153件中 81 - 90件表示
  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た竹書房

    亀田興毅 『エグいほど強いで!!』 竹書房、2006年3月 ISBN 978-4812426418亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たベネズエラ

    2006年12月20日、「王座決定戦の勝者は初防衛戦で世界ランキング1位の選手との指名試合を行わなければならない」というWBA規定と再戦を要求する声があったこともあり、東京・有明コロシアムにて、ファン・ランダエタ(ベネズエラ・同級1位)との再戦が初防衛戦として行われ、12回判定(3-0)勝ちを収めて初防衛に成功。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たライトフライ級

    現WBA世界バンタム級王者。元WBC世界フライ級王者、元WBA世界ライトフライ級王者。3階級制覇王者。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た世界ボクシング協会

    WBA世界バンタム級王者。元WBC世界フライ級王者、元WBA世界ライトフライ級王者。3階級制覇王者。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たメキシコ

    10戦目(2006年3月8日):カルロス・ボウチャン(メキシコ 21戦16勝5敗/当時WBC傘下地域団体のフライ級ラテン王者&WBC同級世界ランカー)亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た協栄ボクシングジム

    17歳の誕生日(2003年11月17日)にプロボクサーとなった。2005年4月28日に大阪のグリーンツダジムから東京の協栄ジムへ移籍。この時、3,000万円という移籍金が支払われたと報道された。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た大阪府立体育会館

    2011年5月7日、大阪府立体育会館において、昨年12月に獲得したWBA世界バンタム級王座の初防衛戦をWBA14位ダニエル・ディアスと行い、8回にダウンを奪っての11回終了TKO勝ちを収めて世界戦初のKO勝利とともに初防衛に成功した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たボクシング

    11歳の時、父・史郎からボクシングを教わるようになる。大阪市立天下茶屋中学校時代の3年間は、空手とボクシングの練習を並行して行っていた。14歳の時、井岡弘樹とエキシビションマッチを行った。中学卒業後、ボクシングに専念するため高校には進学せず、社会人ボクシングで活動した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たバンタム級

    現WBA世界バンタム級王者。元WBC世界フライ級王者、元WBA世界ライトフライ級王者。3階級制覇王者。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た暫定王座

    2006年8月2日、元WBA世界ミニマム級暫定王者ファン・ランダエタとのWBA世界ライトフライ級王座決定戦を行い、12回判定(2-1)勝ちを収めて王座を獲得。しかし、初回終了間際にダウンを喫するなど終始苦戦した亀田が王座獲得をしたことは賛否両論を呼んだ。「ランダエタが勝っていた」という声も上がり、社会問題にまで発展した(詳細はランダエタの項と下の項目を参照)。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

153件中 81 - 90件表示

「亀田興毅」のニューストピックワード