前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示
  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見た二川孝広二川孝広

    1999年、コンシリア体制2年目。大黒将志、二川孝広がユースから昇格した。1stステージは6勝9敗で16チーム中10位に終わり、アントネッティがシーズン途中で監督を退任。2ndステージから早野宏史が監督に就任したが、5勝1分9敗の13位。年間成績は11位となった。また、ナビスコ杯は2回戦、天皇杯は4回戦で敗退した。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見た二川孝広二川孝広

    7月にG大阪から二川孝広を、新潟から林裕煥を期限付き移籍で獲得(9月に退団)し、郡大夢をグルージャ盛岡に期限付き移籍させた。東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田秋

    倉田秋から見た二川孝広二川孝広

    2007年にトップチームに昇格(同期昇格は下平匠、星原健太)。シーズン前の海外キャンプでは才能の片鱗を見せ、当時の西野朗監督はガンバの攻撃を操るユースの先輩と比較して「二川2世」と評した。7月7日に行われたヤマザキナビスコカップ、浦和レッドダイヤモンズ戦でスタメンで公式戦初出場を果たすと、ボランチの位置で90分間積極的にプレー。バー直撃の推定35m強烈ミドルやファールでしか止めることの出来ないほど推進力のあるドリブルを披露した。ユース時代はキャプテンを務め、チームが「攻撃的スタイル」にシフトチェンジする際に、ポジションをセンターハーフからサイドハーフに変え、前に出ていく回数を増やすという戦術が頻繁に用いられた。しかし、遠藤・二川らの経験豊富な中盤に割って入るには至らず、出場機会には恵まれなかった。倉田秋 フレッシュアイペディアより)

  • 上野山信行

    上野山信行から見た二川孝広二川孝広

    上野山の指導を受けた主な選手には宮本恒靖、稲本潤一、新井場徹、橋本英郎、大黒将志、二川孝広らがいる。上野山信行 フレッシュアイペディアより)

  • 中井義樹

    中井義樹から見た二川孝広二川孝広

    中学生時代はガンバ大阪・二川孝広も所属した高槻市の名門クラブである高槻FCに所属。二川選手は2学年上。C大阪ユース生え抜きの選手で当時U-19日本代表にも選ばれた事もある。2001年にトップチームに昇格するもなかなか出番には恵まれなかった。中井義樹 フレッシュアイペディアより)

  • 西村英樹

    西村英樹から見た二川孝広二川孝広

    小中学生時代は高槻市の名門クラブである高槻FCに所属。高校時代はガンバ大阪ユースに所属し、攻撃的MFとして活躍。U-18代表候補になり、トップ昇格かと思われたが、トップチームの同ポジションレギュラーに年齢の近い二川孝広(奇しくも同じ高槻FC出身)の存在があり昇格を見送られた。西村英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た二川孝広二川孝広

    前半6分にルーカス・セベリーノの右足のシュートが決まってG大阪が先制するも、前半は名古屋がゲームを支配、前半40分にはゴール前の競り合いから中村直志が頭で押し込んで同点に追いついて前半を終える。後半はG大阪ペーストなり、後半22分に遠藤保仁がドリブルで持ち込んで勝ち越しゴール、終了間際にも二川孝広と遠藤が立て続けに駄目押し点を挙げて、G大阪が4-1で名古屋を下し、2年連続3度目の優勝を果たした。第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年J1最終節

    2011年J1最終節から見た二川孝広二川孝広

    一方、埼玉では前半1本もシュートも打てなかった浦和が後半開始時に山田に代えてFW原一樹を投入し、2列目のMF柏木陽介・MF原口元気の仕掛けを生かした攻撃を始めると、徐々に浦和にもチャンスが生まれる。53分、浦和MF平川忠亮の放ったクロスを飛び込んできた柏木が頭で合わせて、浦和が1点を返し、埼玉スタジアムは一気に盛り上がりを見せ浦和に勢いをもたらす。機を同じくして、新潟では名古屋がゴール右45度で得たフリーキックをFW玉田圭司が直接決めて名古屋に待望の先制点が入る。また、同じ頃、清水でもG大阪MF二川孝広のゴールが生まれて2点差とし、優勝争いの3会場は一気に緊迫の度合いを高めることになる。2011年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会

    高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会から見た二川孝広二川孝広

    1998年に大黒将志、二川孝広らを擁すガンバ大阪ユースが準優勝ながら高いパフォーマンスを見せ、クラブ勢の台頭を予感させるものとなった。翌1999年にはベスト4を全てクラブユースチームが占め、ジュビロ磐田ユースが優勝した。高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 高槻市立第三中学校

    高槻市立第三中学校から見た二川孝広二川孝広

    二川孝広 - サッカー選手高槻市立第三中学校 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示

「二川孝広」のニューストピックワード