180件中 31 - 40件表示
  • ボンジュ〜ル!おめめちゃん

    ボンジュ〜ル!おめめちゃんから見た亀田興毅亀田興毅

    第1・2・3回 亀田興毅(2011年4月3日・4月10日・4月17日)ボンジュ〜ル!おめめちゃん フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム (スポーツ)

    スター・システム (スポーツ)から見た亀田興毅亀田興毅

    亀田興毅、亀田大毅、亀田和毅ら「亀田三兄弟」は、TBSテレビで多く取り上げられた。タイトルマッチではなく、招聘禁止選手との試合でもゴールデンタイム・プライムタイムで試合が放送され、彼らを紹介するドキュメンタリー番組なども制作された。スター・システム (スポーツ) フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木左之介

    佐々木左之介から見た亀田興毅亀田興毅

    2012年4月4日、横浜アリーナで行われた亀田興毅・清水智信ダブル世界戦の前座として米澤重隆と3度目の対戦を勝利。佐々木左之介 フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・サンチェス

    デビッド・サンチェスから見た亀田興毅亀田興毅

    2010年11月25日、後に亀田興毅に挑戦をするマリオ・マシアスと対戦し、8回1-2(2者が75-77、77-75)の判定負けを喫した。デビッド・サンチェス フレッシュアイペディアより)

  • 浦谷信彰

    浦谷信彰から見た亀田興毅亀田興毅

    2007年3月24日の亀田興毅 vs. エベラルド・モラレス戦で、興毅の父である亀田史郎から猛抗議、さらに暴言を吐かれた。その後、亀田サイドに厳重注意が下され、謝罪文が送られた。浦谷信彰 フレッシュアイペディアより)

  • 米澤重隆

    米澤重隆から見た亀田興毅亀田興毅

    2012年4月4日 - 横浜アリーナにて行われた亀田興毅・清水智信ダブル世界戦の前座として佐々木左之介と3度目の対戦にて2-1判定負け。米澤重隆 フレッシュアイペディアより)

  • レアレア

    レアレアから見た亀田興毅亀田興毅

    M-1グランプリ2004・2006に出場し、準決勝まで勝ちあがる。2005年までは通常の正統派漫才を中心のネタを行っていたが、2006年の亀田ブームを境に両者が亀田親子(亀田史郎・亀田興毅)のモノマネを中心に芸の幅を広げるようになった。レアレア フレッシュアイペディアより)

  • ドローレス・ビダル

    ドローレス・ビダルから見た亀田興毅亀田興毅

    2005年10月29日、アレハンドロ・エルナンデスに2RTKO負け。2008年8月29日、イサック・ブストス(メキシコ)に0-3の8R判定負け。2009年には初めて日本に遠征し、3月4日に行われたさいたまスーパーアリーナでの10回戦でWBCフライ級20位として亀田興毅と戦ったが、2RKO負けをした。ドローレス・ビダル フレッシュアイペディアより)

  • ホームタウンディシジョン

    ホームタウンディシジョンから見た亀田興毅亀田興毅

    2006年8月2日、日本・横浜で開催されたWBA世界ライトフライ級王座決定戦、亀田興毅(日本・協栄=当時) vs. ファン・ランダエタ(ベネズエラ)戦。亀田はダウンを奪われるなど苦戦を強いられたが、判定勝ちを収め新王者となる。それまでの亀田の態度やマスメディアにおける過剰な扱いなどと相まって、日本国内でも若年層を中心に多くの批判・非難の声が上がった。一方、ランダエタに対しては「あなたが勝っていた」という声が日本国内からも多く挙がり、ベネズエラの日本大使館を通じてファンからの激励のメールや手紙が多く寄せられた。ホームタウンディシジョン フレッシュアイペディアより)

  • TBSラジオ ボクシング中継

    TBSラジオ ボクシング中継から見た亀田興毅亀田興毅

    その後も1970年代前半から中期頃のブランクをはさみつつ、具志堅用高らの世界戦中継を実施。1998年を最後に途絶えた時期もあったが、2006年8月2日には『WBA亀田興毅vsファンランダエタ実況中継』として8年ぶりに実況中継(解説:川島郭志、実況:新タ悦男)。その後も亀田または内藤大助の出場する試合を不定期で中継している。中継は基本的にMBSラジオとの2局ネットで放送。TBSラジオ ボクシング中継 フレッシュアイペディアより)

180件中 31 - 40件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード