前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示
  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た原辰徳

    ルーキーイヤーから2007年まではコンスタントに2割8分20本塁打を記録する遊撃手だった。当時巨人の監督だった長嶋茂雄はその身体能力、潜在能力の高さを見抜き「いつか三番打者を打ち、3割・30本塁打・30盗塁を記録する」と発言し、原辰徳監督にも将来の主軸として期待された選手のひとりであった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た長嶋茂雄

    4月30日の対中日戦で日本プロ野球初の2打席連続満塁本塁打を含む3本塁打10打点を挙げた()。6月8日の対ソフトバンク戦で球団第71代目の四番打者として先発出場。巨人の生え抜き選手での四番打者は高橋由伸以来7年ぶりであり、巨人の「四番・遊撃手」は1961年の長嶋茂雄以来35年ぶりであった。その後も安定した成績を残し、終盤に膝痛を発症しながらも試合に出場し続け、Bクラスに低迷するチームで唯一全試合出場と気を吐いた。翌は、開幕戦こそ怪我で欠場したものの、4月1日の対横浜戦でシーズン初出場。自己最多となる83打点を挙げた。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た稲葉篤紀

    5月7日の試合で勝ち越しのホームランを放ち、ヒーローインタビューを受けた際に同じくホームランを打った中田翔に対して「中田の品のないホームランよりは、僕のほうが品があったんじゃないかと思います」と洒落で札幌ドームの日ハムファンの笑いを誘った。シーズンを通しては様々な故障を抱えていることや、稲葉篤紀やマイカ・ホフパワーがDHで使われるようになったことなどがあり、守備には一度もつかず、出場数が減ることとなり、主に指名打者もしくは代打での出場が主となった。7月9日の試合で川岸強から代打満塁本塁打を放つなど、新しい立ち位置ながらも随所で活躍を見せた。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た川相昌弘

    ルーキーイヤーの、長期にわたり巨人の遊撃手のレギュラーだった川相昌弘からポジションを奪取。126試合に出場し打率.289、18本塁打の成績を残した。例年ならば新人王に選ばれても決しておかしくない活躍だったが、同期入団で投手主要タイトルを総ナメにしていた上原浩治が新人王に選出された。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た坂本勇人

    、高橋に代わり第15代目巨人軍選手会長に就任。同年の開幕戦に出場するものの、試合中に右ふくらはぎを肉離れし、翌日より二軍調整。約4ヶ月後の7月20日の横浜戦で一軍復帰するまでの間に正遊撃手の座を坂本勇人に奪われていたため、三塁手にコンバートされたが、9月14日に右足首を捻挫して再び二軍落ち、ポストシーズンに出場することなくそのままシーズンを終えた。11月14日、マイケル中村・工藤隆人との交換トレードで林昌範と共に日本ハムへ移籍。なお、「選手会長の任期1年での解任」と「選手会長がトレードに出されたこと」は、共に球団史上初めての事だった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た小谷野栄一

    日本ハムでは足の爆弾を考慮され、指名打者としての出場がほとんどである。ただし、内野の主力選手(金子誠、小谷野栄一など)がスタメン落ちなどした場合の代役として遊撃手、三塁手の守備に就くこともある。また、2010年にはこれらに加えて高橋信二、稲葉篤紀などの故障から、一塁手の練習も始める。そのため、指名打者と兼ねて一塁手としての出場も増えた。2011年とは怪我の影響もあり守備には一度も就いていない。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た星野仙一

    細身だが柔軟な手首を利かした打撃で右翼方向へ大きな打球を飛ばすことができる。巨人時代には「ミスター右中間」の異名をとった。日本代表監督星野仙一(当時)からも右打者で右翼方向に本塁打が打てる数少ない打者と評価され、北京五輪予選の代表の第一次選考にも選ばれた。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た黒田博樹

    初本塁打・初打点:1999年4月14日、対広島東洋カープ2回戦(東京ドーム)、5回裏に黒田博樹から左越ソロ二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た小笠原道大

    プロ入り後のキャリア初期においては、遊撃手として俊足と強肩を生かした守備を見せ、巨人不動の遊撃手となるまでに成長した。しかし、下半身の度重なる故障により徐々にスピードも衰え、守備範囲が狭くなっていった。2008年、二岡と同じ遊撃手である坂本勇人が頭角を現して一軍に昇格したが、既述の通り不動の遊撃手であった二岡からポジションを奪取するまでには至らず、空きのあった二塁手として出場した。しかし、すぐ後に二岡が肉離れにより二軍調整を余儀なくされると、それを埋めるために坂本が遊撃手を担い、その後二岡が再び一軍に戻ってきた頃には原監督の信頼を得、既に定着してしまっていた。そのため、二岡の方が他の守備位置に転向せざるを得なくなった。二岡は三塁手に転向(当時小笠原道大が既に在籍していたが、このシーズンは主に本業である一塁手として出場した)したが、当初は不慣れであるために失策が多かった。しかし持ち前のセンスと練習により技術の向上が見られた。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た中田翔

    5月7日の試合で勝ち越しのホームランを放ち、ヒーローインタビューを受けた際に同じくホームランを打った中田翔に対して「中田の品のないホームランよりは、僕のほうが品があったんじゃないかと思います」と洒落で札幌ドームの日ハムファンの笑いを誘った。シーズンを通しては様々な故障を抱えていることや、稲葉篤紀やマイカ・ホフパワーがDHで使われるようになったことなどがあり、守備には一度もつかず、出場数が減ることとなり、主に指名打者もしくは代打での出場が主となった。7月9日の試合で川岸強から代打満塁本塁打を放つなど、新しい立ち位置ながらも随所で活躍を見せた。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示

「二岡智宏」のニューストピックワード