451件中 61 - 70件表示
  • 風屋ダム

    風屋ダムから見た事故事故

    一方、下流の二津野ダムでは1959年7月に着工したが、度重なる洪水に悩まされていた上、十津川第二発電所に向けて開削工事中の導水路トンネル内で発破に用いる火薬が爆発する事故が発生し、23名の作業員が死亡する惨事も発生した。十津川第二発電所が運転を開始したのは、1962年(昭和37年)1月のことであった。風屋ダム フレッシュアイペディアより)

  • 司法解剖

    司法解剖から見た事故事故

    現状として、予算や医師不足などの理由から、犯罪被害死体のほとんどが司法解剖されていない。また、同様の事情により変死と思われるような状況でも、自殺や事故、心不全で片付けられることは珍しくない。司法解剖 フレッシュアイペディアより)

  • 急制動

    急制動から見た事故事故

    急ブレーキ、短制動等とも呼ばれる。自動車等を運転中に事故を回避する目的で緊急時にとる手段のことである。短距離で安全に停止できることが要求される。また、運転免許を取得する時には教習課題に含まれており、特に自動二輪車の場合には、検定課題にも含まれている。急制動 フレッシュアイペディアより)

  • ハロー!パックマン

    ハロー!パックマンから見た事故事故

    プレイヤーが誘導せずにそのまま放置していると勝手にパックマンは歩き出し、何らかの事故かトラブルに遭遇し、最悪悲惨な目に合う(当然、プレイヤーが故意に起こすこともできる)。残機の設定はなく、行動不能に陥っても最後に来た場所からやり直すことができる。ハロー!パックマン フレッシュアイペディアより)

  • 片側交互通行

    片側交互通行から見た事故事故

    実施される理由としては路上あるいは道路に面した場所における工事によるものが一般的だが、事故や災害等により道路が危険になったために実施される場合もある。また同じ理由で本来の道路が通行止めになった際に利用される仮設迂回路で実施される場合(例:豊浜トンネル崩落に際し先代豊浜隧道を利用)もある。片側交互通行 フレッシュアイペディアより)

  • 焼死

    焼死から見た事故事故

    焼死(しょうし)とは事故や火事などで焼け死ぬことをいう。広義には、一酸化炭素中毒や煙等によって窒息死したのち死体が焼けてしまうことも焼死といわれる。焼死 フレッシュアイペディアより)

  • 危険予知訓練

    危険予知訓練から見た事故事故

    危険予知訓練(きけんよちくんれん)は、工事や製造などの作業に従事する作業者が、事故や災害を未然に防ぐことを目的に、その作業に潜む危険を予想し、指摘しあう訓練である。ローマ字による表記 Kiken Yochi Training の頭文字をとってKYT(ケーワイティー)、あるいはKY訓練/KY活動(KYK)とも呼ぶ。ツールボックスミーティング ToolBoxMeeting およびその頭文字TBM(ティービーエム)の呼び方も、特に建設・土木工事現場で用いられている。危険予知訓練 フレッシュアイペディアより)

  • インシデント

    インシデントから見た事故事故

    インシデント(incident)は、英語で「出来事」の意味。日本語として使われている「インシデント」は、重大事故に至る可能性がある事態が発生し、なおかつ実際には事故につながらなかった潜在的事例のことをさす。インシデント フレッシュアイペディアより)

  • FK理論

    FK理論から見た事故事故

    工業設備などで発火事故が起こるリスクを計算したり、粉塵爆発が起こる危険性を評価するために用いられる。FK理論 フレッシュアイペディアより)

  • 人時

    人時から見た事故事故

    今まで三度の事故に遭い、一度は車に撥ねられて股関節脱臼で多治見市民病院に入院。そこで清春との繋がりが生まれた。人時 フレッシュアイペディアより)

451件中 61 - 70件表示

「事故」のニューストピックワード