153件中 51 - 60件表示
  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た浅尾和信

    この試合中、亀田が放ったボディブローが下腹部への反則打撃(ローブロー)ではないかという意見が寄せられた。解説についた元WBAミドル級王者の竹原慎二も、ローブローと思われるパンチを放ったと発言している。しかしこの試合のレフェリーを担当した試合役員・浅尾和信は亀田に対して注意・警告を行わなかった。また、試合後、相手がローブローだとアピールしている最中に、セコンドについた亀田史郎は、威嚇するようなそぶりを示した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たホルヘ・リナレス

    2009年11月29日、WBC世界フライ級王者内藤大助に12回判定(3-0)勝ちを収めて、ファイティング原田・柴田国明・井岡弘樹・畑山隆則・戸高秀樹・ホルヘ・リナレスに次ぐ、日本のジム所属の選手で7人目の2階級制覇を達成した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た徳山昌守

    興毅が初の世界戦に臨んだ2006年8月当初の時点で、日本国内のボクシングジムには新井田豊(WBAミニマム級)、徳山昌守(WBCスーパーフライ級)、イーグル・デーン・ジュンラパン(WBCミニマム級)、長谷川穂積(WBCバンタム級)、名城信男(WBAスーパーフライ級)ら5人の世界王者がおり、また、同時期の世界王者として2006年1月に日本人最年長世界王座奪取を達成した越本隆志(WBCフェザー級、2006年7月に初防衛戦に失敗して引退)が在籍していた。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たエドガル・ソーサ

    当初、対戦相手として予定されていたのは、後にWBC世界ライトフライ級王者となるエドガル・ソーサだったが、直前でキャンセルされたため、ボウチャンに代わった。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た柴田国明

    2009年11月29日、WBC世界フライ級王者内藤大助に12回判定(3-0)勝ちを収めて、ファイティング原田・柴田国明・井岡弘樹・畑山隆則・戸高秀樹・ホルヘ・リナレスに次ぐ、日本のジム所属の選手で7人目の2階級制覇を達成した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た越本隆志

    興毅が初の世界戦に臨んだ2006年8月当初の時点で、日本国内のボクシングジムには新井田豊(WBAミニマム級)、徳山昌守(WBCスーパーフライ級)、イーグル・デーン・ジュンラパン(WBCミニマム級)、長谷川穂積(WBCバンタム級)、名城信男(WBAスーパーフライ級)ら5人の世界王者がおり、また、同時期の世界王者として2006年1月に日本人最年長世界王座奪取を達成した越本隆志(WBCフェザー級、2006年7月に初防衛戦に失敗して引退)が在籍していた。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た浜田剛史

    ボクシング関係者の反応は様々であり、元ボクシング世界王者の渡嘉敷勝男は興毅の健闘をたたえ、公式判定の内容を支持する旨の発言をした。一方ガッツ石松、薬師寺保栄、平仲明信らは、5 - 7点差でランダエタ優勢となった独自の採点結果をもとに、判定結果を批判した。また、今後のボクシング界に与える悪影響を懸念する旨の発言をした。また、元日本スーパーライト級王者で後に世界挑戦をする佐々木基樹は、自身のブログで、いかなる判定が下ろうと、興毅は悪くないと述べている。井岡弘樹は、興毅の小差劣勢であるとしながらも、判定結果への批判はせず興毅の健闘を称えた。浜田剛史は「このままでは世界では通用しない」と指摘した。ファイティング原田や具志堅用高のように、試合に対して明言を避けた者も多い。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たドローレス・ビダル

    20戦目(2009年3月4日):ドローレス・ビダル(メキシコ 7戦1勝6敗/WBC世界フライ級20位)亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た平仲明信

    ボクシング関係者の反応は様々であり、元ボクシング世界王者の渡嘉敷勝男は興毅の健闘をたたえ、公式判定の内容を支持する旨の発言をした。一方ガッツ石松、薬師寺保栄、平仲明信らは、5 - 7点差でランダエタ優勢となった独自の採点結果をもとに、判定結果を批判した。また、今後のボクシング界に与える悪影響を懸念する旨の発言をした。また、元日本スーパーライト級王者で後に世界挑戦をする佐々木基樹は、自身のブログで、いかなる判定が下ろうと、興毅は悪くないと述べている。井岡弘樹は、興毅の小差劣勢であるとしながらも、判定結果への批判はせず興毅の健闘を称えた。浜田剛史は「このままでは世界では通用しない」と指摘した。ファイティング原田や具志堅用高のように、試合に対して明言を避けた者も多い。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た安部譲二

    ボクシング関係者以外でも賛否は分かれ、朝青龍・星野仙一・橋下徹・清原和博・上村愛子らからは擁護意見、やくみつる・立川談志・野末陳平・安部譲二・やしきたかじん・二宮清純らからは批判的な意見が寄せられた。このうち二宮清純は、8月2日はボクシングが死んだ日と話す一方で、判定についての抗議が多数発生したことに関して「日本人はフェアプレーを愛する」と評価した。立川、野末の両名は自身のテレビ番組「談志・陳平の言いたい放だい」で試合を批判、当時亀田が所属していた協栄ジムの金平会長も批判した。また、上村愛子は自身のブログで試合内容を賞賛したため、彼女のブログは炎上した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

153件中 51 - 60件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード