121件中 71 - 80件表示
  • 二岡智宏

    二岡智宏から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    の春季キャンプでは足の故障の影響で中盤から別メニューで調整し、終了後も二軍調整していたが、オープン戦期間中に一軍復帰。3月14日に行われた中日戦(札幌ドーム)で試合途中に移籍後初出場。3月17日の巨人戦(東京ドーム)では移籍後初安打を放った。シーズンが始まると、4月4日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦(札幌ドーム)で移籍後シーズン初安打を、4月7日の千葉ロッテマリーンズ戦(東京ドーム)で移籍後初本塁打を打った。この年は自身初となるDH枠でオールスターゲームのファン投票で出場した。代打としても21回起用され、代打での打率は.400(20打数8安打)だった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た本塁打

    進学した近畿大学では1年生時からレギュラーとなり、7期連続ベストナイン、関西学生リーグ通算歴代1位の13本塁打、歴代2位の通算114安打を記録し、藤井彰人らと共に大学日本一など多くのタイトルを獲得。には春・秋のリーグ戦、大学選手権、明治神宮野球大会、社会人選手権優勝チームとのアマ王座決定戦の全てで優勝し、史上初のアマチュア五冠達成の原動力となった。同年8月にはIBAFインターコンチネンタルカップに日本代表として出場、優勝メンバーの一員となる。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見たベストナイン (日本プロ野球)

    は、5月15日の対横浜戦で自身初の1試合3本塁打を記録。チーム内に故障者が多発する中、自身初の全試合出場を果たし、初の打率3割、自己最多の29本塁打、67打点、14盗塁を記録してベストナインを受賞した。だが、の春季キャンプ中の紅白戦で左足を故障してしまう。故障者続出のチーム事情から調整不十分での出場を余儀なくされ、91試合に出場したが打撃成績は大きく低下する。また、この年より、交通事故で親が死亡或いは重い障害を負った小、中学生を試合に招待する『二岡ボックス』の実施を始めた。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た肉離れ

    、高橋に代わり第15代目巨人軍選手会長に就任。同年の開幕戦に出場するものの、試合中に右ふくらはぎを肉離れし、翌日より二軍調整。約4ヶ月後の7月20日の横浜戦で一軍復帰するまでの間に正遊撃手の座を坂本勇人に奪われていたため、三塁手にコンバートされたが、9月14日に右足首を捻挫して再び二軍落ち、ポストシーズンに出場することなくそのままシーズンを終えた。11月14日、マイケル中村・工藤隆人との交換トレードで林昌範と共に日本ハムへ移籍。なお、「選手会長の任期1年での解任」と「選手会長がトレードに出されたこと」は、共に球団史上初めての事だった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た打率

    ルーキーイヤーの、長期にわたり巨人の遊撃手のレギュラーだった川相昌弘からポジションを奪取。126試合に出場し打率.289、18本塁打の成績を残した。例年ならば新人王に選ばれても決しておかしくない活躍だったが、同期入団で投手主要タイトルを総ナメにしていた上原浩治が新人王に選出された。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た三塁手

    (同高校3年生時)には福原との二枚エース兼三塁手のレギュラーとなる。この年の広陵高校は高校野球大会広島県予選の優勝候補筆頭であったが、新井貴浩のいた広島工業高校に敗れた。高校卒業時にプロからの誘いもあったが、元々進学希望であったのでこれを断り、近畿大学に進学した。なお、実兄も広陵高校野球部に所属し、の第63回選抜高等学校野球大会の優勝メンバーだった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た指名打者

    4月15日から4月18日、5月16日から5月22日、5月29日から6月2日までと4番遊撃手・三塁手・指名打者で出場した。5月19日の巨人戦(札幌ドーム)でディッキー・ゴンザレスから本塁打を打ったことで、セ・パ12球団全てからの本塁打を記録した。また、2年連続DH枠でオールスターゲームに出場した。シーズン10月19日に痛めていた、右ひじの手術を行った。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た札幌ドーム

    の春季キャンプでは足の故障の影響で中盤から別メニューで調整し、終了後も二軍調整していたが、オープン戦期間中に一軍復帰。3月14日に行われた中日戦(札幌ドーム)で試合途中に移籍後初出場。3月17日の巨人戦(東京ドーム)では移籍後初安打を放った。シーズンが始まると、4月4日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦(札幌ドーム)で移籍後シーズン初安打を、4月7日の千葉ロッテマリーンズ戦(東京ドーム)で移籍後初本塁打を打った。この年は自身初となるDH枠でオールスターゲームのファン投票で出場した。代打としても21回起用され、代打での打率は.400(20打数8安打)だった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た女性セブン

    2008年7月6日に、山本モナと共に「東京都品川区五反田のラブホテル街に出入りしていた」という記事が、2008年(平成20年)7月10日発売の女性週刊誌『女性セブン』に、写真付きで不倫スキャンダルとして掲載された。この年の二岡は開幕直後に怪我で二軍落ちしており、復帰直前と目されていた最中の出来事だった。この一件で二岡の一軍復帰も急遽見送られ、直後に読売ジャイアンツ球場で行われたイースタン・リーグの試合では、球場にいたファンから、激しいブーイングを浴びる事態も起きた。同年のシーズンオフをもって、林とともに日本ハムにトレードとなる。長年巨人を支えた巨人の看板選手でなおかつ当時は選手会長であり、その年は故障で若い坂本にスタメンを奪われてしまったものの当時32歳というまだまだ中堅の選手であり、坂本ら若手と競争する状況に置かれてもスタメンを奪回できる機会や実力が二岡には十分あったため、巨人側が1シーズンの不振のみで二岡をトレードに踏み切る事には不可解な点が多い。そのため、このスキャンダルの責任を追及され「厄介払い」されたのではないか、と考える世論も多かった。 同時にトレードされた林もプライベートでのスキャンダル疑惑が当時写真誌に報じられており、それらの報道の真偽がどうであれ球団のイメージにダウンにつながる可能性もあるため、「二岡と共に球団のイメージダウンを嫌って追放されたのでは」と週刊誌等で憶測が流れていた。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た1998年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    だが2012年3月15日、朝日新聞朝刊にて1998年のドラフト指名に際して、最終的に巨人から二岡側に5億円+退団時の功労金7,000万円+出来高3,000万円が支払われていた疑惑が報じられる。以下はその内容である。契約では、球界で定められた最高標準額1億5千万円を超過する金額については複数年の分割払いとし、各年の出来高条件の一部をクリアした場合に支払われるとされていた。巨人軍にとって出来高払いは税務上、契約金の分割払いとみなされ、通常の出来高払いとは違う会計処理をしていた。二岡も税務申告する際、契約金の一部であることを明らかにしていた。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

121件中 71 - 80件表示

「二岡智宏」のニューストピックワード