180件中 21 - 30件表示
  • 休養王座

    休養王座から見た亀田興毅亀田興毅

    国際ボクシング連盟(IBF)ではテロン・ミレット、世界ボクシング評議会 (WBC) ではロイ・ジョーンズ・ジュニア、エドウィン・バレロ、ミッケル・ケスラー、イスラエル・バスケス、ティモシー・ブラッドリー、エリオ・ロハス、世界ボクシング協会 (WBA) ではノエル・アランブレット、トラヴィス・シムズ、ルスラン・チャガエフ、ブライム・アスロウム、クリス・ジョン、アンセルモ・モレノ、ファン・カルロス・レベコ、清水智信、亀田興毅らの事例を生んでいる。これらの事例によれば、暫定王者(ファン・カルロス・レベコ)・スーパー王者(クリス・ジョン)が休養王者と認定されることもあり、WBAルールの条文で言及されているように休養王者の状態から返上や剥奪を余儀なくされることもある(イスラエル・バスケスなど)。ミッケル・ケスラーやビタリ・クリチコなどの事例では、休養王者と名誉王者 () がしばしば混同される。休養王座 フレッシュアイペディアより)

  • 公開採点制度

    公開採点制度から見た亀田興毅亀田興毅

    だが、2006年8月2日の亀田興毅vsファン・ランダエタ戦など判定を巡るトラブルが目立つようになり、観戦側にもより分かりやすくなるようなシステムが求められた。これを受けて世界ボクシング評議会(WBC)が採用に踏み切り、2006年11月13日の世界ダブルタイトルマッチ(長谷川穂積 vs. ヘナロ・ガルシア、イーグル京和 vs. ロレンソ・トレホ)よりタイトルマッチでの公開採点制度が運用された。しかし、この制度は専門家からさまざまなメリット・デメリットが指摘されている。公開採点制度 フレッシュアイペディアより)

  • 原田めぐみ

    原田めぐみから見た亀田興毅亀田興毅

    2007年7月中旬、亀田興毅、大毅の異種スパーリングに参加。原田めぐみ フレッシュアイペディアより)

  • 浪速乃闘拳

    浪速乃闘拳から見た亀田興毅亀田興毅

    浪速乃闘拳 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池伸之

    菊池伸之から見た亀田興毅亀田興毅

    2006年8月2日、WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ「亀田興毅vsファン・ランダエタ」菊池伸之 フレッシュアイペディアより)

  • 戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち

    戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たちから見た亀田興毅亀田興毅

    その他:大竹修造、亀田興毅、亀田大毅、亀田和毅、亀田姫月 ほか戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち フレッシュアイペディアより)

  • ラウンドガール

    ラウンドガールから見た亀田興毅亀田興毅

    変わった例として、2010年3月27日のWBC世界フライ級タイトルマッチ、亀田興毅対ポンサクレック・ウォンジョンカム戦でラウンドガールを務めた佐藤かよが挙げられる。佐藤は性別的には男性だが、この試合ではラウンドガールとして仕事を行った。ラウンドガール フレッシュアイペディアより)

  • 指名試合

    指名試合から見た亀田興毅亀田興毅

    2008年のWBA世界フライ級王者は坂田健史で、ランク1位は亀田興毅であった。それまで協栄ボクシングジムの同門であったこともあり対戦は実現しなかったが、亀田が独立して同門でなくなったため障害が取り払われた。しかし、亀田がWBC同級王者内藤大助との対戦を熱望するなどして実現に至らず、WBAは指名挑戦者を2位(後に1位)のデンカオセーン・シンワンチャーとして12月31日に対戦することとなった。指名試合 フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・ロサス

    ダニエル・ロサスから見た亀田興毅亀田興毅

    2010年11月17日、後に亀田興毅に世界挑戦するマリオ・マシアスと対戦し、4回にロサスがキャリア初ダウンを奪われるも5回にダウンを奪い返して反撃。最終8回にはダメ押しのダウンを奪い3-0(76-73、2者が77-72)の判定勝ちを収めた。ダニエル・ロサス フレッシュアイペディアより)

  • 平山陽

    平山陽から見た亀田興毅亀田興毅

    同年10月TBS発売の亀田興毅DVD「亀田興毅伝説!! 〜浪速乃闘拳 世界への軌跡・第一章〜」に構成作家として参加。平山陽 フレッシュアイペディアより)

180件中 21 - 30件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード