153件中 41 - 50件表示
  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たアンセルモ・モレノ

    2010年12月26日、アンセルモ・モレノのスーパー王者昇格に伴い空位となっていたWBA世界バンタム級王座を、元WBA世界スーパーフライ級王者アレクサンデル・ムニョスと争い、12回判定(3-0)勝ちを収めて、WBA世界ライトフライ級・WBC世界フライ級に続き、WBA世界バンタム級王座の獲得に成功し、日本人選手としては初となる世界王座3階級制覇を達成した。さらに、長谷川穂積以来となる飛び級による複数階級制覇も同時に達成した。同年2月7日に弟・大毅がWBA世界フライ級王座を獲得したことで「日本人初の兄弟王者」となっていたが、この日の自身の王座獲得で「日本人初の同時兄弟王者」も果たした。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た大阪市

    亀田 興毅(かめだ こうき、男性、1986年11月17日 - )は、日本のプロボクサー、実業家。大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た日本ボクシングコミッション

    2007年10月11日、WBC世界フライ級王者内藤大助と弟・亀田大毅の世界戦で大毅のセコンドにつき、不適切な指示をしたとして日本ボクシングコミッション(JBC)より厳重戒告処分を受けた。また、10月25日に予定されていた自身の試合も「対戦相手が決まらなかった」との理由で中止となった。なお、行われる予定であった試合については、10月26日の記者会見で以下のことが明らかになった。中止になった理由については、処分待ちの時点でリングに上がれないと亀田側が一方的に判断していただけであった。対戦相手は決まっており、相手も試合に向けて調整を行っていたが、試合のキャンセルの連絡を入れていないなど主催者側にも不手際があった。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た2009年

    2009年11月29日、WBC世界フライ級王者内藤大助に12回判定(3-0)勝ちを収めて、ファイティング原田・柴田国明・井岡弘樹・畑山隆則・戸高秀樹・ホルヘ・リナレスに次ぐ、日本のジム所属の選手で7人目の2階級制覇を達成した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た薬師寺保栄

    ボクシング関係者の反応は様々であり、元ボクシング世界王者の渡嘉敷勝男は興毅の健闘をたたえ、公式判定の内容を支持する旨の発言をした。一方ガッツ石松、薬師寺保栄、平仲明信らは、5 - 7点差でランダエタ優勢となった独自の採点結果をもとに、判定結果を批判した。また、今後のボクシング界に与える悪影響を懸念する旨の発言をした。また、元日本スーパーライト級王者で後に世界挑戦をする佐々木基樹は、自身のブログで、いかなる判定が下ろうと、興毅は悪くないと述べている。井岡弘樹は、興毅の小差劣勢であるとしながらも、判定結果への批判はせず興毅の健闘を称えた。浜田剛史は「このままでは世界では通用しない」と指摘した。ファイティング原田や具志堅用高のように、試合に対して明言を避けた者も多い。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た戸高秀樹

    2009年11月29日、WBC世界フライ級王者内藤大助に12回判定(3-0)勝ちを収めて、ファイティング原田・柴田国明・井岡弘樹・畑山隆則・戸高秀樹・ホルヘ・リナレスに次ぐ、日本のジム所属の選手で7人目の2階級制覇を達成した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たサマン・ソーチャトロン

    7戦目:(2005年6月20日):サマン・ソーチャトロン(タイ 46勝7敗1分/元世界王者だが、長期ブランクと戦績低迷により当時はノーランカー)亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たエベラルド・モラレス

    14戦目(2007年3月24日):エベラルド・モラレス(メキシコ 42戦28勝12敗2分/当時WBCフライ級13位)亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たイーグル・デーン・ジュンラパン

    興毅が初の世界戦に臨んだ2006年8月当初の時点で、日本国内のボクシングジムには新井田豊(WBAミニマム級)、徳山昌守(WBCスーパーフライ級)、イーグル・デーン・ジュンラパン(WBCミニマム級)、長谷川穂積(WBCバンタム級)、名城信男(WBAスーパーフライ級)ら5人の世界王者がおり、また、同時期の世界王者として2006年1月に日本人最年長世界王座奪取を達成した越本隆志(WBCフェザー級、2006年7月に初防衛戦に失敗して引退)が在籍していた。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たロベルト・バスケス

    カルロス・ファハルドをフライ級の試合で下した後、階級を1つ下のライトフライ級に落とし、WBAライトフライ級2位にランキングされる。そして2006年8月2日、同級王者だったロベルト・バスケスの王座返上に伴って行われたタイトルマッチにて、同級ランキング1位(ただし、ランダエタは、世界戦の前にライトフライ級で試合をしていない。)で元ミニマム級世界暫定王者のファン・ランダエタと対戦し、2-1で判定勝利し、WBAライトフライ級王座を獲得した。試合前に興毅が「(勝ったら)ベルトはおやじに渡したい」と発言していたことを受けて、WBAは本来のチャンピオンベルト以外に父・史郎に対するベルトを事前に用意し、試合後にそれを贈呈した。しかしながら、結果的にWBAがあらかじめそれを用意していたことが、後述の八百長疑惑に油を注ぐ形となってしまった。インタビューでは泣きながら「ありがとうございます」と敬語で発言した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

153件中 41 - 50件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード