153件中 91 - 100件表示
  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たインドネシア

    2012年10月30日、インドネシアのジャカルタで行われたWBA総会でWBAコンベンションが行われ、以下の通り決定した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た全日本実業団ボクシング選手権大会

    2002年全日本実業団選手権フライ級優勝(当時15歳6か月)、全日本社会人選手権フライ級ベスト4。全日本アマチュアボクシング選手権大会近畿予選大会フライ級優勝(決勝は当時龍谷大学だった石崎義人。この近畿大会の同階級には後世界王者となる近畿大学の名城信男も出場していた)。2003年全日本実業団選手権フライ級優勝、第55回全日本社会人選手権フライ級優勝(16歳10か月)。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た有明コロシアム

    2006年12月20日、「王座決定戦の勝者は初防衛戦で世界ランキング1位の選手との指名試合を行わなければならない」というWBA規定と再戦を要求する声があったこともあり、東京・有明コロシアムにて、ファン・ランダエタ(ベネズエラ・同級1位)との再戦が初防衛戦として行われ、12回判定(3-0)勝ちを収めて初防衛に成功。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た敬語

    対戦相手に敬語を使用しないなどの態度については賛否両論がある。亀田本人は「敬語は尊敬できる対戦相手だけに使えば良い」と主張している。テレビ出演時に共演の芸能人やその他関係者には敬語を使用している。これらは「テレビ用のパフォーマンスである」とする声もある。2006年8月2日のタイトルマッチの翌日の読売新聞に「個別の取材ではとても丁寧な言葉づかいで好感が持てた。もうこんなキャラを演じるのは止めたらどうか」という内容の記事が掲載されている。近年は対戦相手にも以前のような威嚇した態度は減少した。同時に観衆からの興味は減少し視聴率も低下したが、ボクシング中継としては未だに高い視聴率を誇っている。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たニカラグア

    11戦目(2006年5月5日):カルロス・ファハルド(ニカラグア 24戦15勝6敗1分2無効/当時IBFライトフライ級世界ランカー&WBCフライ級世界ランカー)亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たスーパーバンタム級

    2012年11月10日にロサンゼルスのステイプルズ・センターで行われるWBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチでアンセルモ・モレノがアブネル・マレスに敗れてもWBA世界バンタム級スーパー王座はアンセルモ・モレノが保持し、その地位は保たれること。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た日本

    亀田 興毅(かめだ こうき、男性、1986年11月17日 - )は、日本のプロボクサー、実業家。大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たミニマム級

    2006年8月2日、元WBA世界ミニマム級暫定王者ファン・ランダエタとのWBA世界ライトフライ級王座決定戦を行い、12回判定(2-1)勝ちを収めて王座を獲得。しかし、初回終了間際にダウンを喫するなど終始苦戦した亀田が王座獲得をしたことは賛否両論を呼んだ。「ランダエタが勝っていた」という声も上がり、社会問題にまで発展した(詳細はランダエタの項と下の項目を参照)。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た東洋太平洋ボクシング連盟

    8戦目(2005年8月21日):ワンミーチョーク・シンワンチャー(タイ 12勝2敗/当時OPBFフライ級王者&WBC同級世界ランカー)亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た大使館

    在ベネズエラ日本大使館には、ランダエタに宛てて2500通以上の応援の手紙やメールが寄せられた。また在日ベネズエラ大使館には「こんな試合で日本人として申し訳ない」「国として抗議したらどうだろうか」という、ランダエタを激励する電話が100件単位で寄せられており、ベネズエラ大使館側も「こんなことは前例が無い」と話している。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

153件中 91 - 100件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード