115件中 81 - 90件表示
  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た二岡智宏二岡智宏

    大阪近鉄バファローズからタフィ・ローズ、福岡ダイエーホークスから小久保裕紀とパ・リーグ本塁打王経験者が2選手同時に加入。怪我のため前年出場ゼロの小久保は41本塁打、96打点と復活。ローズも45本塁打、99打点と猛打を発揮し、本塁打王とベストナインを獲得。一番から仁志敏久、清水隆行、ローズ、高橋由伸、小久保、ペタジーニ、阿部慎之助、二岡智宏と続く「史上最強打線」はプロ野球記録のチーム259本塁打を記録した。しかし、投手陣の不調を補って前半戦こそ優勝を争ったものの6月の中日戦で同一カード3連敗を喫し、首位を奪われ失速。優勝した中日に8ゲーム差を離されて3位に終わる。須藤、池谷が辞任した。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山下勝充

    山下勝充から見た二岡智宏二岡智宏

    高校卒業後は近畿大学へ進学。2年時に二岡智宏、藤井彰人らと共に史上初のアマチュア五冠(春のリーグ戦、秋のリーグ戦、大学選手権、明治神宮大会、全日本アマチュア野球王座決定戦の五大会で優勝)を達成。2年と3年の春にベストナインを受賞。山下勝充 フレッシュアイペディアより)

  • 4月29日

    4月29日から見た二岡智宏二岡智宏

    1976年 - 二岡智宏、プロ野球選手4月29日 フレッシュアイペディアより)

  • セント・フォース

    セント・フォースから見た二岡智宏二岡智宏

    用稲千春(元東日本放送、元プロ野球選手 二岡智宏の夫人)☆セント・フォース フレッシュアイペディアより)

  • スコット・マシソン

    スコット・マシソンから見た二岡智宏二岡智宏

    は守護神候補として期待されたが、春季キャンプで加治前竜一の頭部に死球を当てるなど制球難を露呈した。開幕前後に二軍で調整中に豊田清二軍投手コーチから、投げ急ぐ癖とフォークボールの握りを修正されたことで復調すると、4月15日に中継ぎの人材補充のため1軍昇格した。昇格後はリリーフで11試合連続無失点を記録。5月3日には来日初勝利を挙げ、「きょうは球団の方が妻にボックス席を用意してくれたので、感謝している。この1勝は妻にささげたい」と語った。同月9日には初セーブも挙げるなど、セットアッパーとして好投を続け、6月29日の中日ドラゴンズ戦から西村健太朗に代わって抑えを任された。この年にスコット鉄太朗を結成し、ニッカンスポーツに大々的にとりあげられる。。7月5日にはプロ野球史上4人目となる球速160km/hを記録。オールスターまでに10セーブを挙げたが、7月27日に右ひじの違和感で登録を抹消し、専門医の治療を受けるため一時帰国。10月5日の横浜戦で戦線復帰した。この年は40試合に登板し、2勝10セーブ8ホールド・防御率1.71と故障離脱がありながらも安定した成績を残した。マシソンが離脱している間にチームは3年ぶりにリーグ優勝し、CSでは5イニングを投げ失点0被安打1と活躍しCS突破に貢献。日本シリーズ第2戦では9回表に2アウト1塁3塁というピンチの場面で登板、一球で二岡智宏を打ち取り、日本シリーズでは初となる「一球でセーブ投手」を達成。日本一のかかった第6戦でも1点差の8回表に登板して無失点に抑え、チームの日本一に貢献した。スコット・マシソン フレッシュアイペディアより)

