前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
115件中 1 - 10件表示
  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た二岡智宏二岡智宏

    しかし、この年のドラフトで指名されなかったため、大学卒業後は社会人野球の強豪である東芝へ就職(東芝での背番号は24)。東芝では主に1番打者として活躍し、第51回東京スポニチ大会で打率.476を記録して新人王を獲得。第23回社会人野球日本選手権大会でチームは準決勝で敗退するが、坪井は14打数9安打、打率.634を記録して首位打者賞と大会優秀選手賞(外野手部門)に選出された。この年(1996年)の暮れに社会人ベストナインも獲得している。翌1997年の第24回社会人野球日本選手権大会では準決勝で三菱重工神戸に敗れるが、2年連続で大会優秀選手賞(外野手部門)に選出される。同年、第19回アジア野球選手権大会に出場する日本代表に選ばれた(坪井以外に選ばれた選手に福留孝介・二岡智宏らがいる)。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 立川勇希

    立川勇希から見た二岡智宏二岡智宏

    受診の結果、スパイクとシューズ、インソールの加工によって十分に回復するとのことで、亀山はその3週間後に完全復帰している。ところで1泊3日の渡米はその4年後にも当時読売ジャイアンツの二岡智宏とも極秘に行っている。立川勇希 フレッシュアイペディアより)

  • 河端龍

    河端龍から見た二岡智宏二岡智宏

    1999年4月28日、対読売ジャイアンツ2回戦(大阪ドーム)で、ルーキーながら一軍初登板を果たす。この試合で二岡智宏から初の奪三振を記録している。2000年は右肘の故障により、手術とリハビリにあてた1年となった。2001年に復活すると、中継ぎに定着してチームのリーグ優勝および日本一に大きく貢献。6月24日に中継ぎで初勝利。河端龍 フレッシュアイペディアより)

  • 水上れみ

    水上れみから見た二岡智宏二岡智宏

    好きな野球選手は森本稀哲選手、二岡智宏選手、陽岱鋼選手。水上れみ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た二岡智宏二岡智宏

    11月14日 - 日本ハムのマイケル中村、工藤隆人と、巨人の二岡智宏、林昌範の2対2の交換トレードが成立。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た二岡智宏二岡智宏

    実況:川畑恒一、解説:二岡智宏、リポーター:渕上紘行(日本ハムサイドのみ)2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツの応援団

    読売ジャイアンツの応援団から見た二岡智宏二岡智宏

    応援歌は選手の名前と掛けたものがいくつかある(小笠原道大は、「…明日を照らす道広げ…」で、道大にかけている。また、二岡智宏の2008年度の応援歌は「…二岡共に歩もう」で、二岡智宏にかけている)。読売ジャイアンツの応援団 フレッシュアイペディアより)

  • 本川貢

    本川貢から見た二岡智宏二岡智宏

    1991年手腕を買われ近畿大学硬式野球部監督に就任。独自の野球理論で知られ"野球は確率のゲーム"と相手の弱点を突く戦術を選手に植え付けさせた。「プロや社会人と違い、プレーが粗い大学生はミスを犯す割合が多い。それに付け込み攻撃や守りに生かす選手がチームの三割を占めていれば勝てる」が持論。1997年は宇高伸次、清水章夫、藤井彰人、二岡智宏、山下勝充らを率いて春秋の関西学生リーグ、全日本大学選手権、明治神宮野球大会、アマ王座決定戦(現在は廃止)を全て制覇し史上初・唯一の「アマ五冠」を達成した。翌1998年も全日本大学選手権を連覇、関西学生リーグでは1996年から1998年まで春秋5季連続を含む優勝10回を数え黄金期を築いた。本川貢 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本勇人

    坂本勇人から見た二岡智宏二岡智宏

    ''、巨人では松井秀喜以来の10代での開幕スタメン入り(8番・二塁手)を果たす。4月6日の対阪神タイガース戦において一軍での初本塁打を満塁弾で記録した。巨人で初本塁打が満塁弾となったのは1983年の駒田徳広以来25年ぶりのことだった。また、19歳3ヶ月での満塁弾というセ・リーグ最年少記録を打ち立てた。開幕戦で二岡智宏が負傷した影響もありその後は遊撃手としてスタメン出場を続けたが、夏場には打率が2割2分台にまでさがり、代打を出されることもあったが、二岡の復帰後も遊撃手の位置を譲ることはなく、終盤に盛り返して全試合スタメン出場を果たした。打率.257、8本塁打、43打点の成績を残した。高卒2年目での全試合スタメンは中西太、清原和博に続いて史上3人目(セ・リーグでは初)。オールスターゲームにも初出場し、第2戦で初安打を記録。埼玉西武ライオンズとの日本シリーズ第7戦では西口文也から本塁打を放つ。10代での日本シリーズ本塁打は当時西武だった清原以来22年ぶり。坂本自身は日本シリーズでは打率1割台と不振でチームも日本一を逃したが、前述の日本シリーズでも本塁打を放つなど、存在感を示し、大きく成長した一年となった。また、この年のオープン戦・公式戦・オールスター戦・クライマックスシリーズ・日本シリーズの172試合全てに出場した。新人王は同僚である山口鉄也に譲ったが(坂本は次点)、巨人では高橋由伸以来10年ぶりにセ・リーグ会長特別表彰(新人選手特別賞)を受賞した。坂本勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 東京読売巨人軍応援団

    東京読売巨人軍応援団から見た二岡智宏二岡智宏

    応援歌は選手の名前とひっかけたものがいくつかある。(小笠原道大は、「…明日を照らす道広げ…」で、道大にかけている。また、二岡智宏(現・北海道日本ハム)は「…二岡共に歩もう」で、二岡智宏にかけている。)東京読売巨人軍応援団 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
115件中 1 - 10件表示

「二岡智宏」のニューストピックワード