153件中 41 - 50件表示
  • 亀田 姫月

    亀田姫月から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    1999年、大阪府で生まれる。父は元ボクシングトレーナーの亀田史郎。4人きょうだいの末っ子で、兄は「亀田三兄弟」として有名な亀田興毅、亀田大毅、亀田和毅である。両親は2003年に離婚している。名前は父が命名したもので、「女の子は家族にとってお姫様」との思いが込められており、きょうだい全員の名前を「き」で締めたかった為、字画の合う「月」をあてた。亀田姫月 フレッシュアイペディアより)

  • 離したくはない

    離したくはないから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    プロボクサーの亀田大毅がファンクラブイベントで熱唱したという。亀田興毅もコーラスで参加し、一番好きな曲といったそうである。また、亀田大毅は2006年6月5日後楽園ホールでのプロ4戦目(8回戦)で5RTKO勝ちした後にリング上でも「Heart of Gold」を熱唱している。他に次長課長のコント「明け方のスナックのママと客」のネタにもなっていたりする。離したくはない フレッシュアイペディアより)

  • 移籍

    移籍から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    プロボクシングでは、ジム移籍について日本ボクシングコミッション(JBC)は特別な規定は設けておらず、ジム間の合意の上でJBCに移籍届を提出して認可されれば成立する。ただし特別な事情がある場合はJBCが介入した上で移籍に至る(最近では亀田興毅がグリーンツダジムから移籍するに当たりJBCに申し立てを行い協栄ジムへ移籍した事例がある)。移籍に当たっては移籍金が発生するが、移籍元ジムと選手、移籍先ジムの間による合意の上で金額が決まる。移籍先ジムが定まらず、自身でジムを探す場合はフリーエージェントとなり移籍金は発生しない。移籍 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡亮

    片岡亮から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    格闘技取材においては、かねてから熱心なボクシングファンであることから、近年はプロボクシングに強く、特に亀田三兄弟に関してはデビュー間もない2004年から問題を指摘した批判記事を書いており、夕刊フジでも同様の記事や連載コラムを配信、さらにテレビのニュース番組、ワイドショー番組にも多数出演し事態の内幕を語っている。そのため、亀田家からは名指しで取材拒否を受けているが、 亀田興毅が2度目の世界タイトルマッチを延期したことや、暫定タイトルマッチ出場の計画があったことなど独占スクープも多い。また、自身のブログの「拳論」もボクシングファンから高いアクセス数を誇り、コメント数が掲示板のような役割を果たすようにまでなっている。片岡亮 フレッシュアイペディアより)

  • ウーゴ・ルイス

    ウーゴ・ルイスから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    2012年1月27日、正規王者亀田興毅との指名試合に向けた話し合いが決裂。ウーゴ・ルイス フレッシュアイペディアより)

  • たかじんONE MAN

    たかじんONE MANから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    放送当日に収録するため、最新の話題にも触れたことがある。2006年8月2日にプロボクサー亀田興毅の初の世界戦の際、毎日放送がTBSの系列局であったこともあり、アナウンサーが事前に試合開始時刻を明かした(番組開始は7時24分頃、試合開始は8時50分頃、KOなど早期決着など想定して後番組も柔軟に対応している旨)。たかじんONE MAN フレッシュアイペディアより)

  • 島田紳助の想い出オークション

    島田紳助の想い出オークションから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    2回目ゲスト:オードリー、亀田興毅、徳光和夫、長嶋一茂、藤本美貴、魔裟斗、山本モナ島田紳助の想い出オークション フレッシュアイペディアより)

  • 木下達生

    木下達生から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    入団当時は亀田興毅に似ていることを売りにしていた。しかし、同僚だった小笠原道大からは「お前はピエロだ」と言われ、高校時代の監督にも窘められたことから亀田パフォーマンスを封印した。木下達生 フレッシュアイペディアより)

  • 休養王座

    休養王座から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    国際ボクシング連盟(IBF)ではテロン・ミレット、世界ボクシング評議会 (WBC) ではロイ・ジョーンズ・ジュニア、エドウィン・バレロ、ミッケル・ケスラー、イスラエル・バスケス、ティモシー・ブラッドリー、エリオ・ロハス、世界ボクシング協会 (WBA) ではノエル・アランブレット、トラヴィス・シムズ、ルスラン・チャガエフ、ブライム・アスロウム、クリス・ジョン、アンセルモ・モレノ、ファン・カルロス・レベコ、清水智信、亀田興毅らの事例を生んでいる。これらの事例によれば、暫定王者(ファン・カルロス・レベコ)・スーパー王者(クリス・ジョン)が休養王者と認定されることもあり、WBAルールの条文で言及されているように休養王者の状態から返上や剥奪を余儀なくされることもある(イスラエル・バスケスなど)。ミッケル・ケスラーやビタリ・クリチコなどの事例では、休養王者と名誉王者 () がしばしば混同される。休養王座 フレッシュアイペディアより)

  • 5LDK

    5LDKから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    第118回 2011年6月23日 亀田興毅5LDK フレッシュアイペディアより)

153件中 41 - 50件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード