前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • 浪曲

    浪曲から見た二葉百合子二葉百合子

    ラジオ浪曲も全盛を過ぎ、小屋自体の数が減った寄席や同じく減った通常の巡業より、一流大家ばかりが競演することが売りの大会形式の興行が地方部でも増えてきた、そのごろを境に若手の修業する機会は急速に失われていく。スタンスの取り方はさまざまで、女流では天津羽衣や二葉百合子などの大きな流れ自体がほぼ歌謡浪曲そのものであった。浪花節は歌謡浪曲を通して現在の演歌に強い影響を与えた。浪曲 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本 冬美

    坂本冬美から見た二葉百合子二葉百合子

    歌手復帰のきっかけとなったのは、実家のテレビで視た二葉百合子の65周年リサイタルで「岸壁の母」を聴いた時に、坂本自身大変感銘を受けた事からだった。坂本は「二葉先生のような強い喉と精神力を作りたい」と事前に手紙を送った上で、直接二葉の自宅を訪ねた。坂本は「歌に対しての自信を完全に失い、人前で歌うのが怖くなってしまったのです。引退しようとも本気で考えていました」等と述べた後、二葉は「あなたも『歌の壁』にぶつかったのね。その歌の壁に気付いたというのは、あなたが成長している証拠で、とても素晴らしいことなの。私だって今迄何回も歌の壁にぶつかって、その度に乗り越えて来たからこそ今があるのよ」と、激励の言葉を掛けて頂いたという。その後2002年11月から二葉の元でレッスンを始め、完全復活へとつなげた。坂本冬美 フレッシュアイペディアより)

  • 鯛めしの唄

    鯛めしの唄から見た二葉百合子二葉百合子

    二葉百合子(第4話ゲスト)鯛めしの唄 フレッシュアイペディアより)

  • 不如帰 (小説)

    不如帰 (小説)から見た二葉百合子二葉百合子

    1963年 『不如帰』(NHK、出演:神山寛、市川和子、佐々木孝丸、二葉百合子ほか)不如帰 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 涙の浪曲劇場

    涙の浪曲劇場から見た二葉百合子二葉百合子

    テレビで初めて本格的に浪曲を取り上げた番組で、ゲストには毎回第一級の浪曲師と浪曲をこよなく愛する人物を招いていた。司会は、自らも浪曲界で活動する二葉百合子と浪曲出身者の玉川良一が務めていた。番組は、浅草・木馬亭からの中継録画放送を行っていた。涙の浪曲劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 木村学司

    木村学司から見た二葉百合子二葉百合子

    「掛合い浪曲」の制作を任される。現場には浪花家辰造、天中軒雲月、五月一朗、二葉百合子らが結集した。NHKを退きフリーとなるが、一時は資金を得るために借金をしなければならないほど苦しい生活を送っていた。1970年、レコード会社クレンズヒルの委嘱により、レコード「日蓮大聖人浪曲御伝記」を制作する。その後も、自らレコード会社「宗教レコード制作本部」を立ち上げ、日本の名僧を題材にした浪曲レコードを数多く制作する。浪曲化することが難しいとされた宗祖の伝記に果敢に挑戦し、膨大な時間を費やした学司の苦労を村上元三はこう称賛している。「木村君の苦労がさこそ、と身にしみてよくわかる。しかし、こういうむづかしい仕事をして、ひろく一般大衆に、仏教のありかたを物語ろうという木村君の努力は、高く認められていい。」木村学司 フレッシュアイペディアより)

  • 岸壁の母

    岸壁の母から見た二葉百合子二葉百合子

    この曲は、二葉百合子が昭和46年に発売したカヴァーアルバム『二葉百合子の涙の歌謡劇場』で初めてカヴァーした。その後、昭和47年(1972年)にシングルカットされ、二葉百合子が浪曲調で吹き込んだ(作・室町京之介)。LPレコード、シングル、テープを合わせて(250万枚)の大ヒットとなり、昭和51年(1976年)には中村玉緒主演で映画化された。さらに、昭和52年(1977年)に市原悦子主演でドラマ化(「岸壁の母」)された。今も二葉百合子の十八番として息長く歌い継がれている。岸壁の母 フレッシュアイペディアより)

  • かりそめの恋 (三条町子の曲)

    かりそめの恋 (三条町子の曲)から見た二葉百合子二葉百合子

    1971年(昭和46年)9月、テイチクレコード(現在のテイチクエンタテイメント)所属の菊池章子がカヴァーし、シングル『君待てども』のB面に収録されてリリースされた。『かりそめの恋』はキングの管理楽曲であるため、キングの二葉百合子に菊池の『岸壁の母』を提供することになり、これがきっかけで1972年(昭和47年)にリリースされた『岸壁の母』は250万枚を売り上げ、二葉の代表曲になるという結果を生む。かりそめの恋 (三条町子の曲) フレッシュアイペディアより)

  • かや乃舞

    かや乃舞から見た二葉百合子二葉百合子

     2011年 広島市中区白島北町のアルソックホール演歌歌手の大御所二葉百合子さよなら公演でかや乃舞も出演する。・三良坂平和美術館にてかがり火コンサート開催する。・アルソックホールにて東日本大震災チャリティー2011歌謡ヒットパレードに出演する。・かや乃舞 歌謡ショーも頻繁に開催している。・2011年現在かや乃舞音楽事務所に所属し広島県を拠点として四国・大阪方面でもコンサート・舞台・施設慰問・お祭り 等のイベントで演歌歌手の活動をしている。また、かやの家店主として、蚊帳の作品展も開催している。かや乃舞 フレッシュアイペディアより)

  • 三門博

    三門博から見た二葉百合子二葉百合子

    翌年上京して初めは、東若武蔵(東武蔵の弟子で、二葉百合子の父)の一座に入ったが、1927年から名古屋へ行き、初代浪花亭綾勝に世話になり二代目「浪花亭綾勝」の名で約10年間をこの地で過ごした。この名古屋時代が三門の芸を形造ったといわれる。後に再び上京し、有力な曲師である「おりゅうさん」こと、鈴木柳と出会う。この頃「御門博」と改名。戦時中は軍部に天皇のことを指す「御門」という芸名が相応しくないと改名を促され「三門博」と改名。三門博 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示

「二葉百合子」のニューストピックワード