前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示
  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見た二川孝広二川孝広

    1999年、大黒将志、二川孝広がユースから昇格した。1stステージは6勝9敗で16チーム中10位に終わり、アントネッティがシーズン途中で監督を退任。2ndステージから早野宏史が監督に就任したが、5勝1分9敗の13位。年間成績は11位となった。また、ナビスコ杯は2回戦、天皇杯は4回戦で敗退した。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 家長昭博

    家長昭博から見た二川孝広二川孝広

    当時のオシム日本代表監督からA代表に選ばれるほどの才能を持ちながらも、ガンバ大阪では遠藤保仁や二川孝広らの牙城を崩せずなかなか定位置をつかめずにいた。2008年に出場機会を求めて大分トリニータへ期限付き移籍したが、2008年2月、実戦形式の練習中、右膝前十字靭帯損傷により全治6ヶ月の重傷を負った。同年12月、入団テストを兼ねてイングランド・フットボールリーグ・チャンピオンシップ(2部リーグ)のプリマス・アーガイルFCの練習に約2週間参加。クラブ首脳陣から高い評価を受け獲得を検討されたが、翌2009年1月に労働許可証取得の申請が却下され、プリマスへの移籍は消滅したので、大分トリニータへのレンタル期間を1年間延長した。家長昭博 フレッシュアイペディアより)

  • 高槻市立第三中学校

    高槻市立第三中学校から見た二川孝広二川孝広

    二川孝広 - サッカー選手高槻市立第三中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年J1最終節

    2011年J1最終節から見た二川孝広二川孝広

    一方、埼玉では前半1本もシュートも打てなかった浦和が後半開始時に山田に代えてFW原一樹を投入し、2列目のMF柏木陽介・MF原口元気の仕掛けを生かした攻撃を始めると、徐々に浦和にもチャンスが生まれる。53分、浦和MF平川忠亮の放ったクロスを飛び込んできた柏木が頭で合わせて、浦和が1点を返し、埼玉スタジアムは一気に盛り上がりを見せ浦和に勢いをもたらす。機を同じくして、新潟では名古屋がゴール右45度で得たフリーキックをFW玉田圭司が直接決めて名古屋に待望の先制点が入る。また、同じ頃、清水でもG大阪MF二川孝広のゴールが生まれて2点差とし、優勝争いの3会場は一気に緊迫の度合いを高めることになる。2011年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 上野山信行

    上野山信行から見た二川孝広二川孝広

    上野山の指導を受けた主な選手には宮本恒靖、稲本潤一、新井場徹、橋本英郎、大黒将志、二川孝広らがいる。上野山信行 フレッシュアイペディアより)

  • ヘネス・マルセロ・レモス

    ヘネス・マルセロ・レモスから見た二川孝広二川孝広

    好きなサッカー選手はブラジル代表のカカ。ガンバ大阪時代のチームメイトの中では二川孝広ヘネス・マルセロ・レモス フレッシュアイペディアより)

  • 高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会

    高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会から見た二川孝広二川孝広

    こういった状況に変化が見られたのは1998年以降のことである。この年には、大黒将志、二川孝広らを擁すガンバ大阪ユースが準優勝ながら極めて高いパフォーマンスを見せ、クラブ勢の台頭を予感させるものとなった。翌1999年にはベスト4を全てクラブ勢が占め、ジュビロ磐田ユースがクラブユースチームとして初の本大会優勝を達成している。昨今では、クラブユースチームに多く優秀な才能が集まり、高校との実力関係が逆転したと言われることも多い。高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 西村英樹

    西村英樹から見た二川孝広二川孝広

    小中学生時代は高槻市の名門クラブである高槻FCに所属。高校時代はガンバ大阪ユースに所属し、攻撃的MFとして活躍。U-18代表候補になり、トップ昇格かと思われたが、トップチームの同ポジションレギュラーに年齢の近い二川孝広(奇しくも同じ高槻FC出身)の存在があり昇格を見送られた。西村英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐美貴史

    宇佐美貴史から見た二川孝広二川孝広

    2010年、開幕当初は前年同様なかなか出場機会を得られなかったが、主力選手にケガ人が続出したことで、この年初めてスタメンで起用された4月10日のJ1第6節大宮戦では、平井将生の同点ゴールをアシストするなど、プロ入り初のフル出場で開幕から5試合連続未勝利が続いていたチームのリーグ戦初勝利に貢献。4月24日、J1第8節FC東京戦でリーグ戦初得点を挙げ、ACLグループリーグ第5節の水原三星戦では、ロスタイムに決勝点を挙げチームの逆転勝利に貢献。同年10月にU-19日本代表として出場したAFC U-19選手権では、グループリーグ第2戦のベトナム戦でハットトリックを達成する活躍を見せるも、日本代表は準々決勝で敗退。一方、G大阪ではシーズン中盤から高校3年生ながら遠藤保仁・二川孝広・橋本英郎・明神智和らの代表経験者で構成されたG大阪の「黄金の中盤」に割って入り、主に左サイドハーフ、または2トップの一角として起用され、2004年に森本貴幸が記録した高校生Jリーガーのシーズン最多得点(4得点)を更新する7得点を挙げる活躍を見せ、G大阪所属選手・G大阪下部組織出身者としても初となるJリーグベストヤングプレーヤー賞(新人王)を受賞し、G大阪の公式応援番組『GAMBA TV〜青と黒〜』の年末特別企画『GAMBA TV アウォーズ』では、選手とサポーターが選ぶシーズンMVPに選出された。 なお、2010年のJ1リーグで放ったシュート数は日本人選手トップを記録した。また、AFCアジアカップ2011の予備登録メンバーにも選出された。宇佐美貴史 フレッシュアイペディアより)

  • 明神智和

    明神智和から見た二川孝広二川孝広

    2006年、柏のJ2降格に伴い、かつて柏を率いていた西野朗が監督を務めるガンバ大阪に完全移籍。遠藤保仁、二川孝広らと共にガンバ攻撃陣の中軸を担い、多くのタイトル獲得に貢献。2009年には当時の鹿島アントラーズ監督オズワルド・オリヴェイラからJリーグ選抜に選出され、韓国・Kリーグ選抜とのオールスターゲームJOMO CUPに出場。また、同年度の日刊スポーツ提供「黄金の脚賞」を受賞し、天皇杯決勝の名古屋グランパス戦では豊富な運動量でチャンスを演出し、チームの天皇杯連覇に貢献。明神智和 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示

「二川孝広」のニューストピックワード