121件中 81 - 90件表示
  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た第63回選抜高等学校野球大会

    (同高校3年生時)には福原との二枚エース兼三塁手のレギュラーとなる。この年の広陵高校は高校野球大会広島県予選の優勝候補筆頭であったが、新井貴浩のいた広島工業高校に敗れた。高校卒業時にプロからの誘いもあったが、元々進学希望であったのでこれを断り、近畿大学に進学した。なお、実兄も広陵高校野球部に所属し、の第63回選抜高等学校野球大会の優勝メンバーだった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た希望入団枠制度

    のドラフトでは、二岡の獲得を巡って地元球団の広島東洋カープのほか、阪神タイガース、読売ジャイアンツ(巨人)が争うこととなった。広島は地元出身の二岡を高校時代から評価しており、同年春の段階で希望入団枠制度枠(希望枠)による獲得を目指すことを早々に公表、また希望枠による選手獲得は二岡以外には行わない姿勢を見せた。阪神も二岡が地元関西の近畿大学在学とあって同年春に1位指名を表明したものの、一時は全国高等学校野球選手権大会で大活躍した松坂大輔指名に傾くなど迷いを見せ、秋になって再度二岡指名を表明した。だが最終的には二岡は、ドラフト直前になって一気に巻き返した巨人(上原浩治の1位指名を予定していたため、2位指名が確実だった)を逆指名した。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た猛打賞

    は開幕直後から陥ったスランプと7月19日の対阪神戦で負った左手有鈎骨骨折で苦しみ、86試合出場に留まったが、には二番打者として定着、112試合に出場し、巨人の遊撃手としては初の20本塁打以上となる24本塁打を放った。同年秋の西武との日本シリーズでは、シリーズ史上初の3戦連続猛打賞、第1戦の第2打席から第2戦の第2打席まで5打席連続安打(1977年の土井正三と並んで日本シリーズ歴代3位、球団タイ記録)、第3戦では満塁本塁打を放つなど4試合通算で19打数9安打(打率.474)、打点5の成績を残し、日本シリーズMVPに輝いた。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た2002年の日本シリーズ

    は開幕直後から陥ったスランプと7月19日の対阪神戦で負った左手有鈎骨骨折で苦しみ、86試合出場に留まったが、には二番打者として定着、112試合に出場し、巨人の遊撃手としては初の20本塁打以上となる24本塁打を放った。同年秋の西武との日本シリーズでは、シリーズ史上初の3戦連続猛打賞、第1戦の第2打席から第2戦の第2打席まで5打席連続安打(1977年の土井正三と並んで日本シリーズ歴代3位、球団タイ記録)、第3戦では満塁本塁打を放つなど4試合通算で19打数9安打(打率.474)、打点5の成績を残し、日本シリーズMVPに輝いた。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た広陵高等学校 (広島県)

    広島県三次市出身。同じプロ野球選手の福原忍と小学校から高校(広陵高等学校)まで同窓であり、中学校までは福原ではなく二岡がエースだった。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た広島県立広島商業高等学校

    (広陵高校2年生時)の秋、翌春の選抜高校野球大会の実質的な予選となる広島県秋季大会に選手として出場。10月2日に行われた同大会の準決勝を応援に向かった両親が交通事故に遭う。二岡は準決勝戦の終了後に、母親は無事だったが父親が意識不明であることを知らされる。当日夜は病院で父に付き添い、10月3日の決勝戦へ臨むこととなった。決勝戦は広島商業と対戦し9回裏二死まで8 - 0とリード、福原が完封目前だったが中井哲之監督の配慮で二岡が登板、3球三振で試合を決めた。父親は10月7日に他界。この経験からプロ入り後、親が交通事故に遭った小・中学生を試合に招待する活動を行うことになる(後述)。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見たサヨナラゲーム

    はシーズン序盤から右手親指の故障に苦しみ、118試合に出場したものの規定打席には大きく届かなかったが、シーズン後半には優勝争いをしていたチームに復帰し、7月16日の対ヤクルト戦でサヨナラ本塁打を打ったほか、9月24日の対中日戦では巨人のセントラル・リーグ優勝を決めるサヨナラ本塁打を打った。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た犠打

    日本ハムに移籍してからは、打席に立つ際には状況に応じて、右打ちに加え犠打も積極的に行うようになるなど、チームバッティングを優先する形をとっている。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た旭川市花咲スポーツ公園硬式野球場

    代打満塁本塁打:2011年7月9日、対東北楽天ゴールデンイーグルス6回戦(旭川スタルヒン球場)、5回裏に川岸強から中越満塁本塁打二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た福岡ドーム

    は開幕から40試合本塁打がなく、シーズン初本塁打は対ソフトバンク戦(福岡ヤフードーム)で打ったランニング本塁打だった。8月12日の対阪神戦で打ったサヨナラ本塁打により、同一リーグの対戦球団全てからサヨナラ本塁打を記録。8月30日から9月29日まで22試合連続試合安打を記録するなど安打を量産し、自己最高打率を更新(.301)した。オフの12月18日、フリーアナウンサーの用稲千春と結婚した。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

121件中 81 - 90件表示

「二岡智宏」のニューストピックワード