前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示
  • 二川孝広

    二川孝広から見たルーカス・セベリーノ

    2008年、Jリーグ選抜に選出され、韓国・Kリーグ選抜とのオールスターゲームJOMO CUPに出場。AFCチャンピオンズリーグ2008では、グループリーグで3得点を決め、決勝第2戦のアデレード・ユナイテッド戦でも、ルーカスの2得点目をアシストし、クラブのアジア制覇に貢献。同年度の日刊スポーツ提供「黄金の脚賞」を受賞した。同年12月に開催されたFIFAクラブワールドカップ2008では怪我をおして出場するが、初戦のアデレード戦で怪我していた部分を再び痛め、本人も楽しみにしていたヨーロッパ王者マンチェスター・ユナイテッドとの準決勝は欠場。3位決定戦のCFパチューカ戦では途中出場するも、試合終了間際にレッドカードを提示され退場処分を受けてしまった。二川孝広 フレッシュアイペディアより)

  • 二川孝広

    二川孝広から見たロナウジーニョ

    好きなサッカー選手はという問いには「見てて面白いから」という理由で、ブラジル代表のロナウジーニョを挙げている。二川孝広 フレッシュアイペディアより)

  • 二川孝広

    二川孝広から見た西野朗

    昇格2年目の2000年頃から出場機会を増やし、2002年にガンバの監督に就任した西野朗からも中盤の様々なポジションで起用され、繊細なボール感覚と抜群のパスセンスを発揮し、遠藤保仁らと共にガンバの攻撃サッカーの中軸を担い、2003年からは背番号を10番を背負うようになる。リーグ初制覇した2005年は、主に3-5-2の中盤の左アウトサイドとして出場していた。2006年以降は主に4-4-2の二列目の左MFとして出場している。二川孝広 フレッシュアイペディアより)

  • 二川孝広

    二川孝広から見たたむらけんじ

    無口で寡黙な性格で知られている。インタビューも苦手で2009年にガンバの公式応援番組『GAMBA TV〜青と黒〜』で、MCのたむらけんじと対談したが、たむらの質問に淡々と答えるトークがほとんどであった。また、2009年の年内最終放送の特別企画では、「収録に出てきてくれた」という理由で『GAMBA TV』の2009年MVPを受賞した。二川孝広 フレッシュアイペディアより)

  • 二川孝広

    二川孝広から見た遠藤保仁

    昇格2年目の2000年頃から出場機会を増やし、2002年にガンバの監督に就任した西野朗からも中盤の様々なポジションで起用され、繊細なボール感覚と抜群のパスセンスを発揮し、遠藤保仁らと共にガンバの攻撃サッカーの中軸を担い、2003年からは背番号を10番を背負うようになる。リーグ初制覇した2005年は、主に3-5-2の中盤の左アウトサイドとして出場していた。2006年以降は主に4-4-2の二列目の左MFとして出場している。二川孝広 フレッシュアイペディアより)

  • 二川孝広

    二川孝広から見た大黒将志

    1999年にトップチームに昇格。同期昇格の大黒将志とはユース時代からの名コンビで知られ、大黒が札幌にレンタル移籍した1年間を除いて、2005年まで同じチームでプレーしていた。 二川孝広 フレッシュアイペディアより)

  • 二川孝広

    二川孝広から見たサッカー日本代表

    二川 孝広(ふたがわ たかひろ、1980年6月27日 - )は、大阪府高槻市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。ポジションはミッドフィールダー。元日本代表二川孝広 フレッシュアイペディアより)

  • 二川孝広

    二川孝広から見たサッカーガーナ代表

    2006年8月アジアカップ予選の西アジア遠征で日本代表メンバーに初招集される。同年10月4日のキリンチャレンジカップ2006・ガーナ戦で背番号10としてA代表初出場を果たした。2007年のリーグ戦は全試合に出場した。二川孝広 フレッシュアイペディアより)

  • 二川孝広

    二川孝広から見たキリンチャレンジカップ

    2006年8月アジアカップ予選の西アジア遠征で日本代表メンバーに初招集される。同年10月4日のキリンチャレンジカップ2006・ガーナ戦で背番号10としてA代表初出場を果たした。2007年のリーグ戦は全試合に出場した。二川孝広 フレッシュアイペディアより)

  • 二川孝広

    二川孝広から見た宇佐美貴史

    2009年は前年に負った怪我により復帰が遅れるも復帰以降は好調を維持し、天皇杯決勝の名古屋戦では、試合を決定づける3得点目を決め、チームの天皇杯連覇に貢献した。2010年の前半戦は攻撃陣に負傷者が続出する中、獅子奮迅の活躍を見せたものの、夏にコンディションを崩してからは絶不調に陥り、後半戦はこの年台頭した宇佐美貴史の活躍もあり控えに回ることもあった。それでも2011年には見事復活を遂げ、4年ぶりにリーグ戦30試合以上に出場した。2012年もシーズン通して安定した活躍を見せるもチームは初のJ2降格となってしまった。二川孝広 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示

「二川孝広」のニューストピックワード