前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
180件中 1 - 10件表示
  • 2014年のスポーツ

    2014年のスポーツから見た亀田興毅亀田興毅

    4日 - 【ボクシング】 亀田興毅がJBCに亀田ジムからUNITED BOXING GYMへの移籍を申請した。2014年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見た亀田興毅亀田興毅

    【プロボクシング】WBAフライ級タイトルマッチで挑戦者の亀田大毅チャンピオンのデンカオセーン・カオウィチットを3-0の判定で下しWBCフライ級王者の亀田興毅と日本初の兄弟世界王者を達成。2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 亀田和毅

    亀田和毅から見た亀田興毅亀田興毅

    亀田三兄弟の三男で、亀田興毅・亀田大毅は実兄、亀田姫月は実妹。実父は亀田史郎。亀田和毅 フレッシュアイペディアより)

  • グリーンツダボクシングクラブ

    グリーンツダボクシングクラブから見た亀田興毅亀田興毅

    2005年4月11日、所属選手の亀田興毅が移籍を希望していたことに対し、最低落札額3000万円からの入札移籍を本人確認のないまま公表。これに対し亀田が不満を持ち、JBCに相談。JBCから本人の意思を重視するように指示を受け入札は取りやめたが、協栄ジムが3000万の移籍金を払い亀田は移籍した。グリーンツダボクシングクラブ フレッシュアイペディアより)

  • ファン・ランダエタ

    ファン・ランダエタから見た亀田興毅亀田興毅

    2006年8月2日、2階級制覇を懸けWBA世界ライトフライ級王座決定戦に出場。亀田興毅と対戦し、1度のダウンを奪う健闘を見せるも、僅差の12回判定負け。しかし、この試合は開催国となった日本からも「ランダエタが勝っていた」という声が多く聞かれるほどの社会問題にまで発展。帰国後、日本のファンから母国の日本大使館を通じて判定に対する謝罪や激励のメールが数多く送られた。12月20日、亀田と再戦したが、今度は今までのKO狙いとは違う亀田のアウトボクシングに調子を狂わされ、12回判定で完敗。ファン・ランダエタ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た亀田興毅亀田興毅

    8月2日 - WBAライトフライ級の亀田興毅、判定で世界王座獲得。2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 亀田三兄弟

    亀田三兄弟から見た亀田興毅亀田興毅

    亀田三兄弟(かめださんきょうだい)は、実父である亀田史郎がトレーナーを務めていた兄弟であり、亀田興毅・亀田大毅・亀田和毅の3人を指す。単に亀田兄弟と呼ばれることも多い。大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。亀田三兄弟 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田大毅

    亀田大毅から見た亀田興毅亀田興毅

    亀田三兄弟の次男で、亀田興毅の弟であり、亀田和毅・亀田姫月の兄である。かつては父の亀田史郎がトレーナーを務めていた。亀田大毅 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た亀田興毅亀田興毅

    WBCよりポンサクレックとの王座統一戦を行うことが義務付けられていたが、前述の熊戦の負傷の影響で延期が認められた。それを受け、ポンサクレックは8月28日に母国で升田貴久(三迫)を相手に初防衛戦を行い、6回TKO勝ちで防衛成功。一方の内藤も統一戦の前に防衛戦を1試合行うことを認められ、11月29日、兼ねてより因縁深かった元WBA世界ライトフライ級王者亀田興毅と対戦。試合は2Rに興毅の左ストレートが内藤の鼻を捉え、このパンチ以降鼻からの断続的な出血を強いられることとなる。その後アウトボクシングをする興毅を内藤が追い続ける展開となったが、興毅を捉えきれず0-3の判定で敗れて王座から陥落した(参照)。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 河野公平

    河野公平から見た亀田興毅亀田興毅

    2014年9月5日、WBAは元世界3階級制覇王者でWBA世界スーパーフライ級2位の亀田興毅との指名試合の入札を同月17日の午前11時にパナマのWBA本部で行うと通達を出した。河野公平 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
180件中 1 - 10件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード