36件中 21 - 30件表示
  • 日本ボクシングコミッション事件

    日本ボクシングコミッション事件から見た亀田史郎亀田史郎

    本部事務局長に就任後はコミッション改革に乗り出し、他国との交流を進めてJBCの国際的信用を高め、WBC総会に積極的に参加し、2年連続で同団体の最優秀事務局員に選ばれるなど、国際的な高評価を受けていた。ライセンス等の統括管理を可能とするシステムの開発・導入、就業規則の制定等を行い、暴力団排除に積極的に取り組み、ボクサーOBの警察官採用への橋渡しをし、女子ボクシングを導入、U-15にも積極的に関与した。亀田三兄弟の父・史郎が「安河内の首とったる」とすごんだ際には逆にセコンドライセンスの無期限停止処分を科し、JBC本部事務局長の持つ権限の強さを世間に示した。また、各地区事務局の事実上の独立採算制を解消し、本部が一手に管轄する体制を整えた。安河内のJBC財政再建策についてはJBC関係者が「JBCから事業の外部委託を受けていたボクシング関係者がいたが、安河内は無駄を省くためにその委託を打ち切ったことがあった」と明かしている。日本ボクシングコミッション事件 フレッシュアイペディアより)

  • 協栄ボクシングジム

    協栄ボクシングジムから見た亀田史郎亀田史郎

    2006年9月27日に行われた亀田大毅の試合後、判定結果を巡り、場外で観客同士の乱闘が発生。亀田史郎もこの乱闘に加担しようとし、関係者に止められた。この乱闘で、数人の観客が負傷して担架で運ばれるなどした。また、この試合はWBAのメンドサ会長も観戦しており、乱闘はメンドサ会長の近くで起こった。メンドサ会長はいち早く席を離れたため、怪我などは無かった。なお、史郎をはじめとする関係者は、会場となった後楽園ホールの所轄である警視庁富坂警察署から事情聴取を受けている。協栄ボクシングジム フレッシュアイペディアより)

  • 渡部あきのり

    渡部あきのりから見た亀田史郎亀田史郎

    「江戸乃牛若丸」のニックネームで当時ジムメイトだった亀田興毅や亀田大毅の前座を務め、2006年6月に正式に亀田史郎に弟子入り。練習メニューのほとんどを亀田兄弟と共にこなすようになる。リングネームを「牛若丸あきべぇ」に変更した。渡部あきのり フレッシュアイペディアより)

  • 新日本大阪ジム

    新日本大阪ジムから見た亀田史郎亀田史郎

    鈴木太一は、現役時代にオール拳ボクシングジム(現・オールボクシングジム)所属プロボクサーとして在籍していた。アマチュアの高校時代および大学時代の赤井英和が、在籍していたジムであり、当時から日本ランカーと激しいスパーリングをするなど練習を行っていた。亀田三兄弟の父でもある亀田史郎は当ジムでプロを目指し練習をしている時期があり、次男大毅も、1998年頃から、1年ほど練習生として在籍した後、練習生としてグリーンツダジムに移籍した。新日本大阪ジム フレッシュアイペディアより)

  • 北村昭博

    北村昭博から見た亀田史郎亀田史郎

    ロバート・デニーロやアル・パチーノが実践することで知られるメソッド演技法をアメリカで学んだ北村は、『ムカデ人間』のカツロー役で、今までにない日本人像を求める。リサーチをしていくなかで、ボクシングの亀田三兄弟の父親である亀田史郎とやくみつるがワイドショーで口論を繰り広げる動画をYouTubeで発見。インパクトのある関西弁を喋る亀田史郎をモデルにして、その役作りをした。『ムカデ人間』の脚本には台詞が書かれておらず、ほとんどが北村の即興だった。北村昭博 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市立新今宮小学校・今宮中学校

    大阪市立新今宮小学校・今宮中学校から見た亀田史郎亀田史郎

    亀田史郎 - ボクシングトレーナー大阪市立新今宮小学校・今宮中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 森友嵐士

    森友嵐士から見た亀田史郎亀田史郎

    プロボクサー亀田大毅が、2006年6月5日後楽園ホールでのプロ4戦目でTKO勝利後、リング上でT-BOLANの「Heart of Gold」を熱唱した。このとき亀田三兄弟の父・亀田史郎の招待で森友はリングサイドで試合を観戦した。森友が亀田家の面々と顔を会わせたのはこの日が初めてだったが、以後交流を深めていく。大毅は次の試合でKO勝ちした時もT-BOLANの曲を歌うことを明言していた通り、2006年8月20日のプロ5戦目でもKO勝利後、リング上で「Dear」を熱唱した。カラオケの時に使用されている金のマイクは明石家さんまから、金のマイクスタンドは木村拓哉から贈られたものである。森友嵐士 フレッシュアイペディアより)

  • 1965年

    1965年から見た亀田史郎亀田史郎

    5月22日 - 亀田史郎、ボクシングトレーナー1965年 フレッシュアイペディアより)

  • やくみつる

    やくみつるから見た亀田史郎亀田史郎

    2006年8月2日に亀田史郎の長男の興毅がWBAライトフライ級世界タイトル戦で判定勝利した後、疑惑の判定との声が多く寄せられたために父・史郎が同月7日放送のテレビ朝日系列の朝の情報番組・スーパーモーニングに出演し、ガッツ石松とやくとの公開討論を行い判定の批判への不満を露わにした。史郎はガッツに対して抗議をしていたものの途中でやくに「そんであの、おたく」と呼ぶとやくは「おたくじゃない、やくさんと言いな。俺には名前があるんだ」と言うと(史郎の息子らに対する躾がなっていないとして)「これでカメをしばっとき」と、凧糸を渡した。凧糸を渡された史郎は床に捨てるとやくは「人の土産それはないよな」「これ腹立つやろ、腹立つやろ。あんたの倅はこれと同じことやっとるんや」と長男・興毅の試合前に行っている対戦相手へのパフォーマンスを批判する。その後も史郎がそれらの言動に激怒するも「オッサンの教育のためにやってきた」「まずは口のきき方を教えてやった方がいい」「安っぽいメロドラマを見せないでほしい」「あんな1時間半にも渡ってダラダラダラダラパフォーマンスを見せらるのが嫌じゃ」などの挑発を繰り返した。その後挑発された史郎はやくに対して「オモテでるか?」「このままで済むと思ったらアカンぞ」と恫喝的な言葉を発した。やくみつる フレッシュアイペディアより)

  • 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!

    絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!から見た亀田史郎亀田史郎

    ENTRY No.2 - 亀田史郎(出演OK)絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時! フレッシュアイペディアより)

36件中 21 - 30件表示

「亀田史郎」のニューストピックワード