115件中 71 - 80件表示
  • 的場寛一

    的場寛一から見た二岡智宏二岡智宏

    当時チームメイトだったのが、上原浩治、二岡智宏、阿部慎之助、矢野英司、藤井彰人、山下勝己、吉野誠、1999年:プロアマ交流の派遣で中日ドラゴンズの春季キャンプに参加し注目を浴びる。の第30回明治神宮野球大会では優勝と優秀選手を獲得。福岡六大学リーグ通算78試合出場、266打数80安打、打率.301、5本塁打、49打点。堅実な守備とシュアな打撃が評価され、阪神タイガース・中日ドラゴンズ・西武ライオンズ・大阪近鉄バファローズの4球団が逆指名枠を争ったが、同年のドラフト会議で阪神を逆指名し、1位指名で入団。的場寛一 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田誠

    沢田誠から見た二岡智宏二岡智宏

    数々の記録を打ち立てたが、その中で特筆すべきは大学通算本塁打10本である。この記録は関西学生野球連盟の新リーグ結成当初の時期の最高記録であり、この記録に並ぶ者は田尾安志(同大、旧関西六大学時代)、片岡篤史(同大)、田口壮(関学大)という錚々たる顔ぶれである。この記録は後に二岡智宏(近大)によって記録は破られた。なお、二岡に通算11本目の本塁打を打たれた試合は、自身が対戦相手として監督をしていた試合であった。沢田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤拓也 (野球)

    佐藤拓也 (野球)から見た二岡智宏二岡智宏

    特に、自身が持参している赤バットに対してはこだわりを持っていて、高校野球日本代表の時に、いくつかのいろんな形をしたバットを用意され、ぴたりと合ったのが、元プロ野球選手の二岡智宏が使っていたものと同じモデルだったといい、2016年春、このバットに改良を施した。佐藤拓也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 黒田哲史

    黒田哲史から見た二岡智宏二岡智宏

    、原辰徳が監督に復帰すると、チームは千葉ロッテマリーンズから小坂誠と、北海道日本ハムファイターズから古城茂幸、またシーズン中には広島東洋カープから木村拓也をそれぞれトレードで獲得して、内野守備の充実を図り、また正遊撃手の二岡智宏がフル出場を果たした他、ルーキーの脇谷亮太の台頭などに押し出される形で活躍の機会を失い、夏場以降は一軍での出場はなかった。シーズンオフに戦力外通告を受け、同年10月19日に無償トレードにより古巣・西武への移籍が決定。背番号は55。黒田哲史 フレッシュアイペディアより)

  • メークドラマ

    メークドラマから見た二岡智宏二岡智宏

    さらに、松井以来の10代での開幕スタメンを射止めた高卒2年目の坂本勇人がプロ初本塁打を満塁弾で決めるなど、二岡智宏に代わる遊撃手のレギュラーとしてブレイク。他にも亀井義行・脇谷亮太・隠善智也・加治前竜一などを積極的に日替わりでスターティングメンバーに起用した。代走・守備固め要員では鈴木尚広・古城茂幸などを試合終盤に多く起用。谷佳知・木村拓也・大道典嘉といった代打要員の中堅・ベテラン選手も日替わりで活躍した。投手でも中継ぎでこの年の新人王を受賞することとなる山口鉄也や越智大祐が70試合近い登板を記録。これに加えて西村健太朗が5月末までに両リーグトップとなる29試合に登板してリリーフ陣を支えた。メークドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 東日本放送

    東日本放送から見た二岡智宏二岡智宏

    用稲千春(北海道日本ハムファイターズ・二岡智宏夫人、1996年〜2002年、→東京でフリーアナウンサーだったが現在は活動停止、セント・フォース所属)東日本放送 フレッシュアイペディアより)

  • 田代富雄

    田代富雄から見た二岡智宏二岡智宏

    2015年10月29日に、読売ジャイアンツ(巨人)のファーム巡回打撃コーチに就任することが発表された。巨人では、二軍に加えて、2016年から新設される三軍の打撃指導も担当する。GMの堤辰佳は「人間的にしっかりした方。技術だけじゃなく、野球選手じゃなくなったときに、社会人としてどうするかを指導できる方。人間教育ができる。ファームを任せて、十分な能力を発揮してくれる」と田代のその人柄にほれ込んだ。3月29日、二軍打撃コーチの二岡智宏が入院休養の間二岡の不在期間二軍打撃コーチ務める。田代富雄 フレッシュアイペディアより)

  • 金子誠

    金子誠から見た二岡智宏二岡智宏

    は開幕から打撃不振でケガもあり絶不調に陥る。9月以後持ち直すも打率・本塁打数は前年をも下回った。同年オフに同じ遊撃手の二岡智宏がトレードで日本ハムに移籍したことについて、対抗心こそ見せないが「自分らしく」と、マイペースな意気込みを語った。金子誠 フレッシュアイペディアより)

  • 中井大介

    中井大介から見た二岡智宏二岡智宏

    2007年の高校生ドラフトで巨人から3巡目で指名され、10月31日、契約金5000万円年俸540万円で仮契約。背番号は94。野手としてプロ入りすることになったため、新人合同自主トレに向けて外野手用と内野手用のグラブを用意。目標の選手として二岡智宏の名前を挙げた。中井大介 フレッシュアイペディアより)

  • 山口鉄也

    山口鉄也から見た二岡智宏二岡智宏

    に2軍で5試合に登板し無失点と好投を続け、4月23日に支配下登録。29日に1軍初登板、1回無失点に抑えた。巨人で育成選手から支配下選手登録された選手は松本哲也に次いで2人目であり、松本はこの時点では出場していなかった為、巨人における育成枠での入団選手として初の1軍公式戦出場選手となった。5月9日の阪神タイガース戦に4番手として登板し初勝利。育成枠出身選手で初の勝利投手になった。試合後のヒーローインタビューでは、殊勲打を放った二岡智宏に「ありがとうございます」と感謝を述べた。その後も林昌範の故障で空いた左の中継ぎを一人で担うなど孤軍奮闘した。山口鉄也 フレッシュアイペディアより)

115件中 71 - 80件表示