180件中 11 - 20件表示
  • アンセルモ・モレノ

    アンセルモ・モレノから見た亀田興毅亀田興毅

    ただしアンセルモ・モレノがWBC世界スーパーバンタム級王者アブネル・マレスに敗れ王座獲得に失敗した場合、アンセルモ・モレノはWBA世界バンタム級スーパー王者としてバンタム級に留まり、2012年12月4日に大阪のボディメーカーコロシアムで亀田興毅とウーゴ・ルイスの間で行われる王座統一戦の勝者にWBA世界バンタム級スーパー王者アンセルモ・モレノとの対戦指令が発せられること。アンセルモ・モレノ フレッシュアイペディアより)

  • 森友嵐士

    森友嵐士から見た亀田興毅亀田興毅

    2006年8月2日に横浜アリーナで行われた、ボクシング「亀田興毅×ファン・ランダエタ」のWBA世界ライトフライ級王座決定戦(観衆1万5000人)の前で国歌独唱をした。その時の視聴率(20時53分)は41.2%を記録。森友嵐士 フレッシュアイペディアより)

  • ガッツファイティング

    ガッツファイティングから見た亀田興毅亀田興毅

    協栄ジム初代会長金平正紀の死去に伴い1999年に放送休止(「ガッツファイティング」興行及び世界戦中継は継続)。その後、亀田興毅のデビュー第4戦より不定期ながら「深夜ボクシング」として復活。協栄に移籍した2005年には「MIDNIGHT BOXING」として放送。ガッツファイティング フレッシュアイペディアより)

  • 日本ボクシングコミッション

    日本ボクシングコミッションから見た亀田興毅亀田興毅

    次に、2007年3月24日に行われた、亀田興毅対エベラルド・モラレス戦においてレフェリーを務めた浦谷信彰に対し史郎トレーナーが暴言を吐き、浦谷がライセンス停止を含む厳正な処分を求める要望書を提出、これについて史郎トレーナーが謝罪したためJBCは厳重注意処分となった。日本ボクシングコミッション フレッシュアイペディアより)

  • 浪速の闘拳

    浪速の闘拳から見た亀田興毅亀田興毅

    浪速の闘拳 フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム

    スター・システムから見た亀田興毅亀田興毅

    亀田興毅、亀田大毅、亀田和毅ら「亀田三兄弟」は、TBSの演出を受けてスターとなっている。タイトルマッチではなく、招聘禁止選手との試合でもゴールデンタイム・プライムタイムで試合が放送され、彼らを紹介するドキュメンタリー番組なども制作された。スター・システム フレッシュアイペディアより)

  • 武藤なみ

    武藤なみから見た亀田興毅亀田興毅

    ボクシングWBC世界フライ級王者内藤大助と挑戦者亀田興毅の世界戦(2009/11/29、さいたまスーパーアリーナ)のラウンドガールに選出される。武藤なみ フレッシュアイペディアより)

  • エベラルド・モラレス

    エベラルド・モラレスから見た亀田興毅亀田興毅

    その後2戦後、2007年3月24日、日本初登場。両国国技館にて亀田興毅と対戦するも10回判定負け。エベラルド・モラレス フレッシュアイペディアより)

  • ノエル・アランブレット

    ノエル・アランブレットから見た亀田興毅亀田興毅

    2005年11月26日、亀田興毅と対戦し7RTKOで、プロ初のKO負けを喫する。ノエル・アランブレット フレッシュアイペディアより)

  • 増田信晃

    増田信晃から見た亀田興毅亀田興毅

    嘉陽戦の後、練習・試合から遠ざかり、実質引退状態となる。また、この引退期間中(2008年2月)に亀田興毅陣営から対戦オファーを受けたが、増田が所属する駿河ジムの会長は「全くジムにも練習に来ていないので受けられない」と返事し亀田戦を拒否した。増田信晃 フレッシュアイペディアより)

180件中 11 - 20件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード