前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
153件中 1 - 10件表示
  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た内藤大助

    2007年10月11日、WBC世界フライ級王者内藤大助と弟・亀田大毅の世界戦で大毅のセコンドにつき、不適切な指示をしたとして日本ボクシングコミッション(JBC)より厳重戒告処分を受けた。また、10月25日に予定されていた自身の試合も「対戦相手が決まらなかった」との理由で中止となった。なお、行われる予定であった試合については、10月26日の記者会見で以下のことが明らかになった。中止になった理由については、処分待ちの時点でリングに上がれないと亀田側が一方的に判断していただけであった。対戦相手は決まっており、相手も試合に向けて調整を行っていたが、試合のキャンセルの連絡を入れていないなど主催者側にも不手際があった。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たファイティング原田

    2009年11月29日、WBC世界フライ級王者内藤大助に12回判定(3-0)勝ちを収めて、ファイティング原田・柴田国明・井岡弘樹・畑山隆則・戸高秀樹・ホルヘ・リナレスに次ぐ、日本のジム所属の選手で7人目の2階級制覇を達成した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た亀田史郎

    亀田三兄弟の長男で、亀田大毅・亀田和毅は実弟、亀田姫月は実妹、亀田史郎は実父である。左利き。亀田プロモーション代表取締役社長。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たファン・ランダエタ

    2006年8月2日、元WBA世界ミニマム級暫定王者ファン・ランダエタとのWBA世界ライトフライ級王座決定戦を行い、12回判定(2-1)勝ちを収めて王座を獲得。しかし、初回終了間際にダウンを喫するなど終始苦戦した亀田が王座獲得をしたことは賛否両論を呼んだ。「ランダエタが勝っていた」という声も上がり、社会問題にまで発展した(詳細はランダエタの項と下の項目を参照)。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た亀田大毅亀田 大毅

    亀田三兄弟の長男で、亀田大毅・亀田和毅は実弟、亀田姫月は実妹、亀田史郎は実父である。左利き。亀田プロモーション代表取締役社長。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た名城信男

    2002年全日本実業団選手権フライ級優勝(当時15歳6か月)、全日本社会人選手権フライ級ベスト4。全日本アマチュアボクシング選手権大会近畿予選大会フライ級優勝(決勝は当時龍谷大学だった石崎義人。この近畿大会の同階級には後世界王者となる近畿大学の名城信男も出場していた)。2003年全日本実業団選手権フライ級優勝、第55回全日本社会人選手権フライ級優勝(16歳10か月)。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た長谷川穂積

    2010年12月26日、アンセルモ・モレノのスーパー王者昇格に伴い空位となっていたWBA世界バンタム級王座を、元WBA世界スーパーフライ級王者アレクサンデル・ムニョスと争い、12回判定(3-0)勝ちを収めて、WBA世界ライトフライ級・WBC世界フライ級に続き、WBA世界バンタム級王座の獲得に成功し、日本人選手としては初となる世界王座3階級制覇を達成した。さらに、長谷川穂積以来となる飛び級による複数階級制覇も同時に達成した。同年2月7日に弟・大毅がWBA世界フライ級王座を獲得したことで「日本人初の兄弟王者」となっていたが、この日の自身の王座獲得で「日本人初の同時兄弟王者」も果たした。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た具志堅用高具志堅 用高

    こうした中で起こった“亀田ブーム”に関し、亀田三兄弟の実力には業界内外で賛否の声が上げられている。また、かつてWBAジュニアフライ級世界王座を13回防衛した具志堅用高は、毎日新聞のインタビュー記事で「金をかければ、そんなに簡単に世界挑戦できるのか」と厳しく批判していた。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たフジテレビジョン

    クイズ!ヘキサゴンII(フジテレビ、2010年3月3日)亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た井岡弘樹

    11歳の時、父・史郎からボクシングを教わるようになる。大阪市立天下茶屋中学校時代の3年間は、空手とボクシングの練習を並行して行っていた。14歳の時、井岡弘樹とエキシビションマッチを行った。中学卒業後、ボクシングに専念するため高校には進学せず、社会人ボクシングで活動した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
153件中 1 - 10件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード