177件中 51 - 60件表示
  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た戸高秀樹

    2009年11月29日、WBC世界フライ級王者内藤大助に12回判定(3-0)勝ちを収めて、ファイティング原田・柴田国明・井岡弘樹・畑山隆則・戸高秀樹・ホルヘ・リナレスに次ぐ、日本のジム所属の選手で7人目の2階級制覇を達成した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た柴田国明

    2009年11月29日、WBC世界フライ級王者内藤大助に12回判定(3-0)勝ちを収めて、ファイティング原田・柴田国明・井岡弘樹・畑山隆則・戸高秀樹・ホルヘ・リナレスに次ぐ、日本のジム所属の選手で7人目の2階級制覇を達成した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たロドリゴ・ゲレロ

    2014年2月7日、2013年に行われた亀田大毅とロドリゴ・ゲレロとの間で行われたIBF世界スーパーフライ級王座決定戦の試合前記者会見後、ゲレロ陣営が日本製のグローブではなくカナダ製のグローブの使用を決めたことに不満を持った興毅、末弟でWBO世界バンタム級王者の亀田和毅と亀田ジム関係者2人がJBC職員が会見室から退室するのを妨害し、報道関係者を会場外に出し、JBC職員3人を残して全ての扉を閉め、興毅から「おかしいじゃないか」と脅され、外に出ようとしたところ和毅から首などを数回小突かれるといった暴行や恫喝をされて精神的苦痛を受けたなどとして興毅、和毅、亀田ジム関係者2人の計4人を相手取り、会見室から退室するのを妨害されたJBC職員3人のうちの1人のJBC職員の男性が1000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に同月6日付で提訴したことを記者会見を開き明らかにした。「すごいプレッシャーを感じ、怖かった」と述べるも「正義を貫くために訴訟に踏み切った」と話した。尚、試合で使用するグローブは亀田大毅、ロドリゴ・ゲレロの双方が「それぞれが選べる」という契約内容だったとのこと。。同日、JBCは記者会見を開き、吉井慎次会長の持つクラブオーナーライセンスと嶋聡マネージャーのマネージャーライセンスの更新を認めないと発表した。尚、吉井と嶋は2013年12月31日にライセンスの更新を行っておらずライセンスが失効中であった。JBCの慣例では遅れての更新も認められるのだが、吉井のクラブオーナーライセンスの更新が認められず、嶋のマネージャーライセンスの更新も認められない為、事実上の資格剥奪処分となった。この処分で亀田ジムは活動停止となり、興行を開催できないだけでなく、選手のライセンスはジムを通してしか申請出来ない為、亀田興毅、大毅、和毅が保持するボクサーライセンスも実質的に失効となり、事実上の追放処分となった。亀田興毅、大毅、和毅が国内で試合をするためには、新たに会長、マネージャーを置くか、他ジムへの移籍などの措置が必要になる為、亀田興毅、大毅、和毅がジム移籍を申請した場合、JBCは書類のみでは許可せず、本人らを厳格に審査して可否を判断するとのこと。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たサマン・ソーチャトロン

    7戦目:(2005年6月20日):サマン・ソーチャトロン(タイ 46勝7敗1分/元世界王者だが、長期ブランクと戦績低迷により当時はノーランカー)亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た浜田剛史

    ボクシング関係者の反応は様々であり、元ボクシング世界王者の渡嘉敷勝男は興毅の健闘をたたえ、公式判定の内容を支持する旨の発言をした。一方ガッツ石松、薬師寺保栄、平仲明信らは、5 - 7点差でランダエタ優勢となった独自の採点結果をもとに、判定結果を批判した。また、今後のボクシング界に与える悪影響を懸念する旨の発言をした。また、元日本スーパーライト級王者で後に世界挑戦をする佐々木基樹は、自身のブログで、いかなる判定が下ろうと、興毅は悪くないと述べている。井岡弘樹は、興毅の小差劣勢であるとしながらも、判定結果への批判はせず興毅の健闘を称えた。浜田剛史は「このままでは世界では通用しない」と指摘した。ファイティング原田や具志堅用高のように、試合に対して明言を避けた者も多い。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たエベラルド・モラレス

    14戦目(2007年3月24日):エベラルド・モラレス(メキシコ 42戦28勝12敗2分/当時WBCフライ級13位)亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たファン・カルロス・パヤノ

    2013年4月7日、当初はウーゴ・ルイスと対戦経験のあるWBA8位のヨンフレス・パレホ(ベネズエラ)と6度目の防衛戦を行う予定だったが、WBAから「パレホ側にビジネス上のトラブルがあった」との理由で対戦相手の変更指令を受け、2004年のアテネオリンピック、2008年の北京オリンピックに出場経験があり、プロ12戦無敗の戦績を誇るWBA6位のファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に対戦相手が変更になったのだが、パヤノの保持するパスポートに不備が見つかりまたしても対戦相手の変更を余儀なくされ、久高寛之と対戦経験のあるWBA世界11位のパノムルンレック・ガイヤーンハーダオジム(タイ)に亀田興毅の対戦相手がようやく決定した。試合は大阪府立体育会館で行われ、パノムルンレックを2-1(115-113、115-114、113-116)の判定勝ちで6度目の防衛に成功した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たドローレス・ビダル

    20戦目(2009年3月4日):ドローレス・ビダル(メキシコ 7戦1勝6敗/WBC世界フライ級20位)亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たヨンフレス・パレホ

    2013年4月7日、当初はウーゴ・ルイスと対戦経験のあるWBA8位のヨンフレス・パレホ(ベネズエラ)と6度目の防衛戦を行う予定だったが、WBAから「パレホ側にビジネス上のトラブルがあった」との理由で対戦相手の変更指令を受け、2004年のアテネオリンピック、2008年の北京オリンピックに出場経験があり、プロ12戦無敗の戦績を誇るWBA6位のファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に対戦相手が変更になったのだが、パヤノの保持するパスポートに不備が見つかりまたしても対戦相手の変更を余儀なくされ、久高寛之と対戦経験のあるWBA世界11位のパノムルンレック・ガイヤーンハーダオジム(タイ)に亀田興毅の対戦相手がようやく決定した。試合は大阪府立体育会館で行われ、パノムルンレックを2-1(115-113、115-114、113-116)の判定勝ちで6度目の防衛に成功した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たアンドルー・フォンファラ

    2015年10月16日、シカゴのUICパビリオンにてアンドルー・フォンファラvsネイサン・クレバリーの前座で、WBA世界スーパーフライ級王者の河野公平と対戦し、2回に亀田のローブローを食らった河野がレフェリーから僅かながら休憩を与えられ、試合再開後に河野の右ストレートで亀田がダウンし、3回に亀田が2度にわたるローブローによる反則で2点減点されるなど技術・ポイント共に終始劣勢を強いられた亀田は0-3(109-115、111-113、108-116)の判定負けを喫し4階級制覇に失敗した。試合はテレビ局のSpikeによって全米に中継され平均視聴者数は31万5千人だった。試合後、亀田は現役引退を表明した。10月22日に第3子となる三男が誕生したことが11月14日に分かった。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

177件中 51 - 60件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード