153件中 61 - 70件表示
  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    小笠原道大と同点(100打点)で、自身初となる打点王のタイトルを獲得した。三冠王を狙える位置にいたが、本塁打は小笠原に1本及ばず、打率は松中信彦に9厘及ばずにどちらも2位だった。8月7日の対日本ハム戦で木下達生から2ラン本塁打を放ち、木下が亀田興毅に似ていることから、8月2日のボクシング世界戦の亀田対ランダエタ戦での借りを返したという報道があった(カブレラとランダエタはベネズエラの同郷だったため)。なお、ボクシングの試合の翌日である3日には、報道陣に対して「アンビリーバブルな判定だ!」と声を荒らげていたが、「知り合いなのか?」と記者団に聞かれると「実は全然知らない」と苦笑していた。シーズン中、スポーツ紙でたびたび移籍を考える発言をし、巨人や中日といったセ・リーグの球団に売り込むような発言が目立ったが、2007年の9月に「契約がまとまれば生涯西武でもいい、またこのチームで現役を終えたい」など以前の確執は解消されたような報道がされた。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • TBSラジオ ボクシング中継

    TBSラジオ ボクシング中継から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    その後も1970年代前半から中期頃のブランクをはさみつつ、具志堅用高らの世界戦中継を実施。1998年を最後に途絶えた時期もあったが、2006年8月2日には『WBA亀田興毅vsファンランダエタ実況中継』として8年ぶりに実況中継(解説:川島郭志、実況:新タ悦男)。その後も亀田または内藤大助の出場する試合を不定期で中継している。中継は基本的にMBSラジオとの2局ネットで放送。TBSラジオ ボクシング中継 フレッシュアイペディアより)

  • サマン・ソーチャトロン

    サマン・ソーチャトロンから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    2005年6月20日、日本で3度目の試合。後楽園ホールで亀田興毅と対戦し、初回KO負け。この試合を最後に引退した。サマン・ソーチャトロン フレッシュアイペディアより)

  • ZEUS (プロレスラー)

    ZEUS (プロレスラー)から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅似の顔立ちと大阪出身で関西弁のためにミラクルマンとの抗争で「亀田ゼウス」に改名させられそうになったが、試合に勝利しリングネームを死守した。そのためハッスルでは「亀田」と呼ばれることが多々ある。ZEUS (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • プロボクシング・世界チャンピオン会

    プロボクシング・世界チャンピオン会から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    特別賞:亀田興毅(亀田)、井岡一翔(井岡)プロボクシング・世界チャンピオン会 フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    2010年3月27日、日本の有明コロシアムにて前年11月に内藤を破って正規王座を獲得したWBC世界フライ級正規王者亀田興毅(日本)と王座統一戦を行い、2-0(116-112、115-112、114-114)の判定勝ちを収めて2度目の防衛と王座統一に成功し、約2年8ヶ月ぶりの正規王座復帰を果たした 。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • 久保賢司

    久保賢司から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    2012年9月4日、角海老宝石ボクシングジムにてプロボクシング転向を表明。9月18日にプロテストを受験し、11月9日の後楽園ホールにてWBAバンタム級ランカーで同年4月に亀田興毅が持つ同王座に挑戦したノルディ・マナカネ(インドネシア)とのデビュー戦を戦い、3-0(60?58、59?55、60?54)の判定勝ちを収めた。久保賢司 フレッシュアイペディアより)

  • ゲームレコードGP

    ゲームレコードGPから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    佐野実や亀田興毅などのモノマネをしながらプレイすることがある。ゲームレコードGP フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ビロリア

    ブライアン・ビロリアから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    2006年8月10日にラスベガスで2度目の防衛戦を行うが、格下と見られていたオマール・ニーニョ・ロメロ(メキシコ)に0-3(112-117、110-118、111-117)の判定負けを喫し王座から陥落した。ビロリアはこの2度目の防衛をクリアしたらWBA同級王者亀田興毅との統一戦を熱望していた経緯があるが、王座を防衛できず実現しなかった。その後、同年11月18日にオマール・ニーニョ・ロメロとリターンマッチを行うが、12回引き分け判定となり王座返り咲きはならなかった。ブライアン・ビロリア フレッシュアイペディアより)

  • TBS平日ワイド大改編

    TBS平日ワイド大改編から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    一方、2009年の民放の連続ドラマでは『MR.BRAIN』が平均視聴率では唯一の20%超え、『JIN-仁-』が最終回で25%超えで最高の視聴率を記録し、ボクシングの内藤大助VS亀田興毅戦が40%を超えるなど、その年のスポーツ中継の最高記録となっている。TBS平日ワイド大改編 フレッシュアイペディアより)

153件中 61 - 70件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード