99件中 61 - 70件表示
  • 山本モナ

    山本モナから見た二岡智宏二岡智宏

    2008年7月放送開始のフジテレビの情報番組『サキヨミ』でキャスターに復帰。しかしその直後、同郷広島県出身のプロ野球選手・二岡智宏との「不倫デート写真」が女性週刊誌『女性セブン』に掲載され、その結果『サキヨミLIVE』は1回のみの出演となり、またも“不倫スキャンダル”を理由としての降板となった。奇しくも番組ポスターや番宣CMで山本自身は「私は、私に、リベンジするの。」と前回の『筑紫哲也 NEWS23』での不祥事を意識したキャッチコピーが使われていた。この件を理由に、同日からテレビ・ラジオ出演を無期限で自粛・謹慎することが所属事務所から発表された。この直後の7月14日放送『ネプリーグ』(収録は6月)出演の折には、放送後フジテレビに抗議の電話が殺到する事態ともなった。謹慎状態は年末をもって解かれる運びとなった。山本モナ フレッシュアイペディアより)

  • 裏金

    裏金から見た二岡智宏二岡智宏

    2012年3月には、やはり読売ジャイアンツで、NPB加盟球団相互の申し合わせに反し、最高標準額を大幅に上回る額(高い選手で10倍)の契約金を一部の選手に支払っていた事が朝日新聞の取材により発覚。対象になったのは阿部慎之助10億円、野間口貴彦7億円、高橋由伸6億5千万円、上原浩治5億円+退団時の功労金1億2千万円、二岡智宏5億円+退団時の功労金7千万円と別の出来高払い3千万円、内海哲也2億5千万円だという。裏金 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の日本シリーズ

    2000年の日本シリーズから見た二岡智宏二岡智宏

    巨人はダレル・メイ、ダイエーは永井智浩の先発。2回裏、永井のコントロールが乱れ、3連続四死球で無死満塁。二岡智宏のセカンドゴロ併殺打の間に三塁走者の松井が生還して巨人が先制。なお2死3塁の場面で村田真一がセンター前タイムリーヒット。清原和博が生還し、2点目。さらに3回裏にも松井、清原の連続二塁打で巨人が追加点。巨人ペースで進むかと思われたが、5回表にメイの1塁への暴投を皮切りにダイエーが反撃。打者一巡、7安打の猛攻で一挙6点を奪い、主導権を奪い返した。7回には城島の2試合連続となる2ランで8-3と突き放した。2000年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た二岡智宏二岡智宏

    2000年9月24日東京ドームでの中日ドラゴンズ戦で「2番・左翼手」として先発出場し、8回まで被安打5・無四球無失点と、好投を続けていた前田幸長からライト前ヒットで出塁、2番手エディ・ギャラードから江藤智が同点満塁弾、二岡智宏がサヨナラホームランを放ち、巨人が4年ぶりにリーグ優勝を決定する口火を切った。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • スカイ・ハイ (曲)

    スカイ・ハイ (曲)から見た二岡智宏二岡智宏

    プロ野球では元阪神タイガースの八木裕、北海道日本ハムファイターズの二岡智宏の登場曲として使用している。スカイ・ハイ (曲) フレッシュアイペディアより)

  • ダンディ坂野

    ダンディ坂野から見た二岡智宏二岡智宏

    その後は、野球の送りバントの構えで叫ぶ「二岡!」「江藤!」などの新ギャグの開発にも余念がない。しかし、持ちネタのひとつ「ライドオン!」がレイザーラモンHGに流用され、苦汁を舐めている。「サンキュー・ノーベンバー」などのレアなギャグは、着ボイスとして聴くことができる。ダンディ坂野 フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た二岡智宏二岡智宏

    2000年、序盤は不調だったが5月には10連勝を記録し、2位は確保するものの投打ともに前年の面影はなく、特に対巨人戦は対戦成績で9勝18敗。本拠地のナゴヤドームで2勝12敗、打たれた本塁打が26本とホームの中日が1年で打った本塁打(32本)に迫る勢いで被弾した。9月24日の東京ドームでの対巨人最終戦では、4-0でリードの最終回にエディ・ギャラードが江藤智に同点満塁本塁打、二岡智宏にサヨナラ本塁打を浴びて優勝を決められてしまった。シーズン結果は2位。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • ポアロのあと何分あるの?

    ポアロのあと何分あるの?から見た二岡智宏二岡智宏

    入れても入れなくてもいいワード:二岡智宏、元木大介ポアロのあと何分あるの? フレッシュアイペディアより)

  • 満塁

    満塁から見た二岡智宏二岡智宏

    1試合最多満塁本塁打 - 2本、飯島滋弥(1951年10月5日)、二岡智宏(2006年4月30日)満塁 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た二岡智宏二岡智宏

    大阪近鉄バファローズからタフィ・ローズ、福岡ダイエーホークスから小久保裕紀とパ・リーグ本塁打王経験者が2選手同時に加入。怪我のため前年出場ゼロの小久保は41本塁打、96打点と復活。ローズも45本塁打、99打点と猛打を発揮し、本塁打王とベストナインを獲得。一番から仁志敏久、清水隆行、ローズ、高橋由伸、小久保、ペタジーニ、阿部慎之助、二岡智宏と続く「史上最強打線」はプロ野球記録のチーム259本塁打を記録し、究極の形となる。しかし、投手陣の不調を補って前半戦こそ優勝を争ったものの次第に超重量打線に極力サインを省いた戦いが機能しなくなり、機動力不足や高齢化による守備力の低下が目立つようになる。6月の中日戦で同一カード3連敗を喫し、首位を奪われ失速。優勝した中日に8ゲーム差を離されて3位に終わる。優勝した中日は福留孝介、アレックス、荒木雅博、井端弘和ら「打って走って守れる選手」と、川上憲伸を中心とする安定した投手力による“守り勝ち”野球だった。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

99件中 61 - 70件表示

「二岡智宏」のニューストピックワード