121件中 31 - 40件表示
  • 二岡智宏

    二岡智宏から見たディッキー・ゴンザレス

    4月15日から4月18日、5月16日から5月22日、5月29日から6月2日までと4番遊撃手・三塁手・指名打者で出場した。5月19日の巨人戦(札幌ドーム)でディッキー・ゴンザレスから本塁打を打ったことで、セ・パ12球団全てからの本塁打を記録した。また、2年連続DH枠でオールスターゲームに出場した。シーズン10月19日に痛めていた、右ひじの手術を行った。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た林昌範

    、高橋に代わり第15代目巨人軍選手会長に就任。同年の開幕戦に出場するものの、試合中に右ふくらはぎを肉離れし、翌日より二軍調整。約4ヶ月後の7月20日の横浜戦で一軍復帰するまでの間に正遊撃手の座を坂本勇人に奪われていたため、三塁手にコンバートされたが、9月14日に右足首を捻挫して再び二軍落ち、ポストシーズンに出場することなくそのままシーズンを終えた。11月14日、マイケル中村・工藤隆人との交換トレードで林昌範と共に日本ハムへ移籍。なお、「選手会長の任期1年での解任」と「選手会長がトレードに出されたこと」は、共に球団史上初めての事だった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た埼玉西武ライオンズ

    は開幕直後から陥ったスランプと7月19日の対阪神戦で負った左手有鈎骨骨折で苦しみ、86試合出場に留まったが、には二番打者として定着、112試合に出場し、巨人の遊撃手としては初の20本塁打以上となる24本塁打を放った。同年秋の西武との日本シリーズでは、シリーズ史上初の3戦連続猛打賞、第1戦の第2打席から第2戦の第2打席まで5打席連続安打(1977年の土井正三と並んで日本シリーズ歴代3位、球団タイ記録)、第3戦では満塁本塁打を放つなど4試合通算で19打数9安打(打率.474)、打点5の成績を残し、日本シリーズMVPに輝いた。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た阪神タイガース

    のドラフトでは、二岡の獲得を巡って地元球団の広島東洋カープのほか、阪神タイガース、読売ジャイアンツ(巨人)が争うこととなった。広島は地元出身の二岡を高校時代から評価しており、同年春の段階で希望入団枠制度枠(希望枠)による獲得を目指すことを早々に公表、また希望枠による選手獲得は二岡以外には行わない姿勢を見せた。阪神も二岡が地元関西の近畿大学在学とあって同年春に1位指名を表明したものの、一時は全国高等学校野球選手権大会で大活躍した松坂大輔指名に傾くなど迷いを見せ、秋になって再度二岡指名を表明した。だが最終的には二岡は、ドラフト直前になって一気に巻き返した巨人(上原浩治の1位指名を予定していたため、2位指名が確実だった)を逆指名した。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た読売ジャイアンツ

    のドラフトでは、二岡の獲得を巡って地元球団の広島東洋カープのほか、阪神タイガース、読売ジャイアンツ(巨人)が争うこととなった。広島は地元出身の二岡を高校時代から評価しており、同年春の段階で希望入団枠制度枠(希望枠)による獲得を目指すことを早々に公表、また希望枠による選手獲得は二岡以外には行わない姿勢を見せた。阪神も二岡が地元関西の近畿大学在学とあって同年春に1位指名を表明したものの、一時は全国高等学校野球選手権大会で大活躍した松坂大輔指名に傾くなど迷いを見せ、秋になって再度二岡指名を表明した。だが最終的には二岡は、ドラフト直前になって一気に巻き返した巨人(上原浩治の1位指名を予定していたため、2位指名が確実だった)を逆指名した。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た広島東洋カープ

    のドラフトでは、二岡の獲得を巡って地元球団の広島東洋カープのほか、阪神タイガース、読売ジャイアンツ(巨人)が争うこととなった。広島は地元出身の二岡を高校時代から評価しており、同年春の段階で希望入団枠制度枠(希望枠)による獲得を目指すことを早々に公表、また希望枠による選手獲得は二岡以外には行わない姿勢を見せた。阪神も二岡が地元関西の近畿大学在学とあって同年春に1位指名を表明したものの、一時は全国高等学校野球選手権大会で大活躍した松坂大輔指名に傾くなど迷いを見せ、秋になって再度二岡指名を表明した。だが最終的には二岡は、ドラフト直前になって一気に巻き返した巨人(上原浩治の1位指名を予定していたため、2位指名が確実だった)を逆指名した。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た福岡ソフトバンクホークス

    は開幕から40試合本塁打がなく、シーズン初本塁打は対ソフトバンク戦(福岡ヤフードーム)で打ったランニング本塁打だった。8月12日の対阪神戦で打ったサヨナラ本塁打により、同一リーグの対戦球団全てからサヨナラ本塁打を記録。8月30日から9月29日まで22試合連続試合安打を記録するなど安打を量産し、自己最高打率を更新(.301)した。オフの12月18日、フリーアナウンサーの用稲千春と結婚した。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た石井裕也 (野球)

    2打席連続満塁本塁打:2006年4月30日、対中日ドラゴンズ6回戦(東京ドーム)、4回裏に石井裕也、5回裏にクラウディオ・ガルバから ※史上初二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た宮本洋二郎

    この選択は野村謙二郎の後継者として期待し、さらに高校時代から長年に渡り広島球団が目をかけていたことを知る地元から猛烈な反感を買った。また、広島スカウトの宮本洋二郎は、近畿大学在学中の4年間、常に二岡をマークし、全日本代表に選ばれた際にはオランダ・イタリアまで遠征し、1998年秋の時点で、広島に来てくれるという確かな感触を掴んでいたという。ところがドラフト直前になって巨人が猛攻勢を仕掛け、「ある一日」を境に立場が逆転してしまった。入団断りの連絡が大学関係者から広島球団に入った際、諦めきれなかった宮本は「僕は二岡本人から入団断りの言葉を聞いていない、それを聞くまでは下がれません」と突っぱねた。しかし宮本が二岡本人の言葉を聞くことは最後まで無かった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見たクラウディオ・ガルバ

    2打席連続満塁本塁打:2006年4月30日、対中日ドラゴンズ6回戦(東京ドーム)、4回裏に石井裕也、5回裏にクラウディオ・ガルバから ※史上初二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

121件中 31 - 40件表示

「二岡智宏」のニューストピックワード