115件中 51 - 60件表示
  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た戦力外通告

    もシーズン序盤から代打要員として一軍に帯同していたが、両脹脛の不調もあって5月30日に二軍降格、10日間の調整を経て再び一軍に復帰するも本来の調子が取り戻せず、42打数3安打、打率.071とシーズンを通して不調に終わった。10月3日に球団から戦力外通告を受けた。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た東北地方太平洋沖地震

    2011年3月11日に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の義援金として日本赤十字社を通じ200万円を寄付している。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た広島市民球場 (初代)

    初盗塁:1999年4月21日、対広島東洋カープ5回戦(広島市民球場)、3回表に二盗(投手:菊地原毅、捕手:西山秀二)二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た安打

    進学した近畿大学では1年生時からレギュラーとなり、7期連続ベストナイン、関西学生リーグ通算歴代1位の13本塁打、歴代2位の通算114安打を記録し、藤井彰人らと共に大学日本一など多くのタイトルを獲得。には春・秋のリーグ戦、大学選手権、明治神宮野球大会、社会人選手権優勝チームとのアマ王座決定戦の全てで優勝し、史上初のアマチュア五冠達成の原動力となった。同年8月にはIBAFインターコンチネンタルカップに日本代表として出場、優勝メンバーの一員となる。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た東京ヤクルトスワローズ

    はシーズン序盤から右手親指の故障に苦しみ、118試合に出場したものの規定打席には大きく届かなかったが、シーズン後半には優勝争いをしていたチームに復帰し、7月16日の対ヤクルト戦でサヨナラ本塁打を打ったほか、9月24日の対中日戦では巨人のセントラル・リーグ優勝を決めるサヨナラ本塁打を打った。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た近畿大学

    (同高校3年生時)には福原との二枚エース兼三塁手のレギュラーとなる。この年の広陵高校は高校野球大会広島県予選の優勝候補筆頭であったが、新井貴浩のいた広島工業高校に敗れた。高校卒業時にプロからの誘いもあったが、元々進学希望であったのでこれを断り、近畿大学に進学した。なお、実兄も広陵高校野球部に所属し、の第63回選抜高等学校野球大会の優勝メンバーだった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た千葉ロッテマリーンズ

    の春季キャンプでは足の故障の影響で中盤から別メニューで調整し、終了後も二軍調整していたが、オープン戦期間中に一軍復帰。3月14日に行われた中日戦(札幌ドーム)で試合途中に移籍後初出場。3月17日の巨人戦(東京ドーム)では移籍後初安打を放った。シーズンが始まると、4月4日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦(札幌ドーム)で移籍後シーズン初安打を、4月7日の千葉ロッテマリーンズ戦(東京ドーム)で移籍後初本塁打を打った。この年は自身初となる指名打者枠でオールスターゲームのファン投票で出場した。代打としても21回起用され、代打での打率は.400(20打数8安打)だった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た全日本大学野球選手権大会

    進学した近畿大学では1年生時からレギュラーとなり、7期連続ベストナイン、関西学生リーグ通算歴代1位の13本塁打、歴代2位の通算114安打を記録し、藤井彰人らと共に大学日本一など多くのタイトルを獲得。には春・秋のリーグ戦、大学選手権、明治神宮野球大会、社会人選手権優勝チームとのアマ王座決定戦の全てで優勝し、史上初のアマチュア五冠達成の原動力となった。同年8月にはIBAFインターコンチネンタルカップに日本代表として出場、優勝メンバーの一員となる。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た感謝状

    二岡ボックスの実施により、2004年11月には、独立行政法人自動車事故対策機構から感謝状を贈呈されている。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見たナゴヤドーム

    1000試合出場:2007年5月18日、対中日ドラゴンズ10回戦(ナゴヤドーム)、5番・遊撃手で先発出場 ※史上417人目二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

115件中 51 - 60件表示