501件中 71 - 80件表示
  • 視程

    視程から見た事故事故

    視程が低下すると、航空機の運航などに支障が出る場合がある。著しく低下した場合、視界が悪くなるため自動車や徒歩での移動にも支障が出、公共交通機関に大きな影響が出始める。視程が数10 m - 数 mと狭くなると、屋外のイベントやスポーツなどに深刻な影響が出て、あらゆる移動手段において衝突事故の危険があるため屋外での移動は困難になる。視程 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県道24号小浜上中線

    福井県道24号小浜上中線から見た事故事故

    起点から国道162号との重複区間までは港の道という雰囲気である。またそれ以降は非常に高規格な道路が終点まで続く。その割に交通量は多くなく信号も少ない。国道27号はこの区間バイパスではないので、大規模な事故等で通行不能となることも考えられるため、若狭地方の主要地方道の中でも特に重要な県道と推測される道である。福井県道24号小浜上中線 フレッシュアイペディアより)

  • エマージェンシー!

    エマージェンシー!から見た事故事故

    エマージェンシー!(原題 Emergency!)は、1972年1月22日から1978年にアメリカのNBCネットワークにて制作・放送されたテレビドラマ。 ロサンゼルスで起こる様々な災害や緊急事故に対応する救急救命士と、救急病院の救急医師たちの活躍を描いたドラマである。エマージェンシー! フレッシュアイペディアより)

  • 災害復旧

    災害復旧から見た事故事故

    また、異常気象によらない被害(事故・テロ)からの復旧についても災害復旧とは見なさないことが多い。災害復旧 フレッシュアイペディアより)

  • 泣く木

    泣く木から見た事故事故

    昭和7年(1932年)、木が生える河畔の崖と夕張川の間を通る国道の拡張・直線化の計画が持ち上がる。その際に工事の障害となるこのハルニレを伐採しようと作業員が鋸で挽き始めたところ、木は「キューキュー」「キューヒー」「ヒーヒー」などのオノマトペで表現される「泣き声」を上げると同時に、鋸が折れて使い物にならなくなった。別の作業員が斧で切り込んだところ柄が折れ、刃先が腹に刺さって出血多量で死亡。伐採をあきらめ馬力で引き倒そうとしたところがロープが切れ、そのショックで馬が転倒して馬車引きが下敷きになるなど、数々の事故が繰り返された。結局ハルニレは残され、国道はこの地点で大きくカーブした状態で完成した。そして道路工事にまつわる事件以来、ハルニレの巨木は地元住民から「泣く木」と呼びならわされるようになった。泣く木 フレッシュアイペディアより)

  • 本結び

    本結びから見た事故事故

    本結びで繋がれた2つのロープの片方のみに荷重がかかると外れやすく、事故の原因となっている。本結び フレッシュアイペディアより)

  • 記事

    記事から見た事故事故

    記事は、現代社会においては新聞や雑誌、ニュースなどで、社会・政治・経済・スポーツや芸能といった諸々の分野における事件・事故・慶事・訃報(総じて「出来事」)を伝えるものを目にすることができる。記事 フレッシュアイペディアより)

  • 誤給油

    誤給油から見た事故事故

    家庭でもっとも使われる石油は灯油であるが、農家などでは農機具や機械の燃料としてガソリンや軽油を保管している場合がある。また、配達にオートバイを使う店舗では燃料のガソリンを保管している場合がある。ガソリンは専用金属容器での保管が義務付けられているが、それを灯油用のポリタンクで代用するなど、ずさんな管理によって石油ストーブにガソリンを誤給油し、出火する事故が起きている。誤給油 フレッシュアイペディアより)

  • 古市佳央

    古市佳央から見た事故事故

    1988年4月2日、高校一年生の時に全身の41%に大火傷を負うバイクの事故を起こした。入院期間は3年に渡り、33回もの手術を受けた。古市佳央 フレッシュアイペディアより)

  • トラブル

    トラブルから見た事故事故

    トラブル () とは、社会的な事故を指す。いざこざ、もめ事、悶着、面倒、問題、紛争、障害などとも言われる。トラブル フレッシュアイペディアより)

501件中 71 - 80件表示

「事故」のニューストピックワード