115件中 31 - 40件表示
  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た阪神タイガース

    のドラフトでは、二岡の獲得を巡って地元球団の広島東洋カープのほか、阪神タイガース、読売ジャイアンツ(巨人)が争うこととなった。広島は地元出身の二岡を高校時代から評価しており、同年春の段階で希望入団枠制度枠(希望枠)による獲得を目指すことを早々に公表、また希望枠による選手獲得は二岡以外には行わない姿勢を見せた。阪神も二岡が地元関西の近畿大学在学とあって同年春に1位指名を表明したものの、一時は全国高等学校野球選手権大会で大活躍した松坂大輔指名に傾くなど迷いを見せ、秋になって再度二岡指名を表明した。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た西山秀二

    初盗塁:1999年4月21日、対広島東洋カープ5回戦(広島市民球場)、3回表に二盗(投手:菊地原毅、捕手:西山秀二二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た川尻哲郎

    初安打:同上、7回裏に川尻哲郎から中前安打二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た川岸強

    5月7日の試合で勝ち越しのホームランを放ち、ヒーローインタビューを受けた際に同じくホームランを打った中田翔に対して「中田の品のないホームランよりは、僕のほうが品があったんじゃないかと思います」と洒落で札幌ドームの日ハムファンの笑いを誘った。シーズンを通しては様々な故障を抱えていることや、稲葉篤紀やマイカ・ホフパワーが一塁手で使われるようになったことなどがあり、守備には一度もつかず、出場数が減ることとなり、主に指名打者もしくは代打での出場が主となった。7月9日の試合で川岸強から代打満塁本塁打を放った。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た石井裕也 (野球)

    2打席連続満塁本塁打:2006年4月30日、対中日ドラゴンズ6回戦(東京ドーム)、4回裏に石井裕也、5回裏にクラウディオ・ガルバから ※史上初二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た宮本洋二郎

    広島スカウトの宮本洋二郎は、近畿大学在学中の4年間常に二岡をマークし、全日本代表に選ばれた際にはオランダ・イタリアまで遠征し、1998年秋の時点で広島に来てくれるという確かな感触を掴んでいたという。球団も野村謙二郎の後継者として期待していたが、最終的に二岡はドラフト直前になって一気に交渉を進め巻き返した巨人(上原浩治の1位指名を予定していたため、2位指名が確実だった)を逆指名した。入団断りの連絡が大学関係者から広島球団に入った際、諦めきれなかった宮本は「僕は二岡君本人から入団断りの言葉を聞いていない、それを聞くまでは下がれません」と食い下がったが、宮本が二岡本人の言葉を聞くことは最後まで無かった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見たクラウディオ・ガルバ

    2打席連続満塁本塁打:2006年4月30日、対中日ドラゴンズ6回戦(東京ドーム)、4回裏に石井裕也、5回裏にクラウディオ・ガルバから ※史上初二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た工藤隆人

    2008年11月14日、マイケル中村・工藤隆人との交換トレードで林昌範とともに日本ハムへ移籍。なお、「選手会長の任期1年での解任」と「選手会長がトレードに出されたこと」は異例中の異例で、ともに球団史上初めての事である。11月25日に札幌市内で入団会見を行った。背番号は「(巨人時代の)7以外なら何でもいい」という本人の要望により23となった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見たプロ野球コーチ

    二岡 智宏(におか ともひろ、1976年4月29日 - )は、広島県三次市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、コーチ。現在は読売ジャイアンツの一軍打撃コーチを務めている。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た中井哲之

    (広陵高校2年生時)の秋、翌春の選抜高校野球大会の実質的な予選となる広島県秋季大会に選手として出場。10月2日に行われた同大会の準決勝を応援に向かった両親が交通事故に遭う。二岡は準決勝戦の終了後に、母親は無事だったが父親が意識不明であることを知らされる。当日夜は病院で父に付き添い、10月3日の決勝戦へ臨むこととなった(この頃「自分の責任ではないか」とも思えていたという。)。決勝戦は広島商業と対戦し9回裏二死まで8 - 0とリード、福原が完封目前だったが中井哲之監督の配慮で二岡が登板、3球三振で試合を決めた。父親は10月7日に他界。この経験からプロ入り後、親が交通事故に遭った小・中学生を試合に招待する活動を行うことになる(後述)。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

115件中 31 - 40件表示