99件中 41 - 50件表示
  • 小坂誠

    小坂誠から見た二岡智宏二岡智宏

    2006年 監督に復帰した原辰徳の構想では三塁小久保裕紀、遊撃二岡智宏、二塁仁志敏久と内野のレギュラーが確定していたため、「新生原巨人」でのキャンプでは「内野守備・走塁のスペシャリスト」としてセカンド・サードの守備にとりくんでいたが、正二塁手仁志の極度の打撃不振もあり開幕2番セカンドのスタメンを勝ち取り、この年は二塁での起用が殆どとなった(二岡の守備固めでない、ショートでの先発は二岡欠場時の2試合のみとなった)。4月15日の対横浜ベイスターズ5回戦(横浜)で、通算1000本安打達成。5月24日 巨人に移籍後、初めてお立ち台に立った。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 清水章夫

    清水章夫から見た二岡智宏二岡智宏

    しかし硬式野球への憧れは捨てがたく、名門の近畿大学セレクションを受け合格。一年目は二部(夜間部)に入学し二年目に一部に編入された。二岡智宏、宇高伸次、藤井彰人、山下勝充らとチームメイトになり、4年時にはチームを全日本大学野球選手権大会優勝、明治神宮野球大会優勝などアマチュア五冠に導く。清水章夫 フレッシュアイペディアより)

  • 千代大海龍二

    千代大海龍二から見た二岡智宏二岡智宏

    旧近鉄バファローズ、読売ジャイアンツのファンである。また、元ジャイアンツで現在は北海道日本ハムファイターズに所属する二岡智宏とは生年月日が同じ。千代大海龍二 フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚富司

    飯塚富司から見た二岡智宏二岡智宏

    2009年8月30日の日本ハム対ソフトバンク第20回戦(札幌ドーム)で球審を務めた飯塚は、打者走者二岡智宏と捕手田上秀則が接触したプレーを二岡の守備妨害と判定し、抗議した日本ハム・梨田昌孝監督を遅延行為で退場処分とした。この件に関して日本ハムは翌31日、守備妨害には抵触せず審判団のルール適用は誤りであるとして加藤良三コミッショナーへ提訴したが、「規則の適用に誤りはなかった」として却下された。一方で審判部が講習会を開催したことも明らかにされた。飯塚富司 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ウィリアムス

    ジェフ・ウィリアムスから見た二岡智宏二岡智宏

    もJFKの一角として引き続きセットアッパーを務め、現行のホールドポイント制になって最初の100ホールドポイント達成投手となる。5月3日の横浜戦(横浜)で村田修一にソロホームランを喫してから、9月18日の巨人戦(甲子園)で二岡智宏にタイムリーを打たれるまで、4か月以上に渡って自責点1を守った。シーズン終盤には失点を許す場面が増えたものの、終わってみれば登板60試合で1勝2敗、防御率0.96という好成績を残した。前年よりもリリース時の肘の高さを高くすることによりストレートが速くなり、切れ味の良いスライダーもより威力を発揮したことが好調の要因として本人が挙げている。さらに自らのクロスして入ってくるストレートは、抑えの藤川のホップするストレートをより速く見せるのに有効であるとも話している。ジェフ・ウィリアムス フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見た二岡智宏二岡智宏

    4月30日 - 巨人対中日ドラゴンズ第6回戦(東京ドーム)で、巨人・二岡智宏内野手が2打席連続満塁本塁打のプロ野球新記録を樹立。1試合2本の満塁本塁打は飯島滋弥(大映)が1951年に1度だけ記録しているが、2打席連続は史上初。また二岡はこの他にも2ランホームランを放っており、1試合3本塁打で10打点の活躍。1試合10打点は1999年に江藤智(当時巨人)が記録して以来のセ・リーグタイ記録(日本記録は飯島の1試合11打点)。試合は15-4で巨人が快勝した。2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 仁志敏久

    仁志敏久から見た二岡智宏二岡智宏

    から原辰徳が監督に就任。投手の左右を問わず安定した働きを見せていた清水隆行を1番に固定し、仁志を2番で起用する構想を打ち出す(原曰く「1番打者が2人いるような打線」を組もうとする構想)。しかし、不慣れな2番に戸惑ったのか不振に陥った挙げ句に故障してしまい、二岡智宏が2番に起用された。復帰後は7・8番に定着し、規定打席には僅かに及ばなかったものの得点圏打率.320と活躍したほか、リーグ2位の22盗塁で盗塁成功率100%を記録(盗塁数20以上での成功率100%はセ・リーグ初)し、日本シリーズでも日本一に貢献した。仁志敏久 フレッシュアイペディアより)

  • 福原忍

    福原忍から見た二岡智宏二岡智宏

    広島県三次市出身。二岡智宏とは小学校から広陵高校まで同窓で、小学校では4度クラスメイトになった。野球を始めたのも二岡と兄の影響である。高校3年時は二岡との二枚看板で夏の広島大会では優勝候補筆頭に挙げられていたが、新井貴浩を擁する県立広島工業高校に敗れた。東都大学野球連盟所属の東洋大学に進学後は4年秋の2部リーグで6連勝をして1部復帰の原動力となり、のプロ野球ドラフト会議で阪神タイガースから3位指名を受け入団。福原忍 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川光夫

    吉川光夫から見た二岡智宏二岡智宏

    ドラフト指名後の記者会見で、目標とする選手を聞かれ「金本さんと二岡さんと福原さん(3人とも広陵高校のOB)を足して2で割った選手」と答え、翌日の新聞で記者に「とぼけている」とのニュアンスで報道された(真意は「3人の力を3で割るよりも2で割ったくらいの力を併せ持つ選手になりたい」で、吉川なりの高い志が込められている)。吉川光夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山口鉄也

    山口鉄也から見た二岡智宏二岡智宏

    に2軍で5試合に登板し無失点と好投を続け、4月23日に支配下登録。巨人で育成選手から支配下選手登録された選手は松本哲也に次いで2人目。4月29日に1軍初登板、1回無失点に抑える。巨人における育成選手枠での入団選手として初の1軍公式戦出場選手となった。5月9日の阪神タイガース戦に4番手として登板し初勝利。育成選手枠出身の選手で初の勝利投手になった。試合後のヒーローインタビューでは、殊勲打を放った二岡智宏に「ありがとうございます」と感謝を述べた。その後も林昌範の故障で空いた左の中継ぎを一人で担うなど孤軍奮闘した。山口鉄也 フレッシュアイペディアより)

99件中 41 - 50件表示

「二岡智宏」のニューストピックワード