  • 広岡達朗

    広岡達朗から見た二岡智宏二岡智宏

    広岡自身は自著『意識革命のすすめ』他で、歴代プロ野球で最も評価する監督として西本幸雄をあげている。日本シリーズでは一度も勝利を得ることがなかった西本であるが、広岡は選手を一から育成し弱小球団だった阪急や近鉄をリーグ優勝にまで導いた西本の手腕を絶賛している。この西本への評価から、広岡の理想の指導者像が「勝つ」能力ではなく、「育てる」能力をもった指導者であることがわかる。清武英利がゼネラルマネージャーの頃に育成重視の方針を採っていたが、その時代を除きFA制度その他で完成した選手しか集めなくなった現在の巨人に対しては厳しい批判を向けている。同じ広島出身で巨人の遊撃手としても後輩である二岡智宏は高く評価していたが、現在の遊撃手である坂本勇人は評価しておらず、しばしば著書などでその守備やプレースタイルに厳しい批評を行っている。広岡達朗 フレッシュアイペディアより)

  • ジグソー

    ジグソーから見た二岡智宏二岡智宏

    1966年にウェスト・ミッドランズ・コヴェントリーで結成。ソフトロックバンドとして1968年にデビュー。当初はかなり野性的なイメージ戦略をとっていたが、やがて音楽性はポップな方向へと傾く。しかしセールスは芳しくなく、西ドイツのBASF・レーベルなどマイナーやインディーズのレーベルへ移籍。この期間に発表したLPレコードはイギリスでは1990年代希少価値から中古盤は高値で取引されていた。再移籍直後の1975年、ジミー・ウォング主演の香港・オーストラリア合作アクション映画「(原題:)」の主題曲として制作した「スカイ・ハイ」をリリース、全米3位の大ヒットになった。当初レコード会社は大して売れるはずもなかろうと数百枚しかプレスしなかったという。印象的なイントロで始まるドラマチックな構成のこの曲は日本でもオリコン週間総合2位と大ヒットした。プロレスラーのミル・マスカラスの入場曲や、元北海道日本ハムファイターズの二岡智宏、元阪神タイガースの八木裕の登場曲、ガイナーレ鳥取の試合出場選手紹介時のBGMとして使われたほか、CM音楽などでも多用されている。ジグソー フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本シリーズ

    2012年の日本シリーズから見た二岡智宏二岡智宏

    野手:飯山、二岡(以上内野手)※控え捕手・外野手は全て出場2012年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 仁志敏久

    仁志敏久から見た二岡智宏二岡智宏

    ''から原辰徳が監督に就任。投手の左右を問わず安定した働きを見せていた清水隆行を1番に固定し、仁志を2番で起用する構想を打ち出す(原曰く「1番打者が2人いるような打線」を組もうとする構想)。しかし打撃不振に陥った挙げ句に故障してしまい、二岡智宏が2番に起用された。復帰後は7・8番に定着し、規定打席には僅かに及ばなかったものの得点圏打率.320と活躍したほか、リーグ2位の22盗塁で盗塁成功率100パーセントを記録(盗塁数20以上での成功率100パーセントはセ・リーグ初)した。なお規定打席に到達しなかったのはプロ入り初である。日本シリーズでも日本一に貢献した。この年もゴールデングラブ賞を受賞したが、これでから4年連続で ゴールデングラブ賞を二塁手として受賞した。現在、巨人の二塁手としてゴールデングラブ賞を受賞したのは、仁志が最後である。仁志敏久 フレッシュアイペディアより)

  • 前田幸長

    前田幸長から見た二岡智宏二岡智宏

    9月24日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)に先発。この試合に中日が負けると巨人がリーグ優勝をしてしまう試合であったが、上原浩治、槙原寛己、木村龍治、平松一宏と投げ合い8回まで被安打5・無四球無失点と生涯最高のピッチングを展開。しかし9回裏に先頭・元木大介、高橋由伸と二者連続でライト前ヒットを浴び降板。リリーフしたエディ・ギャラードが松井秀喜にもライト前ヒット、江藤智に同点満塁弾、更に二岡智宏にサヨナラホームランを浴び、巨人に4年ぶりのリーグ優勝を決められた。同年は41試合に登板したが、先発登板も12試合あった。5勝4敗、防御率3.78と若干調子を落とした。前田幸長 フレッシュアイペディアより)

115件中 81 - 90件表示

「二岡智宏」のニューストピックワード