン出場となった4月8日の阪神戦で、小嶋達也から顔面に死球を受けた際に鼻骨骨折したが、登録は抹消されずにベンチ入りを続けていた。5月2日の広島戦では前進守備にもかかわらず、送球ミスによりランナーの本塁生還を許してしまい、これが原因となってチームは敗北。試合後には「あまりにも見苦しい守備。今日は一晩中寝れないくらい悔しがらないと駄目だね。」と原監督から厳しく叱責される。しかし、翌日の同カードでも前日と同じく7番・左翼で先発。八回裏・二死走者なしから決勝となる本塁打を放ち、勝利に貢献した。ヒーローインタビューでは涙ながらに「本当にすみませんって感じです」と語った。原監督は「まだまだ貸しはたくさんある」とコメント。このプレーが理由で5月のジョージア魂賞を受賞した。打率.236に対し長打率.409と長打力を発揮したものの、前述の故障や低出塁率が響き2010年を下回る60試合、117打席の出場に留まった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たクライマックスシリーズ

    は開幕から5番に起用されたものの前年の活躍から一転して不振に陥り、度重なる故障もあって3度の登録抹消を経験。ルーキー長野久義らの台頭もあって71試合の出場に留まり打率.185、5本塁打、17打点の成績でレギュラーシーズンを終えた。10月16日に出場選手登録されクライマックスシリーズに出場。11月6日、減額制限を上回る30%減の4200万円に同意して契約更改した。秋季練習では「たぐいまれな器用さがある」と評する原辰徳監督の勧めで三塁手に挑戦することが決まり、オフには実戦における守備練習の機会を求めオーストラリアン・ベースボールリーグメルボルンに参加した。現地では優秀選手に選ばれる格の違いをみせたものの、他の選手との兼ね合いもあり最初の1週間ほど全く予定にない二塁を守り、その間に三塁手のレギュラー争いに勝ち本来の練習の場を確保するというハードなものだった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たオーストラリアン・ベースボールリーグ

    は開幕から5番に起用されたものの前年の活躍から一転して不振に陥り、度重なる故障もあって3度の登録抹消を経験。ルーキー長野久義らの台頭もあって71試合の出場に留まり打率.185、5本塁打、17打点の成績でレギュラーシーズンを終えた。10月16日に出場選手登録されクライマックスシリーズに出場。11月6日、減額制限を上回る30%減の4200万円に同意して契約更改した。秋季練習では「たぐいまれな器用さがある」と評する原辰徳監督の勧めで三塁手に挑戦することが決まり、オフには実戦における守備練習の機会を求めオーストラリアン・ベースボールリーグメルボルンに参加した。現地では優秀選手に選ばれる格の違いをみせたものの、他の選手との兼ね合いもあり最初の1週間ほど全く予定にない二塁を守り、その間に三塁手のレギュラー争いに勝ち本来の練習の場を確保するというハードなものだった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見たボーイズリーグ

    奈良県大和郡山市出身。小学3年生で野球を始め、中学時代はボーイズリーグ「オール大和」のエースとして全国大会、ボーイズリーグ日本代表として世界大会を制覇。上宮太子高等学校では3年春にセンバツ出場。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た横浜DeNAベイスターズ

    初本塁打:2006年6月29日、対横浜ベイスターズ9回戦(横浜スタジアム)、5回表に山口俊から右越ソロ亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た中央大学硬式野球部

    東都の中央大学(商学部)に進学後は内野手(主に遊撃手)に転向し、1年春からレギュラーで出場。上級生になると外野手にコンバートされた。東都大学野球リーグでMVP1回・ベストナイン3回を受賞し、4年時には東都通算10人目の通算100安打を達成、主将として秋季リーグで25年ぶりの1部優勝に貢献した。日米大学野球選手権大会、世界大学野球選手権大会の日本代表にも選ばれ、銀メダルに貢献している。東都大学リーグ通算108試合出場、401打数101安打、打率.252、13本塁打、53打点。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

79件中 51 - 60件表示

「亀井義行」のニューストピックワード