177件中 71 - 80件表示
  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た亀田三兄弟

    亀田三兄弟の長男で、亀田大毅・亀田和毅は実弟、亀田姫月は実妹、亀田史郎は実父である。左利き。亀田プロモーション代表取締役社長。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たエドガル・ソーサ

    当初、対戦相手として予定されていたのは、後にWBC世界ライトフライ級王者となるエドガル・ソーサだったが、直前でキャンセルされたため、ボウチャンに代わった。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たジャカルタ

    2012年10月30日、インドネシアのジャカルタで行われたWBA総会でWBAコンベンションが行われ、以下の通り決定した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た弁当

    2006年7月25日、世界初挑戦となるファン・ランダエタ戦を目前に、大手コンビニチェーンのローソンが応援企画として、亀田の夏祭りシリーズ『チャンピオン・獲っタルぞ!弁当』、『メンチ切ってカツサンド』、『浪速乃闘拳サラダ』、『亀田の夏闘拳そば』など、亀田興毅の好物に因んだネーミングで弁当を販売。当初の予定によると、全国の各店舗で3週間限定の販売であった。しかしランダエタ戦後、疑惑の判定を巡って亀田グッズを企画・販売した企業側にも批判が及んだ。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た中学校

    最初は空手を習っていたが、11歳の時に父・史郎からボクシングを教わるようになる。大阪市立天下茶屋中学校時代の3年間は、空手とボクシングの練習を並行して行っていた。14歳の時、井岡弘樹とエキシビションマッチを行った。中学卒業後、ボクシングに専念するため高校には進学せず、社会人ボクシングで活動した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た角海老宝石ボクシングジム

    2014年7月26日、水面下で進められていた角海老宝石ジムへの電撃移籍が消滅した。角海老宝石ジムから亀田興毅に亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た発掘!あるある大事典

    好物は納豆とされており、テレビ番組による納豆ダイエット捏造問題に関し2007年1月24日の公開練習後に「納豆がかわいそう」と発言し、愛好会の設立を宣言した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た申告漏れ

    2009年10月、弟・大毅と揃って東京国税局の税務調査を受け、2007年までの数年間の個人所得について、申告漏れが発覚した。亀田兄弟は個人事業主として所得を税務申告したが、計上した経費の中には領収書などがないものもあり、これらの経費に関して国税局が損金への算入を認めなかった。所属する亀田ジムは「修正申告は済んでいます」と明かした。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た空手道

    最初は空手を習っていたが、11歳の時に父・史郎からボクシングを教わるようになる。大阪市立天下茶屋中学校時代の3年間は、空手とボクシングの練習を並行して行っていた。14歳の時、井岡弘樹とエキシビションマッチを行った。中学卒業後、ボクシングに専念するため高校には進学せず、社会人ボクシングで活動した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見た八百長

    カルロス・ファハルドをフライ級の試合で下した後、階級を1つ下のライトフライ級に落とし、WBA世界ライトフライ級2位にランキングされる。そして2006年8月2日、ロベルト・バスケスの王座返上に伴って行われたWBAライトフライ級王座決定戦にて、元WBA世界ミニマム級暫定王者でWBAライトフライ級1位(ただし、ランダエタは、世界戦の前にライトフライ級で試合をしていない。)のファン・ランダエタと対戦し、2-1で判定勝利し、WBA世界ライトフライ級王座を獲得した。試合前に興毅が「(勝ったら)ベルトはおやじに渡したい」と発言していたことを受けて、WBAは本来のチャンピオンベルト以外に父・史郎に対するベルトを事前に用意し、試合後にそれを贈呈した。しかしながら、結果的にWBAがあらかじめそれを用意していたことが、後述の八百長疑惑に油を注ぐ形となってしまった。インタビューでは泣きながら「ありがとうございます」と敬語で発言した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

177件中 71 - 80件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード