二岡智宏 ニュース&Wiki etc.

二岡 智宏(におか ともひろ、1976年4月29日 - )は、広島県三次市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、コーチ。現在は読売ジャイアンツの一軍打撃コーチを務めている。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「二岡智宏」のつながり調べ

  • 吉川光夫

    吉川光夫から見た二岡智宏

    ドラフト指名後の記者会見で、目標とする選手を聞かれ「金本さんと二岡さんと福原さん(3人とも広陵高校のOB)を足して2で割った選手」と答え、翌日の新聞で記者に「とぼけている」とのニュアンスで報道された。真意は「3人の力を3で割るよりも2で割ったくらいの力を併せ持つ選手になりたい」で、吉川なりの高い志が込められていた。(吉川光夫 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球ai

    プロ野球aiから見た二岡智宏

    1988年の創刊以続いている人気投票ランキングである。第1回(1988年春季号)は「いま光っているアイドルたち」という企画名で、1位に選ばれたのは工藤公康であった(続く夏季号でも1位)。1990年1+2号から1991年11+12号まで緒方耕一が当時最長となる12号連続で首位に選ばれた。1992年5+6月号に古田敦也が選ばれると東京ヤクルトスワローズ人気が高まり、高津臣吾が1994年5+6月号から1997年7月号、1997年11月号から1998年1月号まで22回に渡って首位を獲得した。1996年、97年のオフには本誌主催のクリスマスパーティが開かれた。因みに、高津の21回連続首位を阻止したのが当時西武ライオンズ入団4年目の松井稼頭央であった。1999年1月号から読売ジャイアンツの二岡智宏が首位に躍り出た。二岡は同期入団の上原浩治と共に本誌の取材を受けることが多かった。しばらく巨人選手の人気が続いた後、2003年の日本シリーズで活躍した川崎宗則が注目され、2004年3月号で初めて首位を獲得。2008年9月号で高卒ルーキーだった坂本勇人が2004年の二岡以来となる巨人選手として1位を獲得。2012年9月号で堂林翔太が広島東洋カープの選手として初めて首位を獲得。現在までにオリックス・バファローズと東北楽天ゴールデンイーグルスの選手が首位に選ばれていない。(プロ野球ai フレッシュアイペディアより)

「二岡智宏」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「二岡智宏」のニューストピックワード