177件中 11 - 20件表示
  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た井岡弘樹

    最初は空手を習っていたが、11歳の時に父・史郎からボクシングを教わるようになる。大阪市立天下茶屋中学校時代の3年間は、空手とボクシングの練習を並行して行っていた。14歳の時、井岡弘樹とエキシビションマッチを行った。中学卒業後、ボクシングに専念するため高校には進学せず、社会人ボクシングで活動した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た立川談志

    ボクシング関係者以外でも賛否は分かれ、当時交流のあった朝青龍・星野仙一・橋下徹・清原和博・上村愛子らからは擁護意見、やくみつる・立川談志・野末陳平・安部譲二・やしきたかじん・二宮清純らからは批判的な意見が寄せられた。このうち二宮清純は、8月2日はボクシングが死んだ日と話す一方で、判定についての抗議が多数発生したことに関して「日本人はフェアプレーを愛する」と評価した。立川、野末の両名は自身のテレビ番組「談志・陳平の言いたい放だい」で試合を批判、当時亀田が所属していた協栄ジムの金平会長も批判した。また、上村愛子は自身のブログで試合内容を賞賛したため、彼女のブログは炎上した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た赤井英和

    ゲストの赤井英和はレフェリーストップのタイミングが早いと指摘した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た河野公平

    2014年9月5日、WBAはWBA世界スーパーフライ級王者の河野公平との指名試合の入札を同月17日の午前11時にパナマのWBA本部で行うと通達を出した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たマイク・タイソン

    亀田興毅が生まれた1986年は奇しくもマイク・タイソンがヘビー級史上最年少で世界チャンピオンになった年である。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た野末陳平

    ボクシング関係者以外でも賛否は分かれ、当時交流のあった朝青龍・星野仙一・橋下徹・清原和博・上村愛子らからは擁護意見、やくみつる・立川談志・野末陳平・安部譲二・やしきたかじん・二宮清純らからは批判的な意見が寄せられた。このうち二宮清純は、8月2日はボクシングが死んだ日と話す一方で、判定についての抗議が多数発生したことに関して「日本人はフェアプレーを愛する」と評価した。立川、野末の両名は自身のテレビ番組「談志・陳平の言いたい放だい」で試合を批判、当時亀田が所属していた協栄ジムの金平会長も批判した。また、上村愛子は自身のブログで試合内容を賞賛したため、彼女のブログは炎上した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た清水智信

    2008年7月30日に行われたWBC世界フライ級タイトルマッチ(内藤大助 vs. 清水智信)の試合後に、リングに上がり、直接、防衛に成功した内藤大助に試合を申し込んだ。このことについて、試合を主催していたTBSに苦情が寄せられた。また、興毅が所属していた協栄ジムの金平桂一郎会長も批判的な意見を自身の著書で記している。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た星野仙一

    ボクシング関係者以外でも賛否は分かれ、当時交流のあった朝青龍・星野仙一・橋下徹・清原和博・上村愛子らからは擁護意見、やくみつる・立川談志・野末陳平・安部譲二・やしきたかじん・二宮清純らからは批判的な意見が寄せられた。このうち二宮清純は、8月2日はボクシングが死んだ日と話す一方で、判定についての抗議が多数発生したことに関して「日本人はフェアプレーを愛する」と評価した。立川、野末の両名は自身のテレビ番組「談志・陳平の言いたい放だい」で試合を批判、当時亀田が所属していた協栄ジムの金平会長も批判した。また、上村愛子は自身のブログで試合内容を賞賛したため、彼女のブログは炎上した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た畑山隆則

    2009年11月29日、WBC世界フライ級王者内藤大助に12回判定(3-0)勝ちを収めて、ファイティング原田・柴田国明・井岡弘樹・畑山隆則・戸高秀樹・ホルヘ・リナレスに次ぐ、日本のジム所属の選手で7人目の2階級制覇を達成した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たやしきたかじん

    ボクシング関係者以外でも賛否は分かれ、当時交流のあった朝青龍・星野仙一・橋下徹・清原和博・上村愛子らからは擁護意見、やくみつる・立川談志・野末陳平・安部譲二・やしきたかじん・二宮清純らからは批判的な意見が寄せられた。このうち二宮清純は、8月2日はボクシングが死んだ日と話す一方で、判定についての抗議が多数発生したことに関して「日本人はフェアプレーを愛する」と評価した。立川、野末の両名は自身のテレビ番組「談志・陳平の言いたい放だい」で試合を批判、当時亀田が所属していた協栄ジムの金平会長も批判した。また、上村愛子は自身のブログで試合内容を賞賛したため、彼女のブログは炎上した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

177件中 11 - 20件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード