153件中 11 - 20件表示
  • ファン・ランダエタ

    ファン・ランダエタから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    2006年8月2日、2階級制覇を懸けWBA世界ライトフライ級王座決定戦に出場。亀田興毅と対戦し、1度のダウンを奪う健闘を見せるも、僅差の12回判定負け。しかし、この試合は開催国となった日本からも「ランダエタが勝っていた」という声が多く聞かれるほどの社会問題にまで発展。帰国後、日本のファンから母国の日本大使館を通じて判定に対する謝罪や激励のメールが数多く送られた。12月20日、亀田と再戦したが、今度は相手のアウトボクシングの前に12回判定で完敗。ファン・ランダエタ フレッシュアイペディアより)

  • 日本ボクシングコミッション

    日本ボクシングコミッションから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    次に、2007年3月24日に行われた、亀田興毅対エベラルド・モラレス戦においてレフェリーを務めた浦谷信彰に対し史郎トレーナーが暴言を吐き、浦谷がライセンス停止を含む厳正な処分を求める要望書を提出、これについて史郎トレーナーが謝罪したためJBCは厳重注意処分となった。日本ボクシングコミッション フレッシュアイペディアより)

  • 浪速乃闘拳

    浪速乃闘拳から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    浪速乃闘拳 フレッシュアイペディアより)

  • 浪速の闘拳

    浪速の闘拳から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    浪速の闘拳 フレッシュアイペディアより)

  • 浦谷信彰

    浦谷信彰から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    2007年3月24日の亀田興毅 vs. エベラルド・モラレス戦で、興毅の父である亀田史郎から猛抗議、さらに暴言を吐かれた。その後、亀田サイドに厳重注意が下され、謝罪文が送られた。浦谷信彰 フレッシュアイペディアより)

  • レアレア

    レアレアから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    M-1グランプリ2004・2006に出場し、準決勝まで勝ちあがる。2005年までは通常の正統派漫才を中心のネタを行っていたが、2006年の亀田ブームを境に両者が亀田親子(亀田史郎・亀田興毅)のモノマネを中心に芸の幅を広げるようになった。レアレア フレッシュアイペディアより)

  • 全日本実業団ボクシング選手権大会

    全日本実業団ボクシング選手権大会から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅(2002年・2003年フライ級優勝)全日本実業団ボクシング選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム

    スター・システムから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅、亀田大毅、亀田和毅ら「亀田三兄弟」は、TBSの演出を受けてスターとなっている。タイトルマッチではなく、招聘禁止選手との試合でもゴールデンタイム・プライムタイムで試合が放送され、彼らを紹介するドキュメンタリー番組なども制作された。スター・システム フレッシュアイペディアより)

  • 女芸人手作りバトル

    女芸人手作りバトルから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    ゲストはオードリー・亀田興毅(2品選択)・中澤佑二・東山紀之。他に女芸人や番組メンバーへのドッキリが盛り込まれており、虻川の恋人(イタリア料理店オーナーシェフ)、梶原の自宅から中継して妻・子供達と母が出演した。また板倉の恋人(一般人)の存在が暴露され、彼女が作ったケーキも参加した。オードリー春日俊彰の母親が作ったケーキも参加。はるながニューハーフの世界コンテスト「ミス・インターナショナルクイーン」で競った2位のタイ人ニューハーフがサプライズで登場した。女芸人手作りバトル フレッシュアイペディアより)

  • 三浦唯歌

    三浦唯歌から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    その後、頭を丸刈りにして亀田興毅の物真似を多く演じている。三浦唯歌 フレッシュアイペディアより)

153件中 11 - 20件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード