99件中 11 - 20件表示
  • 仁部智

    仁部智から見た二岡智宏二岡智宏

    初奪三振:同上、7回表に二岡智宏から仁部智 フレッシュアイペディアより)

  • 用稲 千春

    用稲千春から見た二岡智宏二岡智宏

    2005年(平成17年)12月18日、当時プロ野球読売ジャイアンツに所属していた野球選手・二岡智宏選手と結婚した。2007年(平成19年)6月10日には男児を出産したが、翌年7月には夫・二岡と女性タレント・山本モナとの不倫交際が報じられた。用稲千春 フレッシュアイペディアより)

  • トレイ・ムーア

    トレイ・ムーアから見た二岡智宏二岡智宏

    初奪三振:同上、1回裏に二岡智宏からトレイ・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • 沢田誠

    沢田誠から見た二岡智宏二岡智宏

    数々の記録を打ち立てたが、その中で特筆すべきは大学通算本塁打10本である。この記録は関西学生野球連盟の新リーグ結成当初の時期の最高記録であり、この記録に並ぶ者は田尾安志(同大、旧関西六大学時代)、片岡篤史(同大)、田口壮(関学大)という錚々たる顔ぶれである。この記録は後に二岡智宏(近大)によって記録は破られた。なお、二岡に通算11本目の本塁打を打たれた試合は、自身が対戦相手として監督をしていた試合であった。沢田誠 フレッシュアイペディアより)

  • ジグソー

    ジグソーから見た二岡智宏二岡智宏

    1966年にウェスト・ミッドランズ・コヴェントリーで結成。ソフトロックバンドとして1968年にデビュー。当初はかなり野性的なイメージ戦略をとっていたが、やがて音楽性はポップな方向へと傾く。しかしセールスは芳しくなく、インディーズのレーベルへ移籍。移籍直後の1975年、「スカイ・ハイ」をリリースし全米3位の大ヒット。当初レコード会社は大して売れるはずもなかろうと数百枚しかプレスしなかったという。印象的なイントロで始まるドラマチックな構成のこの曲は日本でもオリコン週間総合2位と大ヒットした。プロレスラーのミル・マスカラスの入場曲や、北海道日本ハムファイターズの二岡智宏、元阪神タイガースの八木裕の出囃子、ガイナーレ鳥取の試合出場選手紹介時のBGMとして使われたほか、CM音楽などでも多用されている。ジグソー フレッシュアイペディアより)

  • 三輪田勝利

    三輪田勝利から見た二岡智宏二岡智宏

    宮本洋二郎が地元の大型内野手の二岡智宏をドラフトで巨人に逃した際、偶然三輪田が自殺した年であった為宮本の妻はどこへ行くときも夫に付き添った。三輪田勝利 フレッシュアイペディアより)

  • 出口雄大

    出口雄大から見た二岡智宏二岡智宏

    はそれまで打撃に関してはやや非力だった村松有人が打ち出したため、レギュラーの座は明け渡したものの、左投手用の代打や守備要員として一軍に定着する。後半戦は村松が怪我のためその間の代役も果たした。阪神タイガースとの日本シリーズでも、1番・ライトとして先発出場した。持病のヘルニアに悩まされ、満足にバットを振れない中、それなりに自分の地位を獲得してきたが、には大村直之のFA入団、同期の宮地克彦の活躍により、開幕ベンチを失う。5月に一度一軍に上がったものの、5月19日の福岡ドームでの古巣・巨人戦における右翼守備で、二岡智宏の打球にダイビングキャッチを試みた際、ボールを蹴ってランニングホームランにしてしまうという失態を犯してしまい、9月まで一軍には呼ばれなかった。出口雄大 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球サントリーカップ

    プロ野球サントリーカップから見た二岡智宏二岡智宏

    優秀新人賞 二岡智宏(読売ジャイアンツ)、松坂大輔(西武ライオンズ)プロ野球サントリーカップ フレッシュアイペディアより)

  • クラウディオ・ガルバ

    クラウディオ・ガルバから見た二岡智宏二岡智宏

    2006年、テスト生として春季キャンプ中に中日ドラゴンズに入団。最速149km/hのストレートにスライダー、チェンジアップが持ち球で、制球力もそれなりのものがある。オープン戦では、まずまずな成績を残すものの、開幕一軍は果たせなかった。不振のドミンゴ・グスマンの二軍降格と同時に一軍昇格したものの、3試合目の登板となった4月29日の対巨人戦で二岡智宏に満塁本塁打を打たれると、以後は二軍暮らしとなった。結局3試合で防御率11.25に終わり、8月に同僚のドミンゴ、エルネスト・ペレイラとともに戦力外通告を受け、ウエーバー公示され退団した。クラウディオ・ガルバ フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・ベバリン

    ジェイソン・ベバリンから見た二岡智宏二岡智宏

    2004年の読売ジャイアンツ戦では、2人の選手の名球界入りに遭遇している。6月4日は、1回表に清原和博に通算2000本安打となるセンター前ヒットを打たれた(試合は6回表に二岡智宏に危険球を与えるも、5回0/3を2失点で勝利投手に)。8月17日は、工藤公康との投げ合いの末、7回裏に工藤にプロ入り23年目で初本塁打となる決勝2ランを浴び、その後9回まで投げきった工藤が通算200勝を達成した。ジェイソン・ベバリン フレッシュアイペディアより)

99件中 11 - 20件表示

「二岡智宏」のニューストピックワード