99件中 81 - 90件表示
  • 金子誠

    金子誠から見た二岡智宏二岡智宏

    は開幕から打撃不振でケガもあり絶不調に。9月以後持ち直すも打率・本塁打数は前年をも下回ってしまった。同年オフに同じ遊撃手の二岡智宏がトレードで日本ハムに加入したことについて、対抗心こそ見せないが「自分らしく」と、マイペースな意気込みを語った。巨人との日本シリーズでは第1、2戦にスタメン出場したが無安打。以後は二岡がスタメン起用されたこともあり、出番がなかった。ちなみに二岡も2安打に終わっている。金子誠 フレッシュアイペディアより)

  • 川相昌弘

    川相昌弘から見た二岡智宏二岡智宏

    には大型遊撃手の二岡智宏の加入により出場機会は減少したものの、守備要員・バント要員で依然チームに欠かせない存在だった。遊撃手での出場機会が大幅に減り、三塁手での出場が中心になる。より、同い年の石井浩郎の退団に伴って空いた6番に背番号を変更。川相昌弘 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た二岡智宏二岡智宏

    ルーキーイヤーのはリーグ最多の2完封を含むシーズン10勝を挙げ新人王に選ばれる。しかし翌は成績が伸びず、シーズン途中から一時抑えに転向する。は14試合の登板にとどまり未勝利(0勝1敗5セーブ)、7月に右肩甲骨下の手術を行う。1月に二岡智宏とともに奄美大島での小久保裕紀・斉藤和巳の自主トレに同行。6月19日のオリックス戦で約1年ぶりに一軍登録、即先発するも、3失点で敗戦投手になる。合計3度先発のチャンスを与えられるが、いずれも序盤にKOされてしまい0勝3敗でシーズンを終え、2年連続未勝利という結果に終わった。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 日本大学第二中学校・高等学校

    日本大学第二中学校・高等学校から見た二岡智宏二岡智宏

    用稲千春(フリーアナウンサー、プロ野球選手二岡智宏夫人)日本大学第二中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本勇人

    坂本勇人から見た二岡智宏二岡智宏

    巨人では松井秀喜以来の10代での開幕スタメン入り(8番・二塁手)を果たす。開幕戦で二岡智宏が負傷した影響もありその後は遊撃手としてスタメン出場を続け、二岡の復帰後も遊撃手の位置を譲ることはなく全試合スタメン出場を果たした。高卒2年目での全試合スタメンは中西太、清原和博に続いて史上3人目(セ・リーグでは初)。オールスターゲームにも初出場し、第2戦で初安打を記録。西武との日本シリーズ第7戦では西口文也から本塁打を放つ。10代での日本シリーズ本塁打は当時西武だった清原以来22年ぶり。また、この年のオープン戦・公式戦・オールスター戦・クライマックスシリーズ・日本シリーズの172試合全てに出場した。新人王は同僚である山口鉄也に譲ったが(坂本は次点)、巨人では高橋由伸以来10年ぶりにセ・リーグ会長特別表彰(新人選手特別賞)を受賞した。坂本勇人 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・マシソン

    スコット・マシソンから見た二岡智宏二岡智宏

    昇格後はリリーフで11試合連続無失点を記録。5月3日には来日初勝利を挙げ、「きょうは球団の方が妻にボックス席を用意してくれたので、感謝している。この1勝は妻にささげたい」と語った。同月9日には初セーブも挙げるなど、セットアッパーとして好投を続け、6月29日の中日ドラゴンズ戦から西村健太朗に代わって抑えを任された。7月5日にはプロ野球史上4人目となる球速160km/hを記録。オールスターまでに10セーブを挙げたが、7月27日に右ひじの違和感で登録を抹消し、専門医の治療を受けるため一時帰国する。10月5日の横浜戦で戦線復帰。CSでは5イニングを投げ失点0被安打1と活躍。日本シリーズ第2戦では9回表に2アウト一塁三塁というピンチの場面で登板、一球で二岡智宏を打ち取り、日本シリーズでは初となる「一球でセーブ投手」を達成。優勝のかかった第6戦でも1点差の8回表に登板して無失点に抑え、チームの日本一に貢献した。スコット・マシソン フレッシュアイペディアより)

  • 宮本洋二郎

    宮本洋二郎から見た二岡智宏二岡智宏

    98年、広島県三次市出身で近畿大学の大型遊撃手だった二岡智宏の獲得に奔走する。結果、二岡の入団は確実と見られていたが、巨人の札束攻勢により事態は一転する。近畿大学関係者から球団に入団断りの連絡が入ったが、宮本は「二岡本人から断りの言葉を聞かない限りは引き下がれません」と突っぱねた。しかし宮本へ二岡の言葉が伝わることは最後まで無かった。宮本洋二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本放送

    東日本放送から見た二岡智宏二岡智宏

    用稲千春(北海道日本ハムファイターズ・二岡智宏夫人、1996年〜2002年、→東京でフリーアナウンサーだったが現在は活動停止、セント・フォース所属)東日本放送 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ゴンザレス (内野手)

    ルイス・ゴンザレス (内野手)から見た二岡智宏二岡智宏

    脇谷亮太・小坂誠とともに二塁手のレギュラーを争い、二岡智宏の故障による小坂の遊撃手復帰、脇谷も三塁手へ移動したため、レギュラーは確定的と見られていた。ゴンザレスも期待通りにオープン戦で好調を維持し続けたため、3月30日の対横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)に出場すると、三浦大輔から左中間へ決勝本塁打を放った。しかし、次の打席で手首に受けた死球によって患部に水が溜まり、4月6日に降格した。5月に再昇格したものの、古傷の手首痛が発症して降格するなど、一軍と二軍を行ったり来たりの日々が続く。9月12日に再昇格すると、9月19日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)でライアン・ボーグルソンから先制満塁本塁打を放ち、勝利に貢献した。この年は打率.247・3本塁打の成績に終わったが、得点圏打率.375と勝負強さを発揮し、堅実な守備でも貢献。優勝が決定していた10月2日には追撃の特大本塁打を放つなど、優勝にも大きく貢献した。ルイス・ゴンザレス (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・オチョア

    アレックス・オチョアから見た二岡智宏二岡智宏

    ドリーム☆アゲイン - 本人役で登場。打席に出るも記録は巨人・二岡智宏に渡るショートゴロ。アレックス・オチョア フレッシュアイペディアより)

99件中 81 - 90件表示

「二岡智宏」のニューストピックワード