115件中 21 - 30件表示
  • 2008年の読売ジャイアンツ

    2008年の読売ジャイアンツから見た二岡智宏二岡智宏

    11月14日 - 日本ハムのマイケル中村、工藤隆人と、二岡智宏、林昌範の2対2の交換トレードが成立。2008年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の読売ジャイアンツ

    2006年の読売ジャイアンツから見た二岡智宏二岡智宏

    4月30日 - 二岡智宏が対中日戦で日本プロ野球初の2打席連続満塁本塁打を含む3本塁打10打点を挙げた。2006年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 平松一宏

    平松一宏から見た二岡智宏二岡智宏

    はローテーションの谷間としても登板し、8月12日の広島東洋カープ戦でプロ初勝利を挙げた。9月24日の中日との試合で4点ビハインドの9回表に登板して無失点に抑え、その裏に江藤智の同点満塁本塁打と二岡智宏のサヨナラ本塁打でリーグ優勝が決定したため、優勝試合の勝利投手となった。この年は14試合に登板し、4勝を挙げた。平松一宏 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の読売ジャイアンツ

    2000年の読売ジャイアンツから見た二岡智宏二岡智宏

    9月24日の東京ドームでの対中日ドラゴンズ27回戦、巨人は9回表まで0対4と4点のリードを許す展開となっていたが、9回裏に3連打で満塁の好機を作ると、江藤智がエディ・ギャラードからの左中間への満塁本塁打にて一気に同点へと追いつく。その直後、次打者二岡智宏が右翼へのサヨナラ本塁打を打ち、4年ぶり29回目の優勝を決めた。2000年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ゴンザレス (内野手)

    ルイス・ゴンザレス (内野手)から見た二岡智宏二岡智宏

    脇谷亮太・小坂誠とともに二塁手のレギュラーを争い、二岡智宏の故障による小坂の遊撃手復帰、脇谷も三塁手へ移動したため、レギュラーは確定的と見られていた。ゴンザレスも期待通りにオープン戦で好調を維持し続けたため、3月30日の対横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)に出場すると、三浦大輔から左中間へ決勝本塁打を放った。しかし、次の打席で手首に受けた死球によって患部に水が溜まり、4月6日に降格した。5月に再昇格したものの、古傷の手首痛が発症して降格するなど、一軍と二軍を行ったり来たりの日々が続く。9月12日に再昇格すると、9月19日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)でライアン・ボーグルソンから先制満塁本塁打を放ち、勝利に貢献した。この年は打率.247・3本塁打の成績に終わったが、得点圏打率.375と勝負強さを発揮し、堅実な守備でも貢献。ルイス・ゴンザレス (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 大須球場

    大須球場から見た二岡智宏二岡智宏

    なお同時に記録した1イニング7打点は1993年に池山隆寛(ヤクルトスワローズ)が、1試合2満塁本塁打は2006年に二岡智宏(読売ジャイアンツ、2打席連続)が記録している(飯島は2打席連続ではない)。大須球場 フレッシュアイペディアより)

  • ミレニアム打線

    ミレニアム打線から見た二岡智宏二岡智宏

    シーズンに入ると打線は期待通りの破壊力を見せ、チーム本塁打は球団初の200本を超え(最終的には203本まで伸びた)、4年ぶりのリーグ優勝を、9月24日に本拠地東京ドーム最終戦であった対中日ドラゴンズ27回戦で飾った(このリーグ優勝はミレニアムVと呼ばれている)。この試合は9回裏、4-0で巨人は負けていたが、江藤の満塁ホームラン(チーム200号)と二岡智宏のサヨナラホームランで一気に5点を奪い逆転勝ちするという劇的なものだった。その後、最初で最後となった王監督と長嶋監督の対決である「日本シリーズON対決」も制し、6年ぶりの日本一を達成した。松井は全試合四番打者で出場を果たし本塁打、打点の二冠を達成すると共に、シーズンMVPと日本シリーズMVPも獲得するという活躍ぶりだった。巨人は20世紀最後の覇者となり、文字通り千年紀を飾るシーズンとなった。ミレニアム打線 フレッシュアイペディアより)

  • 高野忍

    高野忍から見た二岡智宏二岡智宏

    初出場:2000年4月1日、対広島東洋カープ2回戦(東京ドーム)、9回裏に二岡智宏の代打で出場高野忍 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸蘭子

    神戸蘭子から見た二岡智宏二岡智宏

    プロ野球は大の読売ジャイアンツファンで、球場での観戦も趣味の一つ。日本ハムに移籍前の二岡智宏内野手のファンだったが、現在は鈴木尚広外野手のファンである。また、自分の名前(「RANRAN」、背番号12)を入れたジャイアンツ風デザインのユニフォームと、鈴木外野手のサインボールは宝物の1つである(ユニフォームは、2009年8月13日放送の『スペシャルギフト』(日本テレビ)で仲良しのJJモデル土岐田麗子を野球観戦に招待した際に、自身でデザインしたもの。土岐田のもの(「TOKKY」、背番号15)もデザインし、ギフトとしてプレゼントした)。神戸蘭子 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球ai

    プロ野球aiから見た二岡智宏二岡智宏

    1988年の創刊以続いている人気投票ランキングである。第1回(1988年春季号)は「いま光っているアイドルたち」という企画名で、1位に選ばれたのは工藤公康であった(続く夏季号でも1位)。1990年1+2号から1991年11+12号まで緒方耕一が当時最長となる12号連続で首位に選ばれた。1992年5+6月号に古田敦也が選ばれると東京ヤクルトスワローズ人気が高まり、高津臣吾が1994年5+6月号から1997年7月号、1997年11月号から1998年1月号まで22回に渡って首位を獲得した。1996年、97年のオフには本誌主催のクリスマスパーティが開かれた。因みに、高津の21回連続首位を阻止したのが当時西武ライオンズ入団4年目の松井稼頭央であった。1999年1月号から読売ジャイアンツの二岡智宏が首位に躍り出た。二岡は同期入団の上原浩治と共に本誌の取材を受けることが多かった。しばらく巨人選手の人気が続いた後、2003年の日本シリーズで活躍した川崎宗則が注目され、2004年3月号で初めて首位を獲得。2008年9月号で高卒ルーキーだった坂本勇人が2004年の二岡以来となる巨人選手として1位を獲得。2012年9月号で堂林翔太が広島東洋カープの選手として初めて首位を獲得。現在までにオリックス・バファローズと東北楽天ゴールデンイーグルスの選手が首位に選ばれていない。プロ野球ai フレッシュアイペディアより)

115件中 21 - 30件表示

「二岡智宏」のニューストピックワード