153件中 81 - 90件表示
  • 暫定王座

    暫定王座から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    日本のジム所属の世界王者で正規王者として暫定王者との統一戦に臨んだケースは前出の辰吉、薬師寺の他、WBCフライ級勇利アルバチャコフ(1997年11月チャチャイ・イーリックジムに判定負け)、WBAミニマム級新井田豊(2004年10月ファン・ランダエタに判定勝ち、2007年4月高山に判定勝ち)、WBAフライ級坂田健史(2007年7月ロベルト・バスケスに判定勝ち)、WBCフライ級亀田興毅(2010年3月ポンサクレック・ウォンジョンカムに判定負け)、WBC女子ライトフライ級富樫直美(2010年4月ノンムアイ・ゴーキャットジムに判定勝ち)、WBA女子ミニマム級多田悦子(2010年4月リア・ラムナリンと引分、2011年4月イベス・サモラに判定勝ち)、WBAスーパーフェザー級内山高志(2011年大晦日ホルヘ・ソリスに11RTKO勝ち、2012年大晦日ブライアン・バスケスに8RTKO勝ち)、前出の亀田がWBAバンタム級でも(2012年12月ウーゴ・ルイスに判定勝)該当。暫定王座 フレッシュアイペディアより)

  • 短縮鉄道の夜

    短縮鉄道の夜から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    療養中の塚地に変わり、内藤のセコンドとして山本が登場。鈴木が小道具の眼鏡を忘れ、理由を「内藤選手だからいいと思って」の暴言に内藤はシャドーで鈴木をビビらせる。また裏番組に亀田興毅のボクシング中継があると聞かされた内藤は俄然気合いが入るが、連続ミスでいきなり炭ガス、鈴木の土下座の強要に片足を付いての土下座をするが、直後に2度目の炭ガス、再び鈴木が土下座を強要するが、オカマ呼ばわりされ再び内藤のシャドーが炸裂する。次に西野がミス。いつもの様に言いがかりをつけ、メンバーから「男らしくない」と、内藤の「気合い」のシャドーを受けた。最後は内藤が3度目の炭ガス。更に問題にケチをつけ、西野が内藤に「気合い」のシャドーを入れる事になるが、何やら板倉が内藤に耳打ち。それを見た西野は怯えるが、それでも内藤にシャドーを入れると、それに反応した(?)内藤のパンチが西野の腹に入る(軽く当たった程度)。憤る西野にメンバーから「(ワザと)自分から近づいた」と言われ、更に憤った。因みに山本は無難に答えてノーミス、内藤がミスした際はセコンドとして介抱していた。短縮鉄道の夜 フレッシュアイペディアより)

  • デンカオセーン・カオウィチット

    デンカオセーン・カオウィチットから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    2009年2月13日、デンカオセーンに2人存在するマネージャーの一方であるナリット・シンワンチャーを介しての交渉により亀田興毅(日本=亀田ジム)が対戦契約を主張したが、契約書として提示された書類には署名の不備などが認められた。翌14日にはデンカオセーンがより信頼するマネージャーで、所属するギャラクシージムの会長を務めるニワット・ラオスワンナワットを介して交渉を進めた升田貴久(日本=三迫ジム)が契約合意を発表予定であったが、当初4月末頃に予定されていた初防衛戦は陣営内部の対立により白紙になった。交渉をまとめるため12日に来日していたニワットとデンカオセーンは2月14日に緊急会見を行い、二重の交渉がいずれも契約成立には至らなかったことを説明した。デンカオセーン・カオウィチット フレッシュアイペディアより)

  • 最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦

    最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    世界歴代8位(プロスポーツマン記録)-250回(亀田興毅、森裕之)最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦 フレッシュアイペディアより)

  • 石井慧

    石井慧から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    好きなスポーツ選手として亀田三兄弟、朝青龍、秋山成勲ら「格闘技界三大ヒール」を挙げており、理由は「強くて、バッシングを受けている部分に共感するから」としている。秋山は清風学園の先輩である。朝青龍には2008年1月の場所中に実際に会いに行き、励ましてもらっている。2008年4月の全日本選手権では朝青龍が観戦に駆けつけた。その後も朝青龍が泥酔暴行事件によって引退が決まった直後に石井が滞在しているハワイのクラブで密会する様子がテレビで報道されるなど親交が深い。亀田興毅とは雑誌での対談もあって親交を深め、その後は亀田兄弟の父親である亀田史郎の指導も受けている。石井慧 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本

    2006年の日本から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    横浜アリーナで行われたWBA世界ライトフライ級タイトルマッチで、亀田興毅がファン・ランダエタ(ベネズエラ)を2-1の判定で破り、史上3人目の10代での世界王座。2006年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 大友 康平

    大友康平から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    STARTING OVER(発売中止) - ソロでは、初の自作曲。2006年8月、世界王座に挑戦する亀田興毅の応援ソングとして発売されることが一部サイトで発表されていたが、直前で発売中止となった。ハウンド・ドッグをめぐる一連の騒動が関係しているといわれている。大友康平 フレッシュアイペディアより)

  • 名城信男

    名城信男から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    デビュー5戦で、歴戦の技巧派ボクサー本田秀伸を下し世界ランキング入りを果たしたが、その知名度は一般には低く、亀田興毅の話題性の影に隠れていた。そんな中、スパーリングではあるが公開の場で2人の直接対決が実現する。この際、名城側は「スパーリングとはいえ、お互い一切の手加減はしない」という条件を出したという。スパー終了後、亀田からの「余裕やった。」などという発言がマスコミ各紙で報じられたことがある。このような経緯から、WBC世界フライ級王者の内藤大助に亀田大毅が挑戦する際に内藤のスパーリングパートナー(仮想亀田大毅という設定)を務めた。名城信男 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山昌人

    畠山昌人から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    2006年8月2日にWBA世界ライトフライ級王座決定戦(ファン・ランダエタ対亀田興毅)を観戦した際は、自身のブログ内で、判定に対する不服感と、自身が現役時代に追い求めていた世界王座が「ありえない」形で亀田に渡ってしまったショックを訴えていた。畠山昌人 フレッシュアイペディアより)

  • 増田信晃

    増田信晃から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    嘉陽戦の後、練習・試合から遠ざかり、実質引退状態となる。また、この引退期間中(2008年2月)に亀田興毅陣営から対戦オファーを受けたが、増田が所属する駿河ジムの会長は「全くジムにも練習に来ていないので受けられない」と返事し亀田戦を拒否した。増田信晃 フレッシュアイペディアより)

153件中 81 - 90件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード