115件中 51 - 60件表示
  • Sit! Stay! Wait! Down!/Love Story

    Sit! Stay! Wait! Down!/Love Storyから見た二岡智宏二岡智宏

    劇中歌の「Sit! Stay! Wait! Down!」は、「WILD」以来となったT.Kura & michicoプロデュースのダンスナンバー。なお、当初の発表では「Love Story」と共にこの楽曲にもミュージック・ビデオが制作され、DVDに収録される予定だった。北海道日本ハムファイターズの二岡智宏選手の登場曲として2012年6月17日・18日に開催された選手プロデュースデーで使用された。Sit! Stay! Wait! Down!/Love Story フレッシュアイペディアより)

  • 裏金

    裏金から見た二岡智宏二岡智宏

    2012年3月には、やはり読売ジャイアンツで、NPB加盟球団相互の申し合わせに反し、最高標準額を大幅に上回る額(高い選手で10倍)の契約金を一部の選手に支払っていた事が朝日新聞の取材により発覚。対象になったのは阿部慎之助10億円、野間口貴彦7億円、高橋由伸6億5千万円、上原浩治5億円+退団時の功労金1億2千万円、二岡智宏5億円+退団時の功労金7千万円と別の出来高払い3千万円、内海哲也2億5千万円だという。裏金 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井彰人

    藤井彰人から見た二岡智宏二岡智宏

    進学先の近畿大学では、まだ内野手への未練を残していたが、同学年の内野手には二岡智宏がいて、さらに1学年下に山下勝充もいたため、捕手に専念することになった。3年生の時は宇高伸次とバッテリーを組み、二岡、山下らと共に春季リーグ戦、秋季リーグ戦、全日本大学選手権、明治神宮大会、全日本アマチュア野球王座決定戦の五大会で優勝し、史上初のアマチュア五冠を達成。8月にはインターコンチネンタルカップに日本代表として出場、優勝メンバーの一員となった。この時のメンバーには後に近鉄・楽天でチームメートとなる高須洋介や、巨人へ入団した二岡、上原浩治、高橋由伸らも名を連ねていた。関西学生リーグ通算81試合出場、296打数85安打、打率.287, 5本塁打、56打点。最優秀選手2回、ベストナイン5回受賞。藤井彰人 フレッシュアイペディアより)

  • 川相昌弘

    川相昌弘から見た二岡智宏二岡智宏

    には大型遊撃手の二岡智宏の加入により出場機会は減少したものの、守備要員・バント要員で依然チームに欠かせない存在だった。遊撃手での出場機会が大幅に減り、三塁手での出場が中心になる。より、同い年の石井浩郎の退団に伴って空いた6番に背番号を変更。川相昌弘 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た二岡智宏二岡智宏

    の巨人は遊撃二岡智宏、二塁仁志敏久がいたが、小坂は開幕二塁手のスタメンを勝ち取り、この年はほとんど二塁で起用された。同年4月15日の対横浜ベイスターズ5回戦(横浜)で、通算1000本安打達成したものの、打率1割台と極度の不振となり、シーズン終了後には大幅減俸を受け入れ、10月には若手と共にフェニックスリーグに参加した。10月27日 シーズン中に取得したFA権を行使せずに巨人に残留することを表明。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤健 (野球)

    加藤健 (野球)から見た二岡智宏二岡智宏

    は開幕前に左肩を骨折したことで出遅れるも、開幕から控え捕手として一軍入りを果たした。この年に開催される北京オリンピックに阿部が出場することを見越し、同年6月に横浜ベイスターズから鶴岡一成が加入すると、経験・打撃力などで上回る鶴岡に次ぐ第3の捕手としてチームを支えた。この年は前年に並ぶ28試合に出場し、2008年の日本シリーズにおいても阿部の代わりに5試合に出場するなど、プレーオフでは自身最多の出場機会を得た。同年オフに上原浩治がボルチモア・オリオールズへ、二岡智宏が北海道日本ハムファイターズへそれぞれ移籍したことで、翌年からは1998年ドラフト指名選手で最後の読売ジャイアンツ所属選手となった。加藤健 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • マイケル中村

    マイケル中村から見た二岡智宏二岡智宏

    2009年も引き続き守護神として活躍するかと思われたが、11月6日に右の強打者と左の中継ぎを求めていた日本ハムの球団事情により、二岡智宏・林昌範との交換トレードで工藤隆人とともに読売ジャイアンツへ移籍。マイケル中村 フレッシュアイペディアより)

  • 打者

    打者から見た二岡智宏二岡智宏

    流し打ち(opposite field)をする打者のこと。特に、自然と打球が反対方向に流れる打者を指す。二岡智宏、千葉茂、マイク・ピアッツァらが典型例で、本塁打のほとんどが(3人とも右打者なので)ライト方向に飛ぶ。打者 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た二岡智宏二岡智宏

    ''1月に二岡智宏とともに奄美大島での小久保裕紀・斉藤和巳の自主トレに同行。6月19日のオリックス・バファローズ戦で約1年ぶりに一軍登録、即先発するも、3失点で敗戦投手になる。合計3度先発のチャンスを与えられるが、いずれも序盤にKOされ0勝3敗でシーズンを終え、2年連続未勝利という結果に終わった。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 小山伸一郎

    小山伸一郎から見た二岡智宏二岡智宏

    初奪三振:1999年6月10日、対読売ジャイアンツ11回戦(東京ドーム)、6回裏に二岡智宏から空振り三振小山伸一郎 フレッシュアイペディアより)

115件中 51 - 60件表示

「二岡智宏」のニューストピックワード