前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
153件中 1 - 10件表示
  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    【プロボクシング】WBAフライ級タイトルマッチで挑戦者の亀田大毅チャンピオンのデンカオセーン・カオウィチットを3-0の判定で下しWBCフライ級王者の亀田興毅と日本初の兄弟世界王者を達成。2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 和毅

    亀田和毅から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    亀田三兄弟の三男で、亀田興毅・亀田大毅は実兄、亀田姫月は実妹。実父は亀田史郎。亀田和毅 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    8月2日 - WBAライトフライ級の亀田興毅、判定で世界王座獲得。2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • アンセルモ・モレノ

    アンセルモ・モレノから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅が休養王者から正規王者に戻ることアンセルモ・モレノ フレッシュアイペディアより)

  • 複数階級制覇 (ボクシング)

    複数階級制覇 (ボクシング)から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    日本ジム所属の世界王者では、亀田興毅の3階級制覇が最高で、2階級制覇のファイティング原田、柴田国明、井岡弘樹、畑山隆則、ホルヘ・リナレス、粟生隆寛、長谷川穂積、井岡一翔と合わせて9選手が複数階級制覇を達成している。暫定王座とあわせての2階級を制覇した戸高秀樹を含めれば10選手となる。このうち、原田はまだ8階級しかなかった時代にフライ級とバンタム級を制覇している。また、長谷川の場合はバンタム級とフェザー級、亀田はフライ級とバンタム級という連続しない2階級で王座を獲得している。4階級以上を制覇した日本のジムの選手はいまだ現れていない。複数階級制覇 (ボクシング) フレッシュアイペディアより)

  • 森友嵐士

    森友嵐士から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    2006年 8月2日に横浜アリーナで行われた、ボクシング「亀田興毅×ファン・ランダエタ」のWBA世界ライトフライ級王座決定戦(観衆1万5000人)の前で国歌独唱をした。その時の視聴率(20時53分)は41.2%を記録。森友嵐士 フレッシュアイペディアより)

  • たむらけんじ

    たむらけんじから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    2008年3月22日に行われた亀田興毅の復帰戦で「炭火焼肉たむら」が亀田のスポンサーについた。たむらけんじ フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    WBCよりポンサクレックとの王座統一戦を行うことが義務付けられていたが、前述の熊戦の負傷の影響で延期が認められた。それを受け、ポンサクレックは8月28日に母国で升田貴久(三迫)を相手に初防衛戦を行い、6回TKO勝ちで防衛成功。一方の内藤も統一戦の前に防衛戦を1試合行うことを認められ、11月29日、兼ねてから因縁深かった元WBA世界ライトフライ級王者亀田興毅(亀田大毅の兄)と対戦。試合は2Rに興毅の左ストレートが内藤の鼻を捉え、このパンチ以降鼻からの断続的な出血を強いられることとなる。その後も終始、パンチを当てては距離を置くアウトボクシングをする興毅を内藤が追い続ける展開となった。結局、興毅を捉えきれず0-3の判定で敗れて王座から陥落した(参照)。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • グリーンツダボクシングクラブ

    グリーンツダボクシングクラブから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    2005年4月11日、所属選手の亀田興毅が移籍を希望していたことに対し、最低落札額3000万円からの入札移籍を本人確認のないまま公表。これに対し亀田が不満を持ち、JBCに相談。JBCから本人の意思を重視するように指示を受け入札は取りやめたが、協栄ジムが3000万の移籍金を払い亀田は移籍した。グリーンツダボクシングクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 大毅

    亀田大毅から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    亀田三兄弟の次男で、亀田興毅の弟であり、亀田和毅・亀田姫月の兄である。かつては父の亀田史郎がトレーナーを務めていた。亀田大毅 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
153件中 1 - 10件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード