121件中 41 - 50件表示
  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た工藤隆人

    、高橋に代わり第15代目巨人軍選手会長に就任。同年の開幕戦に出場するものの、試合中に右ふくらはぎを肉離れし、翌日より二軍調整。約4ヶ月後の7月20日の横浜戦で一軍復帰するまでの間に正遊撃手の座を坂本勇人に奪われていたため、三塁手にコンバートされたが、9月14日に右足首を捻挫して再び二軍落ち、ポストシーズンに出場することなくそのままシーズンを終えた。11月14日、マイケル中村・工藤隆人との交換トレードで林昌範と共に日本ハムへ移籍。なお、「選手会長の任期1年での解任」と「選手会長がトレードに出されたこと」は、共に球団史上初めての事だった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た西山秀二

    初盗塁:1999年4月21日、対広島東洋カープ5回戦(広島市民球場)、3回表に二盗(投手:菊地原毅、捕手:西山秀二二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た川尻哲郎

    初安打:同上、7回裏に川尻哲郎から中前安打二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た中井哲之

    (広陵高校2年生時)の秋、翌春の選抜高校野球大会の実質的な予選となる広島県秋季大会に選手として出場。10月2日に行われた同大会の準決勝を応援に向かった両親が交通事故に遭う。二岡は準決勝戦の終了後に、母親は無事だったが父親が意識不明であることを知らされる。当日夜は病院で父に付き添い、10月3日の決勝戦へ臨むこととなった。決勝戦は広島商業と対戦し9回裏二死まで8 - 0とリード、福原が完封目前だったが中井哲之監督の配慮で二岡が登板、3球三振で試合を決めた。父親は10月7日に他界。この経験からプロ入り後、親が交通事故に遭った小・中学生を試合に招待する活動を行うことになる(後述)。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た札幌市

    2008年11月25日に札幌市内で入団会見を行った。背番号は「(巨人時代の)7以外なら何でもいい」という本人の要望により23となった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    の春季キャンプでは足の故障の影響で中盤から別メニューで調整し、終了後も二軍調整していたが、オープン戦期間中に一軍復帰。3月14日に行われた中日戦(札幌ドーム)で試合途中に移籍後初出場。3月17日の巨人戦(東京ドーム)では移籍後初安打を放った。シーズンが始まると、4月4日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦(札幌ドーム)で移籍後シーズン初安打を、4月7日の千葉ロッテマリーンズ戦(東京ドーム)で移籍後初本塁打を打った。この年は自身初となるDH枠でオールスターゲームのファン投票で出場した。代打としても21回起用され、代打での打率は.400(20打数8安打)だった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た全国高等学校野球選手権広島大会

    (同高校3年生時)には福原との二枚エース兼三塁手のレギュラーとなる。この年の広陵高校は高校野球大会広島県予選の優勝候補筆頭であったが、新井貴浩のいた広島工業高校に敗れた。高校卒業時にプロからの誘いもあったが、元々進学希望であったのでこれを断り、近畿大学に進学した。なお、実兄も広陵高校野球部に所属し、の第63回選抜高等学校野球大会の優勝メンバーだった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た独立行政法人

    二岡ボックスの実施により、2004年11月には、独立行政法人自動車事故対策機構から感謝状を贈呈されている。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見たIBAFインターコンチネンタルカップ

    進学した近畿大学では1年生時からレギュラーとなり、7期連続ベストナイン、関西学生リーグ通算歴代1位の13本塁打、歴代2位の通算114安打を記録し、藤井彰人らと共に大学日本一など多くのタイトルを獲得。には春・秋のリーグ戦、大学選手権、明治神宮野球大会、社会人選手権優勝チームとのアマ王座決定戦の全てで優勝し、史上初のアマチュア五冠達成の原動力となった。同年8月にはIBAFインターコンチネンタルカップに日本代表として出場、優勝メンバーの一員となる。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た監督

    ルーキーイヤーから2007年まではコンスタントに2割8分20本塁打を記録する遊撃手だった。当時巨人の監督だった長嶋茂雄はその身体能力、潜在能力の高さを見抜き「いつか三番打者を打ち、3割・30本塁打・30盗塁を記録する」と発言し、原辰徳監督にも将来の主軸として期待された選手のひとりであった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

121件中 41 - 50件表示

「二岡智宏」のニューストピックワード