99件中 31 - 40件表示
  • 小川光明

    小川光明から見た二岡智宏二岡智宏

    実況では声を張り上げるような手法は多用せず、落ち着いた語り口を基本スタイルとしているが、ドラマティックな場面に立ち会ったときはその限りではない。その好例として2000年9月24日の巨人対中日戦における実況が挙げられる。この試合で巨人が勝てばリーグ優勝という状況であったが、9回表が終わった時点で0-4と劣勢。長嶋監督の胴上げは翌日以降に持ち越しかと思われたが、9回裏、この日の中日の先発前田幸長と、守護神・エディ・ギャラードから元木大介、高橋由伸、松井秀喜(元タンパベイ・レイズ)の3連打で無死満塁。ドミンゴ・マルティネスは三振に倒れたが、江藤智(現:巨人二軍打撃コーチ)の満塁ホームランで同点に追いつくと、続く二岡智宏(現:北海道日本ハムファイターズ)がソロホームランを放ち、巨人はサヨナラ勝ちでリーグ優勝を決めた(解説は山本浩二と堀内恒夫)。この際の小川アナは「右へー!!どうだー!?入ったー!!ジャイアンツ優勝ー!!29回目、覇権を取りました!!とてつもないドラマ!!大変な事が起きました!!江藤の200号満塁ホームラン!!二岡のサヨナラホームラン!!ジャイアンツ優勝ー!!まさにドラマ!!2000年のペナントレースは大変なドラマです!!」と劇的な展開だったゆえに、彼にしては珍しい絶叫に次ぐ絶叫を繰り返したが、印象的な台詞を織り交ぜることも怠らなかった。二岡はこれまで6本のサヨナラホームランを打っているが(2010年現在)、そのうちの3本を実況している。不思議なことに実況した3回のうち2回が中日戦で(もう1本は2002年7月2日で、延長12回に決めた。そのときの相手は遠藤政隆)、残りの1本はプロ入り初サヨナラホームラン(1999年4月24日・対横浜戦)である。小川光明 フレッシュアイペディアより)

  • Hi-Five

    Hi-Fiveから見た二岡智宏二岡智宏

    北海道日本ハムファイターズの二岡智宏選手が、2012年6月17日と18日の選手プロデュースデーにて登場曲として用いられたり、広島東洋カープの天谷宗一郎選手も、一時期登場曲として、用いていた。Hi-Five フレッシュアイペディアより)

  • ミレニアム打線

    ミレニアム打線から見た二岡智宏二岡智宏

    シーズンに入ると打線は期待通りの破壊力を見せ、チーム本塁打は球団初の200本を超え(最終的には203本まで伸びた)、4年ぶりのリーグ優勝を、9月24日に本拠地東京ドーム最終戦であった対中日ドラゴンズ27回戦で飾った(このリーグ優勝はミレニアムVと呼ばれている)。この試合は9回裏、4-0で巨人は負けていたが、江藤の満塁ホームラン(チーム200号)と二岡智宏のサヨナラホームランで一気に5点を奪い逆転勝ちするという劇的なものだった。その後、最初で最後となった王監督と長嶋監督の対決である「日本シリーズON対決」も制し、6年ぶりの日本一を達成した。松井は全試合四番打者で出場を果たし本塁打、打点の二冠を達成すると共に、シーズンMVPと日本シリーズMVPも獲得するという活躍ぶりだった。巨人は20世紀最後の覇者となり、文字通り千年紀を飾るシーズンとなった。ミレニアム打線 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸蘭子

    神戸蘭子から見た二岡智宏二岡智宏

    プロ野球は大の読売ジャイアンツファンで、球場での観戦も趣味の一つ。日本ハムに移籍前の二岡智宏内野手のファンだったが、現在は鈴木尚広外野手のファンである。また、自分の名前(「RANRAN」、背番号12)を入れたジャイアンツ風デザインのユニフォームと、鈴木外野手のサインボールは宝物の1つである(ユニフォームは、2009年8月13日放送の『スペシャルギフト』(日本テレビ)で仲良しのJJモデル土岐田麗子を野球観戦に招待した際に、自身でデザインしたもの。土岐田のもの(「TOKKY」、背番号15)もデザインし、ギフトとしてプレゼントした)。神戸蘭子 フレッシュアイペディアより)

  • 八木裕

    八木裕から見た二岡智宏二岡智宏

    現役時代、甲子園球場での登場テーマはジグソーのスカイ・ハイ。これは北海道日本ハムファイターズの二岡智宏と同じである。八木裕 フレッシュアイペディアより)

  • 金澤健人

    金澤健人から見た二岡智宏二岡智宏

    1イニング4奪三振:2004年8月1日、対読売ジャイアンツ21回戦(阪神甲子園球場)、2回表に小久保裕紀(振り逃げ)・二岡智宏・佐藤宏志・仁志敏久から ※史上9人目(10度目・阪神の投手初)金澤健人 フレッシュアイペディアより)

  • 岩本 勉

    岩本勉から見た二岡智宏二岡智宏

    前項の通り2005年の対ジャイアンツ戦でホームランを打ったが、地上波放送していたテレビ朝日が岩本の打席の間だけCMを挟んでしまい、CMが明けた時には岩本のまさかのホームランに大爆笑する日本ハムベンチが映し出されていた(あまりの爆笑の渦にベンチから出迎えが出なかった程)。ダイヤモンドを一周する時も、二塁手の仁志敏久と遊撃手の二岡智宏が爆笑、三塁手の小久保裕紀に関しては腹を抱えて大爆笑していたと岩本本人がたびたび語っている。岩本勉 フレッシュアイペディアより)

  • ワイルドリーガー

    ワイルドリーガーから見た二岡智宏二岡智宏

    御園生がショートを任されていることから、当時の正遊撃手だった二岡智宏は未登場。作中には顔はおろか、名前すら出ない。スコアボードに名前が一度出ただけ。ワイルドリーガー フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のスポーツ

    1976年のスポーツから見た二岡智宏二岡智宏

    4月29日 - 二岡智宏(広島県、野球)1976年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 史上最強打線

    史上最強打線から見た二岡智宏二岡智宏

    一方で生え抜きの選手にも高橋由伸、阿部慎之助、仁志敏久、斉藤宜之、清水隆行、二岡智宏と打力のある選手が多く、また本拠地の東京ドームは本塁打が出やすい構造のため、1980年にチャーリー・マニエル、栗橋茂、羽田耕一らを擁しいてまえ打線と呼ばれた近鉄バファローズ打線が打ち立てたシーズンチーム本塁打記録(239本)の更新がシーズン前から大きく期待された。史上最強打線 フレッシュアイペディアより)

99件中 31 - 40件表示

「二岡智宏」のニューストピックワード