99件中 71 - 80件表示
  • 林昌範

    林昌範から見た二岡智宏二岡智宏

    11月14日、マイケル中村・工藤隆人との交換トレードで二岡智宏とともに北海道日本ハムファイターズに移籍。背番号は19に決定した。林昌範 フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見た二岡智宏二岡智宏

    松井は長年、ジャイアンツの精神的支柱であり、また、松井より後に入団してきた選手たち(特に仁志敏久、清水隆行、高橋由伸、二岡智宏)の目標となり、選手会長も務めていた。伝統である「ジャイアンツの4番は日本の4番」ともなり、他球団のファンでありながら松井を応援しているプロ野球ファンも多く、甲子園での巨人対阪神戦でも愛される数少ないジャイアンツ選手の一人であった。松井在籍時の10年間巨人はリーグ優勝4回(うち日本一3回)だったが、松井が抜けた2003年以降、4年間にわたってリーグ優勝から遠ざかった。球団の人気、巨人戦のテレビ観戦視聴率、球場への観客動員数もそれぞれ低下し、また、松井/清原と共にMKT砲と呼ばれた高橋由伸が怪我や故障に苦しみ始め、長嶋全盛期の頃の選手が次々と他球団へ移籍もしくは現役引退し、以前に増して戦力補強が繰り返されるようになった。これらの出来事は、いかに巨人にとって松井の存在が大きかったかを物語っている。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大須球場

    大須球場から見た二岡智宏二岡智宏

    なお同時に記録した1イニング7打点は1993年に池山隆寛(ヤクルトスワローズ)が、1試合2満塁本塁打は2006年に二岡智宏(読売ジャイアンツ、2打席連続)が記録している(飯島は2打席連続ではない)。大須球場 フレッシュアイペディアより)

  • 藪恵壹

    藪恵壹から見た二岡智宏二岡智宏

    1500投球回数:2003年7月11日、対読売ジャイアンツ17回戦(阪神甲子園球場)、1回表1死目に二岡智宏を遊撃ゴロで達成 ※史上151人目藪恵壹 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た二岡智宏二岡智宏

    投手陣ではダルビッシュと武田勝以外に規定投球回数に達した投手はいなかったが、巨人から移籍した林昌範、江尻慎太郎、宮西、菊地和正らリリーフ陣が成長し、ストッパーに転向した武田久は無敗のまま最多セーブ投手に輝いた。野手陣では大野奨太、巨人から二岡智宏らが加入し、更に投手から野手に転向した糸井嘉男の成長もあった。その結果、稲葉、糸井、高橋、金子誠が打率3割を超える活躍(稲葉以外シーズン3割はこの年が初)となり、チーム打率はリーグトップだった。対戦成績も、ソフトバンクにのみ11勝12敗1分と負け越したが、他のパ4球団には勝ち越し、ロッテには18勝6敗と大きく勝ち越した。クライマックスシリーズ第2ステージで、楽天を4勝1敗で下し、日本シリーズ進出を決めた。日本シリーズでは巨人と対戦、2勝4敗で日本一を逃した。11月22日、札幌市中心部でパリーグ優勝記念パレードが行われ、約11万1千人(実行委員会発表)のファンで賑わった。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見た二岡智宏二岡智宏

    格付けの他に「オシャレゲート」にもレギュラー出演していて初期の梨花や飯島愛並みの常連だった時期もある。出演初期こそ不倫イメージで順位が低かったが、「この女に口説かれたら落ちる!」というテーマで1位を取り、それ以降はいい女のイメージが定着した。2008年7月に読売ジャイアンツ(当時)に在籍していた二岡智宏と不倫騒動を起こし謹慎し降板。2009年5月に「格付け」に復帰したが、以降出演せず引退。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 小久保裕紀

    小久保裕紀から見た二岡智宏二岡智宏

    毎年、自主トレは大所帯で行っている。主にアリゾナで行っているが、稀に、奄美大島でやることもある。ソフトバンクのチームメイトである斉藤和巳は毎年恒例で、過去には高校の後輩である吉見祐治や林孝哉、チームメイトの松中信彦、村松有人、川崎宗則、明石健志、長谷川勇也、岩嵜翔なども参加。巨人時代は、二岡智宏、木佐貫洋の同行を球団に依頼された。車好きでもあり、国際免許を持っている。アリゾナ州ではチームメイトを乗せ、自らハンドルを持つことが多い。ただし、2011年は、斉藤がコーチになったことと、昨年自身がオーバーワークで離脱した反省を踏まえ、プロ入り初めて一人で自主トレを消化した。小久保裕紀 フレッシュアイペディアより)

  • アジア野球選手権大会

    アジア野球選手権大会から見た二岡智宏二岡智宏

    内野手:二岡智宏、井端弘和、小笠原道大、松井稼頭央、宮本慎也アジア野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た二岡智宏二岡智宏

    2月5日、巨人は長野にドラフト1位指名する方針を公表した。Hondaでは第80回都市対抗野球大会で打率.579(19打数11安打)の活躍で首位打者を獲得。チームを13年ぶりの優勝に導いた。10月29日のドラフト会議では巨人から確約通り単独1位で指名を受けた。ドラフト指名を2回拒否して3回目の指名を受けたのは、巨人の先輩に当たる岡本光(1982年に3回目の指名)以来となった。直後、原辰徳と対面し二岡智宏の移籍で空き番となっていた背番号「7」のユニフォームを手渡された。11月23日、契約金1億円、出来高払い5000万円、年俸1500万円(金額は推定)で契約合意。同日、東京ドームで行われた「ジャイアンツファンフェスタ」で入団発表を行った。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年

    1976年から見た二岡智宏二岡智宏

    4月29日 - 二岡智宏、プロ野球選手1976年 フレッシュアイペディアより)

99件中 71 - 80件表示

「二岡智宏」のニューストピックワード