115件中 71 - 80件表示
  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た肉離れ

    だが、翌年の春季キャンプ中の紅白戦で左足ふくらはぎに肉離れを発症してしまう。故障者続出のチーム事情から調整不十分での出場を余儀なくされ、91試合に出場したが本塁打は一桁の9本、盗塁はプロ入り初のゼロに終わるなど成績は大きく低下する。また、この年より、交通事故で親が死亡或いは重い障害を負った小、中学生を試合に招待する『二岡ボックス』の実施を始めた。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た打率

    126試合に出場し打率.289、18本塁打の成績を残した。例年ならば新人王に選ばれても決しておかしくない活躍だったが、同期入団で投手主要タイトルを総ナメにしていた上原浩治が新人王に選出された。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た札幌ドーム

    の春季キャンプでは足の故障の影響で中盤から別メニューで調整し、終了後も二軍調整していたが、オープン戦期間中に一軍復帰。3月14日に行われた中日戦(札幌ドーム)で試合途中に移籍後初出場。3月17日の巨人戦(東京ドーム)では移籍後初安打を放った。シーズンが始まると、4月4日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦(札幌ドーム)で移籍後シーズン初安打を、4月7日の千葉ロッテマリーンズ戦(東京ドーム)で移籍後初本塁打を打った。この年は自身初となる指名打者枠でオールスターゲームのファン投票で出場した。代打としても21回起用され、代打での打率は.400(20打数8安打)だった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た広島県

    二岡 智宏(におか ともひろ、1976年4月29日 - )は、広島県三次市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、コーチ。現在は読売ジャイアンツの一軍打撃コーチを務めている。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た五反田

    2008年7月6日に、山本モナとともに「東京都品川区五反田のラブホテル街に出入りしていた」という記事が、2008年(平成20年)7月10日発売の女性週刊誌『女性セブン』に、写真付きで不倫スキャンダルとして掲載された。プロ野球史上最も歴史が古い巨人は長年、「巨人軍は紳士であれ」という伝統を受け継いでいるため、その伝統を汚してしまった。このため一軍復帰は見送られた。同年のシーズンオフをもって、林昌範とともに日本ハムにトレードとなる。長年巨人を支えた看板選手の一人でなおかつ当時は選手会長であり、その年は故障で若い坂本にスタメンを奪われたものの当時32歳でまだまだ坂本ら若手と競争となってもスタメンを奪回できる機会や実力はあると思われたため、1シーズンの不振でトレードされた事についてはこのスキャンダルが原因と考える世論も多かった。 同時にトレードされた林もプライベートでのスキャンダル疑惑が当時写真誌に報じられており、それらの報道の真偽がどうであれ球団のイメージダウンに繋がる可能性もあるため、「二岡と共に球団のイメージダウンを嫌って追放されたのでは」と週刊誌等で憶測が流れていた。二岡は、髪を丸刈りにしてこの騒動を謝罪した。また、試合出場時には、観客から野次が飛んだ。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た女性セブン

    2008年7月6日に、山本モナとともに「東京都品川区五反田のラブホテル街に出入りしていた」という記事が、2008年(平成20年)7月10日発売の女性週刊誌『女性セブン』に、写真付きで不倫スキャンダルとして掲載された。プロ野球史上最も歴史が古い巨人は長年、「巨人軍は紳士であれ」という伝統を受け継いでいるため、その伝統を汚してしまった。このため一軍復帰は見送られた。同年のシーズンオフをもって、林昌範とともに日本ハムにトレードとなる。長年巨人を支えた看板選手の一人でなおかつ当時は選手会長であり、その年は故障で若い坂本にスタメンを奪われたものの当時32歳でまだまだ坂本ら若手と競争となってもスタメンを奪回できる機会や実力はあると思われたため、1シーズンの不振でトレードされた事についてはこのスキャンダルが原因と考える世論も多かった。 同時にトレードされた林もプライベートでのスキャンダル疑惑が当時写真誌に報じられており、それらの報道の真偽がどうであれ球団のイメージダウンに繋がる可能性もあるため、「二岡と共に球団のイメージダウンを嫌って追放されたのでは」と週刊誌等で憶測が流れていた。二岡は、髪を丸刈りにしてこの騒動を謝罪した。また、試合出場時には、観客から野次が飛んだ。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た1998年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    だが2012年3月15日、朝日新聞朝刊にて1998年のドラフト指名に際して、最終的に巨人から二岡側に5億円+退団時の功労金7,000万円+出来高3,000万円が支払われていた疑惑が報じられる。契約では、球界で定められた最高標準額1億5千万円を超過する金額については複数年の分割払いとし、各年の出来高条件の一部をクリアした場合に支払われるとされていた。巨人にとって出来高払いは税務上、契約金の分割払いとみなされ、通常の出来高払いとは違う会計処理をしていた。二岡も税務申告する際、契約金の一部であることを明らかにしていた。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た第63回選抜高等学校野球大会

    (同高校3年生時)には福原との二枚エース兼三塁手のレギュラーとなる。この年の広陵高校は高校野球大会広島県予選の優勝候補筆頭であったが、新井貴浩のいた広島工業高校に敗れた。高校卒業時にプロからの誘いもあったが、元々進学希望であったのでこれを断り、近畿大学に進学した。なお、実兄も広陵高校野球部に所属し、の第63回選抜高等学校野球大会の優勝メンバーだった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た希望入団枠制度

    のドラフトでは、二岡の獲得を巡って地元球団の広島東洋カープのほか、阪神タイガース、読売ジャイアンツ(巨人)が争うこととなった。広島は地元出身の二岡を高校時代から評価しており、同年春の段階で希望入団枠制度枠(希望枠)による獲得を目指すことを早々に公表、また希望枠による選手獲得は二岡以外には行わない姿勢を見せた。阪神も二岡が地元関西の近畿大学在学とあって同年春に1位指名を表明したものの、一時は全国高等学校野球選手権大会で大活躍した松坂大輔指名に傾くなど迷いを見せ、秋になって再度二岡指名を表明した。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た猛打賞

    は2番打者として定着、5月末にふくらはぎ痛などで一軍登録を抹消されるなどこの年も故障に苦しみながらも112試合に出場し、巨人の遊撃手としては初の20本塁打以上となる24本塁打を放った。同年秋の西武との日本シリーズでは、シリーズ史上初の3戦連続猛打賞、第1戦の第2打席から第2戦の第2打席まで5打席連続安打(1977年の土井正三と並んで日本シリーズ歴代3位、球団タイ記録)、第3戦では満塁本塁打を放つなど4試合通算で19打数9安打(打率.474)、打点5の成績を残し、日本シリーズMVPに輝いた。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

115件中 71 - 80件表示