501件中 61 - 70件表示
  • 構体 (鉄道車両)

    構体 (鉄道車両)から見た事故事故

    古い時代の客車などでは、鋼製の台枠が基礎となって構体全体を支え、その上に家屋の構造にも似た木造の構造物が載った形であった。つまり台枠が全体として荷重等を負担し、妻や側の部分は台枠上で自立しているのみであった(木造車)。日本の場合では昭和初期から、事故時の安全性等の問題により、鋼板・鋼材など金属の骨組や外板で車体を構成し、内装は木材を主体とした車両(鋼製車あるいは半鋼製車と呼ぶ)に移行し、さらに戦後は内装にも座席などを除いて金属を用いた全金属製車両に移っていった。この素材も当初は普通鋼が一般的であったがアルミニウム合金やステンレス鋼に変化してきた。構体 (鉄道車両) フレッシュアイペディアより)

  • 北海道臨床心理士会

    北海道臨床心理士会から見た事故事故

    また、災害や事故、あるいは事件・犯罪・自殺などの緊急時には、地方自治体と連携し、被災者・被害者の心のケアのため、学校などの現場や周辺地域、および事案関係者らを対象に臨床心理士を派遣するなど、各種支援活動の体制を整えている。北海道臨床心理士会 フレッシュアイペディアより)

  • ロビー・アール

    ロビー・アールから見た事故事故

    攻撃的ミッドフィールダーとして長年活躍した選手である。ジャマイカ国籍だが、イングランドで生まれ育った。ロングトン高校在学中の1981年、ストーク・シティのユースチームに参加。翌1982年にポート・ヴェイルに移籍すると、9年間チームに在籍し、チームをフットボールリーグ2〈4部相当〉からフットボールリーグ1〈3部相当〉に昇格させる原動力となった。1991年にウィンブルドンに移籍するとここでもチームの貴重な戦力として活躍。1995年には、チームをUEFAインタートトカップ本戦出場に導いた。その後チームはプレミアリーグに昇格。そして、1997年9月には、プレミアリーグ月間最優秀選手に選出された。しかし、2000年のリザーブチームとの試合中に腹部を強打し、膵臓破裂の大怪我を負った。この事が原因で同年シーズン終了後、35歳で現役を引退した。最後は悲運な事故で現役を終える形になったが、移籍が多いイングランドのリーグにおいて、2つのチームで長年活躍した希有な選手でもある。ロビー・アール フレッシュアイペディアより)

  • たんぽぽ 〜Everything Nice〜

    たんぽぽ 〜Everything Nice〜から見た事故事故

    福引で旅行のチケットを引き当て、くるみは両親にプレゼントをするが、その旅行先で列車事故が起きてしまう。突然孤児となった悲しみと、それが自らのプレゼントによって起こされたことに苦悩する中、追打ちをかけるかのように貯金箱の真実を知ってしまう。たんぽぽ 〜Everything Nice〜 フレッシュアイペディアより)

  • 中平まみ

    中平まみから見た事故事故

    2013年6月、中平は、「1991年当時、猪瀬直樹と不倫関係にあり、ドライブデートをした際に、猪瀬が飲酒運転を行い、中央分離帯に衝突する事故を起こした」という内容の告白を『週刊文春』の取材に対して行った。中平まみ フレッシュアイペディアより)

  • 帝位継承法 (満州国)

    帝位継承法 (満州国)から見た事故事故

    第9條で帝嗣(帝位継承者)の精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは参議府に諮詢し、前数條により継承順序を換えることができるとされ、第10條で帝位継承の順位は総て実系(実際の血統)によるとされた。帝位継承法 (満州国) フレッシュアイペディアより)

  • 補助輪

    補助輪から見た事故事故

    補助輪は、L字型の金具とその先に付いた車輪で構成されていて、多くは三輪車から自転車に移行する幼年の自転車練習用に使用される。最初から補助輪が付いた状態で売られている自転車もあるが、後から装着することも可能。後輪両側のナットを緩め、補助輪の金具を付けて締める。締め方が緩いと補助輪の角度が走行中に変わってしまい、転倒事故につながることがある。取り付け・取り外しにはモンキーレンチをが簡便であるが、強く締め付けるには、サイズの合ったスパナが確実。自転車販売店で工賃を支払って任せることもできる。補助輪付き自転車の中には必ずしも取り外しを前提としない製品もあり、幼稚園児(幼児)向けのものは、不用意にスピードが出ないようギア比が設定され、二輪での安定に必要な速度が出しにくい場合もある。好みの児童用自転車に取り付けるための後付け製品も数多く出回っている。補助輪 フレッシュアイペディアより)

  • ミシガン (戦艦)

    ミシガン (戦艦)から見た事故事故

    その後はフィラデルフィアでオーバーホールを行った後、大西洋での訓練を再開した。1919年5月19日にメリーランド州アナポリスに向けて出航し、海軍兵学校生を乗艦させた後パナマ運河を通過しハワイ州ホノルルへの訓練巡航を行った。ホノルルには7月3日に到着し、続いて西海岸の海軍基地およびグアンタナモ湾を訪れ9月5日にフィラデルフィアに帰港する。その後は1921年4月4日までカリブ海での定期的な巡航を行い、4月23日にはハンプトン・ローズに向かった。5月18日に再びアナポリスに到着し、海軍兵学校生を乗艦させると6月4日に二度目のヨーロッパ巡航に向かった。ノルウェーのクリスチャニア、ポルトガルのリスボン、ジブラルタルを訪れた後グアンタナモ湾経由でハンプトン・ローズに8月11日帰還する。その後主砲の腔発事故を起こし砲身が折れた際の破片がマストを損傷させたがこれが後のマスト倒壊事故の遠因となった。この事故によってアメリカ海軍は籠マストの構造を見直し既存艦はマスト構造を強化、後の近代化の際に籠マストを廃止しており条約開け戦艦も籠マストは不採用となった。ミシガン (戦艦) フレッシュアイペディアより)

  • ユメノ銀河

    ユメノ銀河から見た事故死事故

    ある地方都市でバスの車掌をしているトミ子は、別の町に暮らす友人のツヤ子が事故死した事を知る。彼女は婚約者の新高が運転するバスに同乗していて、事故にあったのだ。トミ子は、ツヤ子の家で見た新高の写真が、最近車掌たちの間で噂の殺人鬼にそっくりだと聞かされる。ツヤ子は新高に殺されたかもしれないという疑惑を抱くトミ子。そんな中、新高がトミ子の勤めるバス会社に就職し、彼女とコンビを組むことになるが…。ユメノ銀河 フレッシュアイペディアより)

  • 生活反応

    生活反応から見た事故事故

    生活反応(せいかつはんのう)は、生きている人間、動物の身体組織のみに発生する変化のことである。法医学では最も基本的かつ重要な要素となる。呼吸、皮下出血、炎症、化膿などが挙げられる。これらの生活反応は死体には決して発生しないため犯罪捜査において事故又は自殺か他殺かを見極める上でも非常に重要である。生活反応 フレッシュアイペディアより)

501件中 61 - 70件表示

「事故」のニューストピックワード