177件中 41 - 50件表示
  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たウーゴ・ルイス

    2012年1月27日、暫定王者ウーゴ・ルイスとの指名試合に関する話し合いが決裂。指名期限を越えている為、WBAから「年内に指名試合をするように」と通知を受けた。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た金平桂一郎

    2008年7月30日に行われたWBC世界フライ級タイトルマッチ(内藤大助 vs. 清水智信)の試合後に、リングに上がり、直接、防衛に成功した内藤大助に試合を申し込んだ。このことについて、試合を主催していたTBSに苦情が寄せられた。また、興毅が所属していた協栄ジムの金平桂一郎会長も批判的な意見を自身の著書で記している。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たパノムルンレック・ガイヤーンハーダオジム

    2013年4月7日、当初はウーゴ・ルイスと対戦経験のあるWBA8位のヨンフレス・パレホ(ベネズエラ)と6度目の防衛戦を行う予定だったが、WBAから「パレホ側にビジネス上のトラブルがあった」との理由で対戦相手の変更指令を受け、2004年のアテネオリンピック、2008年の北京オリンピックに出場経験があり、プロ12戦無敗の戦績を誇るWBA6位のファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に対戦相手が変更になったのだが、パヤノの保持するパスポートに不備が見つかりまたしても対戦相手の変更を余儀なくされ、久高寛之と対戦経験のあるWBA世界11位のパノムルンレック・ガイヤーンハーダオジム(タイ)に亀田興毅の対戦相手がようやく決定した。試合は大阪府立体育会館で行われ、パノムルンレックを2-1(115-113、115-114、113-116)の判定勝ちで6度目の防衛に成功した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たアレクサンデル・ムニョス

    2010年12月26日、アンセルモ・モレノのスーパー王座認定に伴い元WBA世界スーパーフライ級王者アレクサンデル・ムニョスとWBA世界バンタム級王座決定戦を行い、3-0(116-109、115-111、117-109)の判定勝ちを収め王座獲得に成功し、日本人選手としては初となる世界王座3階級制覇を達成した。さらに、長谷川穂積以来となる飛び級による複数階級制覇も同時に達成した。同年2月7日に弟・大毅がWBA世界フライ級王座を獲得したことで「日本人初の兄弟王者」となっていたが、この日の自身の王座獲得で「日本人初の同時兄弟王者」も果たした。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たアンセルモ・モレノ

    2010年12月26日、アンセルモ・モレノのスーパー王座認定に伴い元WBA世界スーパーフライ級王者アレクサンデル・ムニョスとWBA世界バンタム級王座決定戦を行い、3-0(116-109、115-111、117-109)の判定勝ちを収め王座獲得に成功し、日本人選手としては初となる世界王座3階級制覇を達成した。さらに、長谷川穂積以来となる飛び級による複数階級制覇も同時に達成した。同年2月7日に弟・大毅がWBA世界フライ級王座を獲得したことで「日本人初の兄弟王者」となっていたが、この日の自身の王座獲得で「日本人初の同時兄弟王者」も果たした。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たアブネル・マレス

    2012年11月10日にロサンゼルスのステイプルズ・センターで行われるWBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチでアンセルモ・モレノがアブネル・マレスに勝利しアンセルモ・モレノがWBC世界スーパーバンタム級王座を獲得した場合、モレノのスーパーバンタム級転向を容認すること。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た亀田プロモーション

    亀田三兄弟の長男で、亀田大毅・亀田和毅は実弟、亀田姫月は実妹、亀田史郎は実父である。左利き。亀田プロモーション代表取締役社長。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た済州島

    2013年11月19日、韓国・済州島の済州グランドホテルコンベンションホールにて元PABAスーパーフライ級王者でWBA14位の孫正五(韓国)と対戦し、2-1の判定勝ちで8度目の防衛に成功した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た2009年

    2009年11月29日、WBC世界フライ級王者内藤大助に12回判定(3-0)勝ちを収めて、ファイティング原田・柴田国明・井岡弘樹・畑山隆則・戸高秀樹・ホルヘ・リナレスに次ぐ、日本のジム所属の選手で7人目の2階級制覇を達成した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た薬師寺保栄

    ボクシング関係者の反応は様々であり、元ボクシング世界王者の渡嘉敷勝男は興毅の健闘をたたえ、公式判定の内容を支持する旨の発言をした。一方ガッツ石松、薬師寺保栄、平仲明信らは、5 - 7点差でランダエタ優勢となった独自の採点結果をもとに、判定結果を批判した。また、今後のボクシング界に与える悪影響を懸念する旨の発言をした。また、元日本スーパーライト級王者で後に世界挑戦をする佐々木基樹は、自身のブログで、いかなる判定が下ろうと、興毅は悪くないと述べている。井岡弘樹は、興毅の小差劣勢であるとしながらも、判定結果への批判はせず興毅の健闘を称えた。浜田剛史は「このままでは世界では通用しない」と指摘した。ファイティング原田や具志堅用高のように、試合に対して明言を避けた者も多い。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

177件中 41 - 50件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード