115件中 91 - 100件表示
  • 二岡智宏

    二岡智宏から見たプロ野球選手

    二岡 智宏(におか ともひろ、1976年4月29日 - )は、広島県三次市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、コーチ。現在は読売ジャイアンツの一軍打撃コーチを務めている。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た福岡ドーム

    は開幕から40試合本塁打がなく、シーズン初本塁打は対ソフトバンク戦(福岡ヤフードーム)で打ったランニング本塁打だった。8月12日の対阪神戦で打ったサヨナラ本塁打により、同一リーグの対戦球団全てからサヨナラ本塁打を記録。夏場になると調子を上げていき、8月30日から9月29日まで22試合連続試合安打を記録するなど安打を量産し、自己最高打率を更新(.301)した。オフの12月18日、フリーアナウンサーの用稲千春と結婚した。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た内野手

    二岡 智宏(におか ともひろ、1976年4月29日 - )は、広島県三次市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、コーチ。現在は読売ジャイアンツの一軍打撃コーチを務めている。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た小学生

    2003年オフに、それまで個人シートを設置していた川相昌弘が中日ドラゴンズへ移籍したこと、打率.300、29本塁打の好成績、ベストナイン受賞、年俸1億円突破などの功績で主力選手と認められたことで、2004年シーズンより二岡の自費で観客を招く『二岡ボックス』の設置が球団から許可された。この二岡ボックスは、本人の「交通事故によって(親を失った)自分と同じような境遇にある子どもたちに僕のプレーを見てもらいたい」という希望により、交通事故で親が死亡または重い後遺症を背負った・中学生を対象に、東京ドームで開かれる読売ジャイアンツ主催のプロ野球公式戦の全試合に、各試合4人ずつを招待する(チケット並びに交通費など観戦費用の補助も含む)為の席として設けられた。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た最優秀新人 (日本プロ野球)

    126試合に出場し打率.289、18本塁打の成績を残した。例年ならば新人王に選ばれても決しておかしくない活躍だったが、同期入団で投手主要タイトルを総ナメにしていた上原浩治が新人王に選出された。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た横浜DeNAベイスターズ

    150本塁打:2007年8月2日、対横浜ベイスターズ17回戦(横浜スタジアム)、1回表にマットホワイトから右越先制ソロ ※史上145人目(巨人選手として11人目)二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見たJA全農Go・Go賞

    JA全農Go・Go賞:1回 (好捕賞:2007年7月)二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た全日本アマチュア野球王座決定戦

    進学した近畿大学では1年生時からレギュラーとなり、7期連続ベストナイン、関西学生リーグ通算歴代1位の13本塁打、歴代2位の通算114安打を記録し、藤井彰人らと共に大学日本一など多くのタイトルを獲得。には春・秋のリーグ戦、大学選手権、明治神宮野球大会、社会人選手権優勝チームとのアマ王座決定戦の全てで優勝し、史上初のアマチュア五冠達成の原動力となった。同年8月にはIBAFインターコンチネンタルカップに日本代表として出場、優勝メンバーの一員となる。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た品川区

    2008年7月6日に、山本モナとともに「東京都品川区五反田のラブホテル街に出入りしていた」という記事が、2008年(平成20年)7月10日発売の女性週刊誌『女性セブン』に、写真付きで不倫スキャンダルとして掲載された。プロ野球史上最も歴史が古い巨人は長年、「巨人軍は紳士であれ」という伝統を受け継いでいるため、その伝統を汚してしまった。このため一軍復帰は見送られた。同年のシーズンオフをもって、林昌範とともに日本ハムにトレードとなる。長年巨人を支えた看板選手の一人でなおかつ当時は選手会長であり、その年は故障で若い坂本にスタメンを奪われたものの当時32歳でまだまだ坂本ら若手と競争となってもスタメンを奪回できる機会や実力はあると思われたため、1シーズンの不振でトレードされた事についてはこのスキャンダルが原因と考える世論も多かった。 同時にトレードされた林もプライベートでのスキャンダル疑惑が当時写真誌に報じられており、それらの報道の真偽がどうであれ球団のイメージダウンに繋がる可能性もあるため、「二岡と共に球団のイメージダウンを嫌って追放されたのでは」と週刊誌等で憶測が流れていた。二岡は、髪を丸刈りにしてこの騒動を謝罪した。また、試合出場時には、観客から野次が飛んだ。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た西武ドーム

    1000本安打:2007年6月2日、対西武ライオンズ1回戦(グッドウィルドーム)、5回表に山崎敏から左越3ラン ※史上245人目二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

115件中 91 - 100件表示